419件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-06-04 令和 元年(常任)厚生委員会−06月04日-記録

生活科学課では、食品中の残留農薬放射能の検査、遺伝子組み換え食品の検査など食品安全確保、また、河川水の水質検査や大気中の有害物質検査など環境汚染の監視を担っております。さらに、これらの業務に関連した調査研究を行うなど、保健環境行政科学的かつ技術的中核機関の役割を担っております。 ○太田秀子 委員長  ただいまの説明に対して、質疑はございませんか。  

静岡市議会 2019-06-03 令和元年6月定例会(第3日目) 本文

1つは、アメリカカリフォルニア州で除草剤の成分であるグリホサートが、がんの原因であるとする訴訟でモンサント社、今はバイエル社でありますけれども、2018年、19年と連続して敗訴、2019年5月には参議院会館で、体内残留農薬検査で国会議員など28人のうち21人の毛髪からグリホサートが検出されました。その意味で、発がん物質への危機意識が広がっているわけであります。  

福岡市議会 2019-03-01 平成31年条例予算特別委員会第3分科会 質疑・意見 開催日:2019-03-01

34 [質疑・意見]  バナナの輸出について、現在は神戸港でしか残留農薬の検査ができないことから、神戸の業者が有利になる現状があるため、関係者には検査施設を博多港で整備してほしいとの思いがある。古来、バナナといえば門司港であったが、現在は神戸と東京が国内の物流拠点となっている。

札幌市議会 2018-04-17 平成30年(常任)厚生委員会−04月17日-記録

生活科学課では、食品中の残留農薬放射能の検査、遺伝子組み換え食品の検査など食品安全確保、また、河川水の水質検査や大気中の有害物質検査など環境汚染の監視を行っております。さらに、これらの業務に関連した調査研究を行うなど、保健環境行政科学的かつ技術的中核機関の役割を担っております。 ○村上ゆうこ 委員長  ただいまの説明に対して、質疑はございませんか。  

福岡市議会 2018-03-23 平成30年条例予算特別委員会 本文 開催日:2018-03-23

特に、平成28年2月に開場したベジフルスタジアムでは、国内最大級の定温卸売場の整備による品質管理の強化や、市場内の食品衛生検査所による残留農薬検査の対象範囲の拡充など、コールドチェーンや安全、安心の取り組みを強みとして市場のブランド化を図り、消費者、生産者双方から選ばれる市場づくりを進めている。

相模原市議会 2018-03-19 平成30年  3月定例会議-03月19日−04号

日本以上に厳しく添加物や残留農薬基準値を持つ国も多くありますが、日本で認められていない添加物や抗菌剤のような薬品残留農薬など、見た目ではわからないリスクを考えざるを得ません。さらに、3月8日にはTPP、環太平洋連携協定参加11カ国の一員として署名アメリカの離脱で規模はかなり縮小したものの、畜産関係などで輸入食品はふえていきます。

新潟市議会 2018-03-16 平成30年 3月16日農業活性化調査特別委員会-03月16日-01号

食品衛生規制は,主に食品衛生法に基づいて行われていますが,国内でのBSEの発生や輸入野菜残留農薬問題などに端を発して食品安全基本法平成15年に制定されたのに合わせて,食品衛生法が改正されて以降15年が経過しています。この間,大きな改正はなく,また食品安全を取り巻く環境食品消費,流通といった社会的な背景が大きく変化していました。

福岡市議会 2017-12-14 平成29年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2017-12-14

535 ◯農林水産局長(則松和哉) ベジフルスタジアムでは、卸売場の約85%を低温卸売場として整備したことによるコールドチェーンの充実や、出荷前残留農薬検査の市外産への拡大など、品質管理や安全、安心への取り組みを強みとして、アジアを視野に入れた九州の青果物流拠点となることを目指しております。

新潟市議会 2017-10-06 平成29年決算特別委員会第2分科会−10月06日-02号

また,燃料試験と性能分析,あわせてセシウム残留農薬検査を行いました。  南区ビジネスプランコンテストは,農業の6次,12次産業化の推進と地域の特性を生かした新ビジネスの創出を図るため,ビジネスプランコンテストを開催し,事業化,アイデアの両部門において優秀プランの選考,表彰を行いました。あわせて,入賞プランの事業化に向け支援をしました。  

静岡市議会 2017-09-04 平成29年9月定例会(第4日目) 本文

管内のJAや県の農林事務所、試験研究機関などと連携し、残留農薬基準に対応し得る茶葉の生産を初め、良質な茶葉の安定生産に向けた支援に取り組んでいるところであります。  これらの取り組みにより、事業の本格実施10年後の2025年には、ミラノ市やベルリン市以外のヨーロッパ都市、国でも静岡市のお茶が現地で流通するよう、販路拡大の道を切り開いてまいります。

札幌市議会 2017-04-18 平成29年(常任)厚生委員会−04月18日-記録

生活科学課では、食品中の残留農薬放射能の検査、遺伝子組み換え食品の検査など食品安全確保、また、河川水の水質検査や大気中の有害物質検査など環境汚染の監視を行っております。さらに、これらの業務に関連した調査研究を行うなど、保健環境行政科学的かつ技術的中核機関の役割を担っております。 ○中村たけし 委員長  ただいまの説明に対して、質疑はございませんか。  

福岡市議会 2017-03-24 平成29年条例予算特別委員会 本文 開催日:2017-03-24

15 △農林水産局長 青果市場ブランド化推進事業の29年度予算額は790万円を計上しており、事業内容は、残留農薬検査の充実のための出荷前検査の年間70検体の実施や、毎月第3土曜日を感謝デーとする市民開放イベントの開催、さらに28年度に実施した香港に引き続くシンガポールでのトップセールスの実施などである。

相模原市議会 2016-09-28 平成28年  9月定例会議-09月28日−05号

最近では食の安全性を脅かす事案は、放射能の問題、野菜等の残留農薬の問題、国内で認められていない食品添加物使用、また、廃棄食品の流通、そして微生物による食中毒など枚挙にいとまがありません。そこで、このような危険を回避するための食の安全を確保する対策安全検査についてお伺いいたします。まず、多種多様な流通食品安全を確保するため、本市における検査対象などの考え方と現状について伺います。  

静岡市議会 2016-09-04 平成28年9月定例会(第4日目) 本文

また、中国産の原材料が含まれる食材については、納入業者に残留農薬証明書等の提出を義務づけ、安全を確認しております。  次に、放射能検査の現状についてですが、現在、学校給食放射能検査については、東部、丸子、西島、中吉田の4カ所の大規模センターを対象に、1カ月ごと順番に実施しております。  放射能検査は、毎週、1週間分の給食をまとめて市の環境保健研究所に持ち込み実施しております。