17591件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2020-05-15 令和 2年 第3回臨時会−05月15日-02号

次に、文化芸術活動支援についてです。本市の総合計画では直接目標に、市内の文化芸術活動を推進し、一層市民に身近なものにするを掲げ、主な成果指標では主要文化施設の入場者数を令和3年度には140万5,000人以上を目指し、また、年1回以上文化芸術活動をする人の割合を、計画策定時の平成27年度14.6%から令和3年度には18%以上を目標値に掲げています。

静岡市議会 2020-05-14 令和2年 議案説明会 名簿 2020-05-14

 彦 君 ────────────────────────────────────────────────── 欠 席 議 員(1名) 49番  伊 東 稔 浩 君 ────────────────────────────────────────────────── 出 席 説 明 員(9名) 財政次長       長谷川   誠 君     参与危機管理課長   神 長 明 弘 君 観光交流文化次長

川崎市議会 2020-05-13 令和 2年 第3回臨時会−05月13日-目次

  提案説明    福田市長…………………………………………………………………………………5    財政局長…………………………………………………………………………………5   代表質疑                   〔 〕内は答弁者及びページ    矢沢孝雄議員(自民党代表)…………………………………………………………7     〔市長−13、25、総務企画局長−14、財政局長−15、市民文化局長

川崎市議会 2020-05-08 令和 2年  5月文教委員会-05月08日-01号

)向坂市民文化局長、青山市民生活部長、山﨑市民文化振興室長、        日向庶務課長       (こども未来局)袖山こども未来局長、柴田総務部長、山本こども支援部長、        井野庶務課長、北川こども家庭課長 日 程 1 令和2年第3回臨時会提出予定議案の説明      (市民文化局)     (1)議案第75号 令和2年度川崎一般会計補正予算      (こども未来局)     (2

川崎市議会 2020-04-21 令和 2年 第2回臨時会-04月21日-01号

      庶務課長      渡辺貴彦  上下水道事業管理者 金子 督      議事課長      鈴木智晴  教育長       小田嶋 満     政策調査課長    堀江真樹  総務企画局長    大澤太郎      議事係長      大磯慶記  危機管理監     高橋 実      議事課担当係長   井汲真佐子  財政局長      三富吉浩      議事課担当係長   浅野 洋  市民文化局長

川崎市議会 2020-04-21 令和 2年 第2回臨時会−04月21日-目次

 議案上程   「令和元年東日本台風における災害対応に関する検証結果について」、議案第66   号〜第74号(一括上程)…………………………………………………………………44   代表質疑                   〔 〕内は答弁者及びページ    末永 直議員(自民党代表)…………………………………………………………44     〔市長−49、58、上下水道事業管理者−49、58、市民文化局長

川崎市議会 2020-04-16 令和 2年  4月文教委員会-04月16日-01号

◎雛元 区政推進課担当課長 半径約1キロの範囲内ということですけれども、別敷地からの移転を伴うものとして、例えば周辺にございますこども文化センターや老人いこいの家、それから同一敷地内、今、建物内にございます大師の一般環境大気測定局なども含めまして、今年度検討していくこととしております。

川崎市議会 2020-04-15 令和 2年  4月議会運営委員会-04月15日-01号

市長、副市長、教育長、上下水道事業管理者、総務企画局長財政局長市民文化局長健康福祉局長建設緑政局長危機管理監及び教育次長の出席とし、網かけがされております病院事業管理者、それ以外の各局長及び各区長につきましては、行政報告に対する代表質疑の通告があった場合に、本会議第2日に出席することでお願いをいたしたいと存じます。  

川崎市議会 2020-04-10 令和 2年  4月文教委員会-04月10日-01号

)向坂市民文化局長、青山市民生活部長、山根市民スポーツ室長、        山﨑市民文化振興室長、白井市民文化振興室担当部長、日向庶務課長、        中根市民スポーツ室担当課長、永石市民文化振興室担当課長、        平井市民文化振興室担当課長、豊村市民文化室担当課長       (中原役所)寺澤副区長、中谷地域振興課長       (上下水道局)佐藤施設課長、清水施設保全課長       

