運営者 Bitlet 姉妹サービス
4718件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-15 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号 認可保育所の待機児童解消についてです。認可保育所に利用申請して入所できなかった保留児童は、1月25日現在3,541人に上りました。来年度の認可保育所等の新設整備計画は1,560人ですが、公有地活用型はゼロ、民有地活用型は1カ所のみ、あとの1,470人が民間事業者活用型による整備です。 もっと読む
2019-03-14 堺市議会 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号 │ │ 待機児童の解消についてですが、認定こども園などを2018から2020年度において、創設│ │16カ所、増改築1カ所、分園3カ所、大規模修繕3カ所などを整備するとしています。また、小│ │規模保育については特区を活用し、3歳以上の園児を受け入れる事業所10カ所に開設経費を補助│ │、私立幼稚園においては保育を必要とする満2歳児の受け入れに要する経費を3カ所に補助すると│ │しています。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 ◆大庭裕子 委員 私は、一問一答で、中原区の待機児童解消と園庭のある保育園の整備について、公園トイレについて、武蔵新城駅周辺の駐輪場対策について、高次脳機能障害について、ひきこもり支援についての順番で質問いたします。  それでは、中原区の待機児童解消と園庭のある保育園の整備についてこども未来局長に伺います。 もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 保育需要の高まりと、それに対応する待機児童対策で、保育の受入枠が拡大し、保育人材の確保が大きな課題となっておりますけれども、また一方で、保護者や地域からは、保育の質の低下を懸念する声が多数届いております。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会−03月04日-目次 …………… 185    地域文化財について〔教育次長−185、186、経済労働局長−186〕    道路補修について〔建設緑政局長−187、加藤副市長−187〕    動物愛護センターについて〔健康福祉局長−188、189〕    人権全般に関する条例について〔市長−189、市民文化局長−190〕   大庭裕子委員…………………………………………………………………………… 190    中原区の待機児童対策 もっと読む
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 4月1日時点における保留児童数と待機児童数の見込みをどう捉えているのか伺います。私たちは、民間事業者活用型の整備について、この手法は事業者からの応募がなければ計画どおり整備できないことと、園庭の確保が困難になることを指摘し、公有地、民有地を活用した整備計画に重きを置くことを求めてきました。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 待機児童対策についてです。本年4月の保育所等の新規利用申請において一時利用調整での利用保留となった割合は32.4%で、昨年と比べ減少しているものの、保留児童数は3,541人と多い状況にあります。今後、保育の受け皿の拡大と保育士等の人材の確保や育成、保育の質の確保について、今後の取り組みを伺います。  グローバル人材の育成についてです。 もっと読む
2019-02-20 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号 一方で、防犯、防災など、市民の安全・安心を担う職員でありますとか、都市内分権の推進に必要な区役所職員の増員を初め、子どもたちの命や安全・安心を確保するための子ども相談所の体制でありますとか、保育所待機児童対策の体制強化、こういったことで行政需要の変化に柔軟に対応できる体制整備に努めてきたところでございます。 もっと読む
2019-02-18 堺市議会 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号 今回の予算案でも、待機児童の解消に向けての施策が盛り込まれています。特に、10月に消費税引き上げと同時に幼児教育の無償化がスタートする予定で、これまでと同様の対応では待機児童の解消は見込めないのではないかと思います。今回の予算案を踏まえて、堺市の今後の待機児童解消に向けた考えをお示しください。  続いて医療・福祉について、予防医学という観点でお取り組みについてお答えをいただきました。   もっと読む
