18125件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日環境建設常任委員会-06月26日-01号

本市の下水道事業は,昭和27年の事業着手から65年が経過しており,処理場4カ所,ポンプ場55カ所など,膨大な下水道施設を保有し,これらの老朽化の進行に伴い,維持管理や改築費の増大が見込まれています。このような状況で,財源など制約のある中,下水道施設の適切な管理を行うには施設全体を一体的に捉えて,優先順位をつけながら改築を進めることが必要となります。  

神戸市議会 2019-06-26 開催日:2019-06-26 令和元年福祉環境委員会 本文

1総括といたしまして,本市は全国に先駆けた昭和47年の人間環境都市宣言以来,環境問題を市政の重点施策の1つとして取り組んでおり,地球温暖化対策を初めとする持続可能な社会の実現に向け,先駆的な環境技術や水素など多様なエネルギーの活用,省エネルギーの推進,ごみの減量や資源化,神戸の豊かな自然環境や健全で快適な都市環境の保全などに取り組んでまいりました。  

新潟市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会本会議-06月24日-05号

戦後昭和22年度の出生数は268万人でした。直近の平成31年度の出生数は92万人で,その差は176万人に上ります。これは,どういうことが最大の要因で子供をもうけないのか,なぜ結婚をちゅうちょするのかをしっかりと捉え,考えなければならないと思います。どのように考えているのか,見解をお聞かせください。 ○副議長(佐藤誠) 山口こども未来部長。                

新潟市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会本会議−06月21日-04号

1975年,昭和50年3月に栃木県足利市で生まれ,高校卒業後上京。大学では政治学科にて学び,小学生のころからの夢をかなえて,アナウンサーとして局アナを10年間,そしてまちづくりに携わりたいと思い,フリーランスに転向して12年間ほど,ラジオテレビなど幅広くお仕事をさせていただきました。新潟県人になったのは2000年11月。新潟市秋葉区,当時の新津市にやってきて,現在44歳,山あり谷ありの独身です。

新潟市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会本会議-06月20日-03号

松鶴荘が昭和53年,大山台ホームが昭和54年の開設ですから,施設設備は相当に老朽化が進んでいると思われます。指定管理者の愛宕福祉会としては,できるだけ早期に建てかえをしたい意向であるとお聞きしていますが,解体費用,建てかえに当たっての補助金等,財政負担が必要になってきますし,建てかえ期間中の現在の入所者の処遇はどうするのか,そんな心配もあります。

札幌市議会 2019-05-27 令和 元年(常任)建設委員会−05月27日-記録

下段の3の水源状況と給水能力についてでございますが、札幌市は、これまで、昭和47年に完成した豊平峡ダム平成元年に完成した定山渓ダムを主要な水源として給水需要に応えてまいりました。給水能力は、表の右下にありますとおり、五つの浄水場により、1日当たり83万5,200立方メートルでございます。  続きまして、6ページをごらんください。  

横浜市議会 2019-05-20 令和 1年 政策・総務・財政委員会

また、九都県市首脳会議など広域行政の推進や近隣自治体との連携促進、山梨県道志村及び群馬県昭和村との友好交流を推進します。 9の学術都市の形成に向けた検討は、魅力と活力にあふれる学術都市の形成を目指し、文部科学省に採択された留学生就職促進プログラムの取り組みを中心に、市内大学との連携のさらなる拡充・強化を初め、経済団体企業等との連携強化を推進します。 3ページをごらんください。 

川崎市議会 2019-05-20 令和 1年 第2回臨時会-05月20日-01号

また、産業面では、大規模な工場を中心とする工業都市から研究開発都市への転換が進むとともに、1人当たりの製造品出荷額は、昭和の時代から四十数年にわたって大都市で首位を維持するなど、新たな課題に前向きに挑戦し、成長を続けています。一方で、本市においても少子高齢化が徐々に進展しており、やがて人口減少の局面を迎えます。

