118件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2020-04-21 令和 2年 第2回臨時会−04月21日-目次

市長−49、58、上下水道事業管理者−49、58、市民文化局長−52、59、     環境局長−53、建設緑政局長−54、危機管理監−54、60〕    浜田昌利議員公明党代表)…………………………………………………………61     〔市長−63、69、藤倉副市長−64、上下水道事業管理者−65、市民文化局     長−66、建設緑政局長−66、中原区長−67、危機管理監−67〕  休  憩(浜田議員

川崎市議会 2019-12-05 令和 1年 第5回定例会−12月05日-04号

市長 福田紀彦登壇〕 ◎市長福田紀彦) それでは、私から、ただいま公明党を代表されました浜田議員の御質問にお答えいたします。  外国籍子ども就学についての御質問でございますが、就学に向けた取り組みにつきましては、外国籍子どもがいる世帯等に対し、市立小中学校への入学ができること等をお知らせするため、就学案内就学ハンドブックを日本語のほか8カ国語で作成しております。

川崎市議会 2019-11-25 令和 1年 第5回定例会−11月25日-目次

186〕     若者施策について〔市民文化局長−175、経済労働局長−178、人事委員会事     務局長−190〕     議案第157号、川崎市差別のない人権尊重まちづくり条例制定について     〔市民文化局長−176〕     議案第188号、令和元年度川崎一般会計補正予算及び議案第189号、令和元     年度川崎自動車運送事業会計補正予算まちづくり局長−184〕  休  憩(浜田議員

熊本市議会 2019-09-26 令和 元年 9月26日庁舎整備に関する特別委員会−09月26日-01号

◆藤永弘 委員  私は八、九年前に市議会議員になって、浜田議員とか、井本議員地下2階に行って、これはいけないよねって、何で地下2階にあるのって。そして、井本議員質問して、何か上げますというような回答があったような、将来上がるものと思っていたのですけれども、上がってないんですね、全然。その辺はどうなんだ。

熊本市議会 2018-12-18 平成30年第 4回定例会−12月18日-05号

なお、これまでの経緯整備必要性については、先日の白河部議員浜田議員質問によって、市長みずから明示されていらっしゃいますので、重複は避けて割愛させていただく部分もございます。何とぞ御理解ください。  1点目は、庁舎整備計画のプロセスの問題です。  これまでの資料や議事録をもとに経緯について確認いたしました。

川崎市議会 2018-12-17 平成30年 第4回定例会-12月17日-07号

○副議長後藤晶一) 浜田議員 ◆22番(浜田昌利) 全国的には17年間で40%お亡くなりになられた方がふえているということでしたが、川崎市では約60%ふえているということでございました。また、御案内もされていますし、ホームページでということでもあるんですけれども、しかしながら、やはり、それぞれの窓口に歩いていかなければいけないということなんです。

熊本市議会 2018-12-14 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号

ただいま、浜田議員から会派としての考え方をお伺いしたところでございますが、本庁舎の建てかえにつきましては、その手法や財源など、検討すべき課題が多いことから、市議会はもとより、市民の皆様との合意形成を図るために、あらゆる情報を積極的に公開し、丁寧に進めてまいりたいと考えております。  また、合併町ごとの計画延長対象事業及び延長に向けた取り組み状況についてお答えいたします。  

川崎市議会 2018-12-05 平成30年 第4回定例会-12月05日-03号

(拍手) ○議長松原成文) 浜田議員に申し上げます。ここで休憩をお諮りいたしたいと思いますので、御了承願います。  お諮りいたします。暫時休憩いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長松原成文) 御異議ないものと認めます。およそ30分休憩いたします。                 

川崎市議会 2018-11-26 平成30年 第4回定例会-11月26日-目次

、医療について〔病院局長-113〕     動物愛護施策について〔伊藤副市長-95、健康福祉局長-106〕     市バス運転手健康管理について〔答弁不要〕     観光施策について〔経済労働局長-101〕     選挙投票環境改善について〔選挙管理委員会事務局長-116〕     議案第166号、川崎墓地条例の一部を改正する条例制定について〔建設緑     政局長-110〕  休  憩(浜田議員

熊本市議会 2018-09-18 平成30年第 3回厚生分科会−09月18日-01号

◆園川良二 委員  1点、今回、総括質疑浜田議員質問した中で、ペアレントトレーニング事業というのが効果があるというようなことを答弁いただいたというふうに思っているんですけれども、今、この事業周知というのはどんな方法でされていますか。 ◎山崎広信 障がい者支援部長  周知方法について詳しくは存じ上げておりませんけれども、子ども発達支援センターホームページに載せているのは私も確認しております。

川崎市議会 2018-06-25 平成30年 第2回定例会-06月25日-06号

○副議長後藤晶一) 浜田議員 ◆22番(浜田昌利) 御答弁で、過去5年間に介護、看護を理由に辞職された転職就業者及び離職して今仕事についていらっしゃらない方が約4,700人いらっしゃるということなんですね。親の介護などに直面されて大変な思いをしていらっしゃる方、こういう皆さんにもチームで準備したいと。

熊本市議会 2018-03-06 平成30年第 1回定例会−03月06日-04号

そのときは、公明党浜田議員も同席しておりましたが、残念ながら今まで聞いた中で、議員のベビーシッターの公費負担に一人も賛成する人はいませんでした。これが今の実態でございます。ただ、報道では、多くの皆さんが署名をされたということで、私は、地元の市民皆さんが本当にそういう気持ちなのか確かめたくて、直接聞いたところでございます。  

川崎市議会 2017-12-18 平成29年 第4回定例会-12月18日-07号

○副議長後藤晶一) 浜田議員 ◆22番(浜田昌利) マイボトル利用促進に努めていらっしゃって、ペットボトル発生抑制に積極的に取り組んでいただいているようですが、ペットボトルの収集、運搬や処理、処分に年間で約5億8,000万円かかっているということでございました。さらなる発生抑制が必要だと感じました。