静岡市議会 2020-04-10 令和2年 議会運営委員会 本文 2020-04-10

次に、(2)の補正予算条例改正議案については、小長谷副市長の提案理由説明、質疑の後、所管の委員会に付託したいと思いますが、付託先は、総務委員会厚生委員会及び観光文化経済委員会といたします。  なお、これら3件の質疑の通告期間は、今回に限り、本日の議案説明会終了後、議場内で事務局から御案内した時刻から4月13日の午後5時までといたしたいと思いますが、いかがでしょうか。             

川崎市議会 2020-04-09 令和 2年  4月総務委員会-04月09日-01号

公文書館では、公文書の開示及び情報の提供、歴史的、文化的価値のある資料類の調査などを行っております。  次に、人事部でございますが、人事課、労務課、職員厚生課、総務事務センター及び共済課から構成されております。人事課では、人事制度の調査や企画、職員の選考、任免、服務及び人事評価に関する事務などを行っております。労務課では、職員給与勤務時間などの勤務条件の整備などを行っております。  

川崎市議会 2020-04-09 令和 2年  4月文教委員会-04月09日-01号

( 理事者交代 )         ───────────────────────── ○木庭理香子 委員長 次に、市民文化局から「理事者の紹介及び事業概要の説明」を受けます。あわせて、新型コロナウイルス関連への対応状況についても御説明いただきますようお願いいたします。  それでは理事者の方、よろしくお願いいたします。 ◎向坂 市民文化局長 おはようございます。市民文化局長の向坂でございます。

川崎市議会 2020-04-02 令和 2年  4月文教委員会−04月02日-01号

私は昨年度も文教委員会に所属させていただきましたが、昨年度の文教委員会は、全国初の刑事罰を盛り込んだ「川崎差別のない人権尊重のまちづくり条例」が12月に制定されたほか、10月に発生した令和元年東日本台風により水没した市民ミュージアムやとどろきアリーナについての議論、若者文化発信のための環境整備、パラムーブメント、社会的養護の推進に向けた施策、DVの防止とその被害者への支援計画、教育委員会関係など、

堺市議会 2020-03-27 令和 2年第 1回定例会-03月27日-05号

英語教育に注力している一方、日本語すらおぼつかない│ │子どもたちのための多文化共生教育予算が大幅に削減されています。そもそも公教育とは何│ │のためにあるのかという視点に立ち返って日本語支援を強化するとともに、乳児家庭全戸訪問│ │事業を初めとしたさまざまな機会を生かして、支援プログラムに接続できるような庁内連携を│ │求めます。

福岡市議会 2020-03-25 令和2年第1回定例会(第7日) 名簿 開催日:2020-03-25

水道事業管理者          清 森 俊 彦   交通事業管理者      重 光 知 明   総 務 企 画 局 長      小野田 勝 則   財  政  局  長   松 本 典 久   市  民  局  長       下 川 祥 二   こども未来局長      高 田 浩 輝   保 健 福 祉 局 長      舟 越 伸 一   環  境  局  長   坂 本 秀 和   経済観光文化総務

福岡市議会 2020-03-25 令和2年第1回定例会(第7日)  資料 開催日:2020-03-25

                       ┃ ┃        │3.公益財団法人福岡市中小企業従業員福祉協会                    ┃ ┃        │4.公益財団法人福岡観光コンベンションビューロー                  ┃ ┃        │5.一般財団法人福岡コンベンションセンター                     ┃ ┃        │6.公益財団法人福岡市文化芸術振興財団

福岡市議会 2020-03-25 令和2年第1回定例会(第7日)  本文 開催日:2020-03-25

経済観光文化行政については、新型コロナウイルス感染症への対応について、国だけに経済対策を求めるのではなく、本市としてもしっかりと経済対策を実施すべきとの意見。インバウンドの推進等を柱とする経済施策を見直すとともに、影響を受ける市民生活を守り、家計や中小企業への強力な支援を行うため、予算の抜本的な組替えを行うべきとの意見。