26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

静岡市議会 2019-02-15 平成31年 市民環境教育委員会 本文 2019-02-15

◯小笠原陳情者 先ほど少し話しましたが、副読本のほうには放射線量全国と変わらない状態だということで書かれているんですが、実際に原子力規制委員会の発表している2017年の土壌汚染から見ると、実際30キロ圏外も10倍、100倍以上の土壌汚染が残っており、また、初期被曝の問題がとても保護者に不安を与えていまして、そういったことから、避難4市町村、地元通学のほうは実際に4%、浪江

川崎市議会 2018-09-28 平成30年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第2日)−09月28日-07号

◎下山亮介 警防部担当部長警防課長事務取扱 緊急消防援助隊等として応援出場した件数及び内容についての御質問でございますが、初めに、平成29年度の応援出場件数は合計3件で、内容につきましては、全てが航空隊のみが出場したもので、5月に福島双葉浪江で発生した林野火災に出場したものが1件、福島県河沼郡会津坂下町で発生した林野火災に出場したものが1件、平成30年1月に東京都西多摩郡奥多摩町で発生した

川崎市議会 2018-03-05 平成30年 予算審査特別委員会-03月05日-01号

また来年度につきましては、復旧事業終了等に伴い、一部の自治体への派遣を終了しますが、新たに福島浪江への派遣を開始する予定でございます。今後につきましても、被災地からの要請等に基づき、職員派遣を継続してまいります。以上でございます。 ◆山崎直史 委員 ありがとうございました。

福岡市議会 2016-10-20 平成28年決算特別委員会 本文 開催日:2016-10-20

もし本市が汚染された場合、アスファルトやコンクリートの上を除染することが多くなると思うが、浪江の駅前のフラットなコンクリートの場所では、ブラシを回転させながら除染がなされたものの、その上で測定すると1.45キロカウントパーミニット、1平方メートル当たり50万ベクレル相当という、かなり高い数値になっている。

千葉市議会 2016-09-14 平成28年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2016-09-14

これは、浪江役場の入り口、左側に庁舎があるんですが、まだ修復はなかなかされておりません。これが熊本城なのですが、屋根が全部飛んでいるんですが、これは熊本地震の問題で後でまた質問したいと思います。これは、熊本市から行って益城町の国道沿いの民家ですが、この状態がずっとこう続いているという状況でございます。それで、これは、この右側に東海大学の農学部があって、この正面が阿蘇大橋が今陥落している。

福岡市議会 2016-09-13 平成28年第4回定例会(第3日)  本文 開催日:2016-09-13

浪江南相馬市も独自判断できるよう決定しています。本市も独自の備えを万全にすべきです。  玄海原発には既に800トンを超す使用済み燃料が保管され、燃料プールはほぼ満杯状態、再処理費用も莫大にかかり、技術も危険で進まない。国民は核のごみの行き場も、危険も受け入れる覚悟が必要なのです。  最大の危険回避は、やはり原発に頼らない社会をつくることです。

岡山市議会 2016-03-11 03月11日-09号

3月1日,京山中学校では福島浪江の中学生とインターネット電話で交流し,当時の話や今の現状を聞かせていただいたそうです。岡山市としても,今でも職員派遣するなど継続的に支援しています。 ①東日本大震災から5年も経過すれば,防災減災に対する意識は低下しつつあると感じます。岡山市としては今後どのようなことをするつもりなのか,また今議会では小・中学校への災害用備蓄倉庫の設置の事業が提案されています。

川崎市議会 2016-02-10 平成28年  2月健康福祉委員会-02月10日-01号

◎坂元 医務監 まず、東日本大震災のときの経験から言いますと、川崎市は浪江の4,000名の避難者お世話二本松市で1カ月近くやりました。どういうやり方でやるかというと、アセスメントシートというのが既にありまして、これは神戸の大震災のときからつくられていますラピッドアセスメントシートということで、避難所で悉皆調査をやります。

千葉市議会 2015-12-09 平成27年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2015-12-09

これは富岡町の出張所、これは浪江なんですが、1カ所じゃないんですよ、みんな4カ所、5カ所あるわけ。全くこの4年間、地元に帰る話がなくて、千葉市民の中に浪江町民人たちが住んでいる。福島は大変です、いっぱいありますから。市民も大変だと。行政に私聞いてきましたけれども、大変だと。連絡もないし、どんどん人口が減っていく。こういう状況が今、福島で起きているわけです。

北九州市議会 2014-09-11 09月11日-04号

少し御紹介しますと、福島宮城岩手と行ってまいりましたけど、福島浪江入れるか入れないかぎりぎりのところまで行ってまいりましたけど、一番ショックを受けました。それは、地震で建物は全く被害を受けてないように見えるわけですね。ただ、何年も立入禁止区域になっていたので、人っ子一人いません。ゴーストタウンでした。そして、福島県の飯舘村、ここは除染作業中という黄色いのぼりがいっぱい立っています。

大阪市議会 2014-05-14 05月14日-03号

私も震災時の7月には岩手県の釜石市などを、そして、昨年は福島県の南相馬市、ここの桜井市長さんを初め、議員皆さん方とその当時のことを、そして今復興へ向けてのしっかりした足取りのことを、また、いろんな要望のこともお聞かせをいただき、その後、また浪江そしてまた双葉町と、ずっと視察をさせていただきました。 

静岡市議会 2014-02-05 平成26年2月定例会(第5日目) 本文

昨年11月、我が党議員団は、福島第一原発被害を受け、いまだに避難生活を余儀なくされている浪江避難先二本松市の視察を行いました。二本松市は、原発から60キロ離れており、当初は避難民お世話に精いっぱいで、自分たちの市が高い放射能に汚染されていることを知らされたのは、事故後1週間をたってのことです。そのため、子供や妊婦さんに対する対策がおくれ、苦渋の思いをしていると訴えていました。

京都市議会 2013-10-28 10月28日-05号

また,自民,公明,京都党,無所属の森川議員との共同提案意見書では,ようやく復興の歯車が回り始めたと被災地から評価の声も聞こえてきたと言いますけれども,福島浪江議会では,非常事態となっている福島第一原子力発電所の汚染水問題について,国が全面的に責任を持ち,政府直轄で解決することを求める意見書が採択されています。 その内容は,次のようなものです。

広島市議会 2013-09-19 平成25年第 3回 9月定例会−09月19日-02号

また,福島県の副知事,福島原発事故により全町民町外への避難を余儀なくされた福島浪江の町長,津波等で大きな被害を受けた宮城県の名取市の市長などが広島に来られた際にも,詳しい実態や実情を直接お伺いするなどしております。  そのほか,9月9日には,被災自治体派遣した職員体験報告会を開催いたしまして,被災地実態復興の大変さについて報告を受けているところであります。  

広島市議会 2013-02-21 平成25年第 1回 2月定例会−02月21日-04号

まず,被災地への支援として,今年度は,先ほど企画総務局長から御答弁いたしました職員長期派遣を行っているほか,原発事故被災地である福島浪江及び双葉町からの要請を受けて職員派遣し,本市における被爆者援護対策の概要や運用等について説明するとともに,両町の職員による被爆関連施設視察受け入れ等を実施をしました。  

  • 1
  • 2