2019-02-12 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月12日-01号 こうした考え方のもと、平成31年度予算におきましては、安心のふるさとづくりとして、川崎らしい地域包括ケアシステムの構築や、その基盤ともなるこれからのコミュニティ施策の基本的考え方に基づく取り組みの推進、待機児童対策の継続的な推進、幼児教育・保育の無償化の円滑な実施などに取り組むため必要な予算を配分いたしました。 もっと読む
2019-02-12 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月12日-01号 次に、待機児童の解消は一刻の猶予も許されない喫緊の課題です。来年度も認定こども園等の整備により保育施設の受け入れ枠の拡大を最大限図ってまいります。  また、国家戦略特区を活用し、全国で初となる3歳児以上の子どもを預かることができる小規模保育事業所を創設するとともに、私立幼稚園での2歳児預かり事業にも新たに取り組んでまいります。   もっと読む
2019-02-04 川崎市議会 平成31年  2月総務委員会−02月04日-01号 一方、歳出は、待機児童対策の継続的な推進、学校トイレ改修工事等の教育環境整備の推進による増などによりまして、対前年度比で約225億円の増となったところでございます。   もっと読む
2018-12-20 堺市議会 平成30年第 4回定例会−12月20日-05号 よって、本市議会は、国会及び政府に対し、待機児童解消の取り組みとあわせ幼児教育・保育の無償化がより実効性の高いものとなるべく、次の事項を実現するよう強く要望する。                     記 1.幼児教育・保育の無償化の実施に当たっては、地方公共団体の著しい財政負担とならないよう、国において必要な措置を行うこと。 もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 私が就任1年目となりました平成27年4月1日の待機児童数は、397人という、政令市の中で3番目に多いという大変厳しい状況にございました。 もっと読む
2018-12-14 堺市議会 平成30年12月14日健康福祉委員会-12月14日-01号 こういうふうに申し込みがふえてきますと、ますます待機児童、受け皿になかなか入りきれない、待機児童の発生も懸念されるところであります。保育ニーズの伸びについては、市としてはどういうふうに捉えていますでしょうか。 もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 1点目が、無償化に伴い、受け入れの増加が予想されますが、どのように捉えておられるのか、待機児童対策とあわせてお尋ねいたします。  2点目が、幼稚園、保育園、認定こども園において保育士の担い手不足についてどのように解消し取り組んでいかれるのか、積極的な対応について伺います。   もっと読む
2018-12-13 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第9日目) 本文 開催日: 2018-12-13 このように充実した新制度のもとで、待機児童はどのくらいかと見ると、平成29年4月1日時点で、全国の待機児童2万6,081人のうち、0歳から2歳児が実に88.6%、2万3,114人を占めています。そして、その多くが大都市部に集中しています。就学前児童の待機問題とは、主に大都市部に集中した3歳未満児の問題であると思われます。   もっと読む
2018-12-11 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 開催日: 2018-12-11 また、本市からの新たな規制改革の提案といたしまして、保育所等における看護師等の活用を求める保育人材確保による待機児童解消の推進や診療から薬の授受までのオンライン医療を都市部で実現するためのオンライン服薬指導の実施を提案しており、11月に未来投資会議等が取りまとめた経済政策の方向性に関する中間整理におきまして、都市部におけるオンライン服薬指導の試行的実施の検討が盛り込まれるなど、提案の実現に向けた国の もっと読む
2018-12-07 堺市議会 平成30年第 4回定例会−12月07日-04号 ◎子ども青少年局長(岡崎尚喜君) 保育所待機児童対策における特区の活用についてお答えいたします。  待機児解消に向けては、受け皿の整備と保育士の確保は車の両輪であると考えてございます。市内民間保育施設からは、保育士などの募集をしてもなかなか応募がない、市内の指定保育士養成施設との連携を強化してほしいといった声が寄せられています。 もっと読む
2018-12-06 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-12-06 この子育て支援コンシェルジュの配置によってか、本市では平成26年、27年と待機児童の解消が進むなど、一定の事業効果があらわれているものと評価しているところであります。また、第3次実施計画に基づき、本年8月より、中央区に子育て支援コンシェルジュを1名増員されております。今後もさらなる制度の周知と、より丁寧な利用者への配慮が求められると考えられます。   もっと読む