8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

川崎市議会 2007-03-15 平成19年 第1回定例会-03月15日-05号

次に委員から、臨港地区内で動物検疫所を設置可能とした理由について質疑があり、理事者から、これまでも、税関検疫所植物防疫等、他の官公署は設置が可能であったが、動物検疫所は規定されていなかった。このため、条例改正に合わせ、整合性の観点から動物検疫所の設置を可能とすることにしたとの答弁がありました。  

神戸市議会 2006-09-15 開催日:2006-09-15 平成18年決算特別委員会〔17年度公営企業会計決算〕(みなと総局) 本文

9月末に完了したわけでございますけれども,ちょうどまた突堤の基部にある農林水産省の神戸植物防疫とか民間業務施設がございましたので,それの移転補償交渉を進めて,現在,建てかえ中ということでございます。それとあわせて国とも土地利用の計画の変更や,あるいは国有財産の処理をどうするかという形で時間を要しとったということでございます。

神戸市議会 2006-03-10 開催日:2006-03-10 平成18年予算特別委員会第3分科会〔18年度予算〕(みなと総局) 本文

さらに,港の364日・24時間フルオープン,これらの取り組みということで,これは税関職員の夜間あるいは休日の常駐あるいは到着即時輸入許可制度の導入あるいは植物防疫の夜間・休日の開設ということで,これも既に関係官公庁によりまして実施されております。また,ターミナルの一体運営に向けましたIT化の社会実験の中でも,自動ゲートシステムを設置した実験なども行っております。

神戸市議会 2003-09-26 開催日:2003-09-26 平成15年決算特別委員会〔14年度公営企業会計決算〕(みなと総局) 本文

それと利用促進協議会をもとに税関,それから植物防疫動物検疫所,それから厚生労働省の神戸検疫所などとリードタイム短縮に向けた検討会を重ねてございます。これら定期的な協議の場以外にも,案件ごとに我々みなと総局の各課が税関をはじめとする国の関係機関と協議,情報交換を行っておりまして,いわゆる横の連携がスムーズに行くように努めているところでございます。  

神戸市議会 2003-03-06 開催日:2003-03-06 平成15年予算特別委員会第3分科会〔15年度予算〕(みなと総局) 本文

ただ,総領事の発言にございましたサカキにつきましては,農林水産省の神戸植物防疫に我々もちょっと確認したわけでございますけども,その中では,サカキの検査については,害虫がいれば薫蒸する必要があって,特に厳しいという認識はないというようなことでございまして,検査は輸入業者ごとに全件実施すると,実際に箱をあけるのは一部ですけども,抽出率については,全国一律の基準があるんで,特に神戸だけが厳しいということではないというような

川崎市議会 1996-03-08 平成 8年 第1回定例会-03月08日-05号

かわさきファズ物流センターにおける輸入食品安全性などについてのご質問でございますが,まず輸入食品安全性につきましては,これまで厚生省生活衛生局,同横浜検疫所農林水産省動物検疫所,同横浜植物防疫に対し川崎市のFAZ計画を説明し,輸入食品安全管理及び畜産物などの防疫体制の強化につき要望活動を行い,職員の増員などについて前向きに検討するとの感触を得たところでございます。  

川崎市議会 1996-03-07 平成 8年 第1回定例会-03月07日-04号

最後に,輸入食品安全性についてのご質問でございますが,輸入食品安全性につきましては,これまで厚生省生活衛生局,同横浜検疫所農林水産省動物検疫所,同横浜植物防疫に対し,川崎市のコンテナターミナル及びFAZ計画を説明し,輸入食品安全管理及び畜産物などの防疫体制の強化につき要望活動を行ったところでございます。

神戸市議会 1993-12-16 開催日:1993-12-16 平成5年決算特別委員会〔4年度一般・特別会計決算〕 (総括質疑) 本文

それから,米の緊急輸入に関連した神戸港の受け入れ体制のことでございますけれども,輸入米の受け入れは,食品検査それから植物防疫の検査,そして通関手続と,そういう手続を経た後,食糧事務所が指定する燻蒸設備を備えた倉庫に搬入するというような手順になっております。  

  • 1