9155件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神戸市議会 2019-09-19 開催日:2019-09-19 令和元年経済港湾委員会 本文

冷蔵庫バックアップ用電源設備改修につきましては,国の補助事業に関する実施計画が平成31年3月に承認され,年度内に必要な施工期間を確保することが困難であったため,令和元年度へ繰り越したものでございます。  次に,33ページをお開き願います。  市債権の放棄につきまして,経済観光局関係分を御説明をいたします。なお,金額の1万円未満は省略させていただきます。  

川崎市議会 2019-07-01 令和 1年 第3回定例会-07月01日-06号

◆31番(渡辺学) 国からの提案で、本市が承認する関係だと思いますが、実質的には23メートルの幅員で機能しています。国に対して都市計画を見直し、幅員23メートルに変更するよう働きかけを要望いたします。次に、国道1号に関連して、東芝小向事業所の3.5メートルセットバックと歩道拡幅が3月末に行われました。御幸公園交差点の信号はセットバックする前の位置のままのため、拡幅した歩道を塞ぐ状態となりました。

静岡市議会 2019-07-01 令和元年 市民環境教育委員会 本文 2019-07-01

そのときに改めて感じたことなんですけれども、やはり南アルプスユネスコエコパークに承認されたということも含めて、渡船という目的から観光的な意味で乗船される方が大分ふえているというお話を伺いました。私たちも井川湖の周辺の風景を見ながら乗船させていただいて、ああいい景色だなと。これは観光資源としても非常に大切なものだなと改めて感じたわけであります。

川崎市議会 2019-06-28 令和 1年 第3回定例会-06月28日-05号

定義というものはない、そして総理大臣の臨時代理権限等々につきましては、実は小渕総理が亡くなった後の平成12年の参議院予算委員会で審議が行われていまして、このときの法的解釈についてですが、文面だけで見ると、臨時代理総理大臣の職務を代理するということですから、ほとんどの権限が与えられるだろうと思われるのですが、解釈として見ますと、やはり国会の指名を受けて総理大臣という職、地位につくので、国会承認

新潟市議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日環境建設常任委員会−06月27日-01号

◎武石和彦 まちづくり推進課長  当初の段階で,組合の内部で減歩率がこうなるという話はされて,承認されて出されている事業計画になりますので,そこは特に問題ないと聞いています。 ◆志田常佳 委員  それは,あなたが担当したのですか,していないのでしょう。 ◎武石和彦 まちづくり推進課長  私は,そのころは担当していません。

新潟市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日市民厚生常任委員会-06月26日-01号

ともにさきの2月定例会において繰越明許費設定の承認をいただき,令和元年度へ繰り越したことを報告するものです。 ○伊藤健太郎 委員長  ただいまの説明に質疑はありませんか。 ◆小林弘樹 委員  議案第60号について,条例改正前後の年間の運営費と,国,県からの財源が幾らぐらいになっているか教えてください。

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日文教経済常任委員会-06月25日-01号

次に,報告第3号繰越明許費繰越計算書の報告について関係部分は,平成31年2月定例会において,繰越明許費の設定,変更を承認いただいた学校施設整備及びエアコン整備に要する経費を令和元年度へ繰り越したことを報告するものです。  以上,詳細については担当課長より説明します。 ○志賀泰雄 委員長  ただいまの説明に質疑はありませんか。

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日環境建設常任委員会-06月25日-01号

いずれも平成30年12月定例会で補正予算を計上し,あわせて繰越明許費の設定を承認いただいたものについて,繰越額が確定したことから報告するものです。各区ともこの資料に基づいて説明し,金額は記載のとおりですので,読み上げを省略します。  1,北区建設課分をごらんください。当課分は第8款土木費,第2項道路橋りょう費,市道長場大月上大月線舗装工事,場所は北区大月地内です。

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日総務常任委員会-06月25日-01号

議案書75ページ,第2款総務費,第4項選挙費,県議会議員選挙費及び市議会議員選挙費は,さきの2月定例会において増額補正とあわせて繰越明許費設定の承認をいただいたもので,平成30年度執行分を除いて記載のとおり繰り越したことを報告するものです。 ○平あや子 委員長  ただいまの説明に質疑はありませんか。