3333件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-12-18 令和 1年 第5回定例会−12月18日-09号

危機管理監(高橋実) 備蓄倉庫についての御質問でございますが、洪水などの浸水対策として備蓄倉庫をほかの場所に移設することは、学校施設内のスペースにも限りがあるため難しいものと認識していることから、倉庫内の棚を活用し、水に濡れて使用不能となる物資については棚の上段へ配置することとしております。

川崎市議会 2019-12-13 令和 1年 第5回定例会-12月13日-06号

◎幸区長(関敏秀) 幸区における各避難所内での非常食の提供についての御質問でございますが、川崎地域防災計画水害対策編におきましては、避難が長期にわたる場合、被災者への食料飲料水及び生活必需物資の提供に配慮することと定められており、被災者からの具体的なニーズを踏まえた上で、必要に応じて対応することとされております。

福岡市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2019-12-11

神戸市では、生活物資として照明器具、寝具セット、こんろ、カーテン、タオル、雑巾等の提供を行っており、特に夏場には被災者に意向調査を行った上、エアコン、もしくは網戸と扇風機を提供しているそうです。エアコンを神戸市が提供していることを担当者から直接お聞きしたときは、改めて感動したと同時に、複雑な気持ちになりました。

堺市議会 2019-12-09 令和 元年第 6回定例会−12月09日-04号

災害時に都道府県が担う仮設住宅の整備や支援物資の配分など、12の救助事務について指定都市権限移譲する改正災害救助法が昨年6月8日の参議院本会議において全会一致で可決・成立し、ことし4月から施行されています。これにより政令市が権限移譲を望めば、みずからの事務として被災者救助を行うことを可能とする救助実施市制度が創設されました。そこで、まずお聞きします。

堺市議会 2019-12-06 令和 元年第 6回定例会-12月06日-03号

そこでは、物資確保や被害認定、罹災証明など、被災された方々の災害復旧生活支援などに必要な情報提供をAIチャットボットで行いました。今後もさらなる被災者支援につながる情報の提供を検討してまいります。以上です。 ◆29番(西田浩延君) 議長。 ○議長(三宅達也君) 29番西田浩延議員

川崎市議会 2019-12-04 令和 1年 第5回定例会-12月04日-03号

指定避難所としての指定に当たりましては、地域防災計画上の各機関の活動拠点としての位置づけとの整合性の確保や、避難所運営に係る体制の整備、物資備蓄等の運用上の課題、また、避難者の安全確保のため、立地や耐震性などの確認等の課題がございますことから、県教育委員会及び学校とあわせて区や地域との丁寧な調整が必要と考えております。

川崎市議会 2019-11-25 令和 1年 第5回定例会−11月25日-01号

また、横浜市より災害廃棄物の処理支援や、東京都より物資の支援をいただいたほか、本市からは、宮城県において消防航空隊がヘリコプターによる救助活動などを実施するとともに、断水が続いた相模原市や南足柄市等へ上下水道局職員を派遣するなど、自治体間における相互支援を行ってまいりました。

川崎市議会 2019-10-31 令和 1年 10月総務委員会-10月31日-01号

次に、その他支援でございますが、東京都からは、スコップ、土のう袋の物資支援をいただきました。  また、川崎浴場組合連合会の御厚意により、台風19号で自宅が被害を受け、お風呂が使用できない方を対象に、中原区、高津区、多摩区の一部の公衆浴場で無料の入浴サービスを行っております。  

堺市議会 2019-10-30 令和 元年10月30日大都市制度・広域行政調査特別委員会-10月30日-01号

│ │           │【提案・要望事項】                      │ │           │●大規模災害発生時に多量の支援物資の輸送が可能となる耐震強化岸│ │           │ 壁(-10m)を早期に整備すること。            

札幌市議会 2019-10-24 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−10月24日-記録

札幌市においては、避難所の機能拡充など既に着手し始めていますが、例えば、他都市では避難者の避難所生活の負担軽減を図るために、テントなどを備蓄物資に取り入れて活用しているという例もあります。今後は、こうした避難生活が長期化した場合の対策についてもさらに強化していただきたいと考えます。  

神戸市議会 2019-10-21 開催日:2019-10-21 令和元年都市防災委員会 本文

災害の直後から避難とか救助,そういうことで物資の輸送を,そういうことも含めて非常に重要な道路になりますので,これをちゃんと確保するということで,沿道の建物の耐震化を進めるべきだということで取り組んでいます。  ですから,沿道の建物を耐震改修するときの補助制度なんかも結構手厚く用意されてございます。

新潟市議会 2019-10-11 令和 元年決算特別委員会第3分科会−10月11日-03号

次に,避難所の機能強化は,食料や保存水などの備蓄物資について保存期限の到来に伴う定期的な入れかえを行ったものです。  次に,防災行政無線の運用は,新潟市防災行政無線の維持管理経費です。  次に,防災気象情報の運用は,気象観測データ河川データなど,防災気象情報の提供を受けるために要した経費です。  

新潟市議会 2019-10-10 令和 元年決算特別委員会第1分科会−10月10日-02号

江南区安心・安全地域づくりの推進は,各地域の実情に応じた防災防犯交通安全の分野において,地域コミュニティ議会協働し,防災研修会,救命救急講習会等での意識啓発に加えて,資機材,発電機や備蓄物資の整備を行うことなど,コミュニティ協議会が抱える地域課題に応じてきめ細かく対応して,地域の安心,安全につながるものになったと考えています。  

川崎市議会 2019-10-07 令和 1年 10月まちづくり委員会-10月07日-01号

また、災害時に応急対策に必要な物資、資機材、要員などを輸送するための第一次緊急輸送道路に位置づけており、その機能を確保する必要があります。さらに、車道が狭く、右折帯の延長が不足していることから、慢性的な渋滞が発生しているとともに、狭い歩道も歩行者の安全な通行に支障を来しております。  

堺市議会 2019-10-04 令和 元年10月 4日強靭でしなやかな社会実現調査特別委員会−10月04日-01号

市の災害対策本部、それから区の拠点としての区災害対策本部、さらに小学校等指定避難所、指定避難所というのは、災害時に住宅に住めなくなった方の一生活を行う場であるとともに、地域にとって物資であるとか情報の中心になるようなものであるというイメージを真ん中のところでお示ししております。  それから、その取り組みを進めるために、左側の下段のところです。