札幌市議会 2019-05-14 令和 元年第 1回臨時会−05月14日-02号

石川敏也さんは、昭和56年に札幌市に採用となり、観光文化スポーツ担当局長等を歴任した後、平成28年4月にスポーツ局長に就任し、現在に至っており、札幌市副市長として適任と考えるものであります。  町田隆敏さんは、昭和58年に札幌市に採用となり、教育長等を歴任した後、平成27年5月に札幌市副市長に就任し、現在に至っており、札幌市副市長として適任と考えるものであります。  

札幌市議会 2019-05-14 令和 元年(常任)建設委員会−05月14日-記録

だから、復元のための金が幾らかかるか、実験をやってくださいよと言って、白石の川北の白石高校のすぐ向かいの三角屋根の20坪のブロックづくりの家で、モンケン工法でやったら170万円ぐらいでできるということになって、200万円の融資制度昭和62年4月からつくったんですよ。当時、一般金利が8%から9%ぐらいのときに。公的な貸し出しは公害対策で4%のときに、私は、市長の責任でこれをゼロでやるべきだと。

札幌市議会 2019-05-13 令和 元年第 1回臨時会−05月13日-01号

今回、この議場にいる68名の議員の皆さんの中で、私が、昭和15年1月24日生まれで、満79歳で最年長でありますので、したがって、私がここに座って議長選出までの議事を進める、こういうことになるわけであります。皆さん、ご存じのように、議長というのは、法律では、いわゆるこの議場における議事の進行、その他一切の責任を持って進める、こういうことが法律で記されております。

川崎市議会 2019-03-15 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号

ビジョンについて、人材育成が適切に行われたか否かを判断する基準について、人材育成以外に指定管理期間が10年になることのメリットについて、指定管理予定者の公益財団法人川崎文化財団の職員等の公募の検討状況について、当該施設の運営に関して本市の意向が反映されることの確認の有無について、収支計画に記載されているその他収入の内訳について、アウトリーチ事業の具体的な取り組みについて、アウトリーチ事業における昭和音楽大学

新潟市議会 2019-03-15 平成31年 3月15日文教経済常任委員会−03月15日-01号

ここに詳しいことは書いてありますので,要点だけ言わせてもらいますが,この問題としている覚書,これは昭和62年2月の覚書です。なぜ今私がこれを問題にするかというと。このときに取り交わした覚書の内容,このことが現在に至って違法な状態として使用されているということ,違法な状態で使用されていること自体はこの委員会の席で議論するつもりはありません。

新潟市議会 2019-03-15 平成31年 3月15日環境建設常任委員会−03月15日-01号

自治会は,昭和47年の創設以来,共益費の管理を初め,運営を行ってきました。2年ほど前に入居してきた方が役員掃除当番などを一切やらない,共益費に当たる掃除協力金の支払いをしない,それだけではなく,警察に相談する必要があるような行動をとるため,住民は不安や恐怖を感じ,とても迷惑しています。これらの迷惑行為について,住民の署名を添えて新潟市担当課や指定管理者に相談し,対応のお願いをしました。

川崎市議会 2019-03-14 平成31年  3月議会運営委員会-03月14日-01号

私は、昭和56年、1981年に役所に採用されまして、3月31日で丸38年間になります。平成9年に、議会教育委員会事務局から異動になりまして、その後、何度か出入りはしておりますけれども、この間、先例担当係長、それから議事課長、議事調査部長議会総務部長、そして議会局長ということで、安藤さんの21年にはかないませんが、15年間の長きにわたりお世話になりました。  

新潟市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日環境建設常任委員会-03月13日-01号

◆飯塚孝子 委員  昭和27年から下水道管渠の取り組みがされて,現在3,600キロと言われていますが,この耐震化や長寿命化の進捗と現在はこれに対して改修率は数字化されているのですか。 ◎時田一男 下水道計画課長  昭和27年から下水道事業を開始し,処理場,ポンプ場の主要設備については,2017年度現在で約55%が老朽化している状況です。