33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

川崎市議会 2016-01-28 平成28年  1月市民委員会-01月28日-01号

なお、団体等が「暴力団による不当行為防止に関する法律」に定める暴力団、役員または代表者が暴力団員に該当しないことでございます。  次に、3の「補助金交付の対象経費・補助金の額」でございますが、地域における子どもの居場所づくりの促進の観点から、活動場所の賃貸借料、活動場所の光熱水費、地域との交流を目的とした活動に係る経費、活動場所の安全対策に係る補修・施設整備に関する経費としております。  

川崎市議会 2012-11-26 平成24年 第4回定例会-11月26日-01号

この条例は、暴力団による不当行為防止に関する法律の一部改正に伴いまして、所要の整備を行うため制定するものです。  改正の内容でございますが、第4条第2項中、第32条の2第1項を第32条の3第1項に改めるものでございます。  次に、附則でございますが、この条例施行期日公布の日からとするものでございます。  次に、19ページをお開き願います。

堺市議会 2012-11-21 平成24年第 4回定例会−11月21日-01号

本件は、暴力団による不当行為防止に関する法律の一部改正に伴う所要の改正を行うものでございます。  なお、本条例公布の日から施行するものでございます。  続きまして、議案第194号堺市公の施設から暴力団を排除するための関係条例の整備に関する条例について御説明申し上げます。9ページから22ページまでを御参照願います。  

川崎市議会 2012-11-21 平成24年 11月市民委員会-11月21日-01号

条例の制定要旨でございますが、暴力団による不当行為防止に関する法律の一部改正に伴いまして、所要の整備を行うため条例を制定するものです。  改正の内容でございますが、第4条第2項中「第32条の2第1項」を「第32条の3第1項」に改めるものでございます。  次に、附則についてでございますが、この条例施行期日公布の日からとするものでございます。  

神戸市議会 2012-10-18 開催日:2012-10-18 平成24年都市防災委員会 本文

第94号議案神戸市における暴力団の排除の推進に関する条例の一部を改正する条例の件は,暴力団による不当行為防止に関する法律の改正により,都道府県暴力追放運動推進センターに係る条項が,32条の2から32条の3に条が繰り下がり,条例の改正が必要になったものでございます。  最後に,陳情第99号暴力対策基金条例(仮称)の制定に関する陳情につきまして,ご説明を申し上げます。  

広島市議会 2012-09-25 平成24年 9月25日総務委員会-09月25日-01号

これは、暴力団による不当行為防止に関する法律の改正に伴い、同法の引用部分について規定の整備をしようとするものでございます。  施行期日は、暴力団による不当行為防止に関する法律の一部を改正する法律施行の日としております。  21ページをお開きください。第93号議案「公の施設指定管理者の指定について」でございます。  

堺市議会 2012-06-14 平成24年 6月14日市民人権委員会-06月14日-01号

この条例を見ますと、市の責務、市民と事業所の責務、こういったものまでも盛り込まれているんですけれども、この第2条ですね、ここに書かれております暴力団、暴力団による不当行為防止に関する法律ということなんですけど、まず暴力団とは、これはどういう人たちか、ちょっと御説明ください。

川崎市議会 2011-09-14 平成23年 第4回定例会-09月14日-02号

次に、暴力対策における責務等についてでございますが、暴力団による不当行為防止に関する法律では、国及び地方公共団体の責務といたしまして、事業者、国民またはこれらの者が組織する民間の団体が自発的に行う暴力排除活動の促進を図るため、情報の提供、助言指導その他必要な措置を講じるとともに、事業者等が安心して暴力排除活動の実施に取り組むことができるよう、安全の確保に配慮しなければならない旨が規定されております

神戸市議会 2011-03-04 開催日:2011-03-04 平成23年予算特別委員会第1分科会〔23年度予算〕(危機管理室等) 本文

関係機関等には,兵庫県暴力追放運動推進センターが含まれており,いずれも暴力団による不当行為防止に関する法律,いわゆる暴対法を準用しております。  第3条では,基本理念について規定しております。  暴力団は,市民生活から断固として排除されなければならないとしております。

神戸市議会 2010-10-01 開催日:2010-10-01 平成22年決算特別委員会第1分科会〔21年度決算〕(危機管理室等) 本文

暴力団に関する法律条例でございますが,法律で申し上げますと,平成4年に制定されました暴力団による不当行為防止に関する法律,いわゆる暴対法がございます。この法律市民生活の安全と平穏の確保を図ることを目的にして,暴力団員の行う暴力団要求行為等の規制,暴力団の対立抗争等による市民生活に対する危険の防止のための必要措置を定めている法律でございます。  

札幌市議会 2009-06-02 平成21年(常任)建設委員会−06月02日-記録

第1項第6号として、「その者及びその者と現に同居し、又は同居しようとする親族暴力団による不当行為防止に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。」を加えるものでございます。  第29条は、入居の際に、同居した親族以外の者を同居させようとする場合の同居の承認について定めたものでございます。第2項を繰り下げ、第3項とし、第2項として「市長は、入居者(同居者を含む。)

静岡市議会 2008-09-26 平成20年 都市建設委員会 本文 2008-09-26

それともう1点、暴力団員とはどういうものかということですけれども、ここで言う暴力団員は、暴力団による不当行為防止に関する法律、いわゆる暴力対策法でございますけれども、そこで規定する暴力団の構成員という位置づけでございます。ですから、準構成員とか、そういったものは省きまして、構成員ということでございます。  

川崎市議会 2007-11-21 平成19年 11月まちづくり委員会-11月21日-01号

川崎市営住宅条例の一部改正についてでございますが、第8条の申込資格の規定におきましては、第8条第1項に第5号として、「使用申込者又は同居親族暴力団による不当行為防止に関する法律平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員(以下『暴力団員』という。)でないこと。」を加えるものでございます。  

  • 1
  • 2