27613件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大阪市議会 2034-11-19 11月19日-04号

中尾寛志               副市長              鍵田 剛               副市長              高橋 徹               住之江区長            西原 昇               住吉区長             朝川 晋               西淀川区長            塩屋幸男               副首都推進局長

大阪市議会 2033-05-24 05月24日-02号

令和元年5月24日午後2時開議第1 常任委員会委員の選任    +財政総務委員会  教育こども委員会+    |民生保健委員会  都市経済委員会 |    +市政改革委員会  建設港湾委員会 +第2 常任委員長の選挙    +財政総務委員長  教育こども委員長+    |民生保健委員長  都市経済委員長 |    +市政改革委員長  建設港湾委員長 +第3 議員提出議案第13号 2025大阪関西万博推進特別委員会

北九州市議会 2030-12-11 12月11日-04号

消防局においては、育児休業介護休暇などの取得推進のための環境整備に努められたいとの意見がありました。 以上の経過で、議案第186号及び207号のうち所管分の以上2件については、いずれも全員賛成で可決すべきものと決定しました。 以上で報告を終わります。 ○議長村上幸一君) 次に、建設建築委員長、36番 大久保議員

北九州市議会 2030-06-13 06月13日-07号

先日、国会において、食品ロス削減推進に関する法律が成立しました。この法律は、国や市町村事業者消費者等食品ロス削減推進に向けて取り組みを強化するとともに、貧困や災害等により食べ物の支援が必要な方に提供するフードバンク活動促進に向け、活動支援するために必要な施策を国や市町村が実施することを定めています。 

北九州市議会 2025-09-13 09月13日-05号

国連が2030年に向けた世界共通目標として掲げる持続可能な開発目標であるSDGs達成に向け、我が公明党は国連でのSDGs採択直後の2016年、党内にSDGs推進委員会を立ち上げ、政府政策提言を行うなど、政府SDGs推進本部と連携して、与党の立場で国内外におけるSDGs推進に積極的に取り組んでおります。 

北九州市議会 2023-10-02 10月02日-07号

また、IUU漁業対策水産物輸出促進のためにトレーサビリティーを推進することになっており、漁獲証明法制化による流通改善等が必要です。よって、国会及び政府に対し、水産業体質強化につながるよう、漁業収入安定対策機能強化を図るために必要な法整備などの措置を講じることを要請するものです。 次に、第27号、高齢者安全運転支援移動手段の確保を求める意見書について申し上げます。 

北九州市議会 2022-09-27 09月27日-06号

次に、環境費について委員から、SDGs達成のためのESD事業推進、地球温暖化防止のための取り組み航空自衛隊芦屋基地の騒音問題、プラスチックごみ対策バイオマスプラスチック製指定ごみ袋納入における地元企業の参入、食品ロス削減する取り組み廃棄物最終処分場受け入れ見通しと新処分場等について質疑があり、当局から、SDGs達成のためのESD事業推進については、北九州ESD協議会活動の核となり、

大阪市議会 2020-12-12 12月12日-07号

大阪市立男女共同参画センター子育て活動支援館)第13 議案第175号 指定管理者指定について(大阪市立東成区民センター)第14 議案第176号 指定管理者指定について(大阪市立阿倍野防災センター)第15 議案第177号 執行機関附属機関に関する条例の一部を改正する条例案第16 議案第178号 大阪市エネルギー政策審議会共同設置に関する協議について第17 議案第179号 大阪廃棄物の減量推進

北九州市議会 2020-12-05 12月05日-02号

一方、国においては有機農業推進に関する法律自然循環機能を増進し、環境負荷を低減する取り組みとして有機農業推進しております。また、SDGsアクションプラン2019においても、農業成長産業化や生物の多様性に配慮した持続可能な農業推進に資するとして、実施指針優先課題に位置づけ、さまざまな支援制度の検討を行うこととしております。