4959件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福岡市議会 2019-12-10 令和元年第5回定例会(第1日)  本文 開催日:2019-12-10

保育については、2018年度当初の待機児童が40人、未入所児童は1,471人にも及びましたが、市長はこれを解消するための認可保育所新設の抜本的手だてを打たず、安倍政権が進める企業主導型保育などをふやすことで乗り切ろうとしました。その結果、とんでもない不良企業がこの枠組みに群がり、福岡市を舞台に補助金詐取事件まで起きる始末でした。  

堺市議会 2019-12-09 令和 元年第 6回定例会−12月09日-04号

本市においても高齢化の進展など社会情勢の変化に加え、保育料の無償化や待機児童対策など、本市独自の施策により市民サービスの充実に資する一方で、経常収支比率は上昇を続けております。経常収支比率の上昇は、直ちに財政運営に支障を来すものではありませんが、このまま上昇が続けば、基金の取り崩しや市有財産の売却など、臨時的収入に依存せざるを得なくなります。

堺市議会 2019-12-05 令和 元年第 6回定例会−12月05日-02号

行政が取り組む事業には、例えば認定こども園の整備のように待機児童解消への寄与を数値としてはかりやすい事業もあれば、費用対効果等を示しがたい事業もありますが、可能な限り客観的な指標やエビデンスに基づき、予算要求局と議論、協議を重ねていきます。  最後に、今後の予算編成スケジュールについてですが、現在財政局による査定を進めているところであり、来年1月に市長査定、2月に当初予算案の公表を予定しています。

大阪市議会 2019-11-28 11月28日-05号

この財源をぜひとも有効に活用していただくため、これを待機児童の解消、特に保育人材確保に活用することを提案いたします。 我が会派としましても、待機児童の解消は喫緊の課題であり早期に解消するよう強く求めてまいりました。

堺市議会 2019-10-30 令和 元年10月30日大都市制度・広域行政調査特別委員会-10月30日-01号

◎羽田 幼保推進課参事  堺市では、早期の待機児童解消をめざしまして、平成30年度から4年間で3,600名の受け入れ枠の整備を行っており、比較的整備期間が短期となります既存施設の改修による整備についても推進しておるところでございます。  このような中、現状では、先ほど委員お示しのように、国による賃貸物件に対する改修費補助の対象については、保育所と小規模保育事業所に限定されております。

新潟市議会 2019-10-15 令和 元年決算特別委員会第3分科会-10月15日-04号

今本市に足りなく必要になってくるのはゼロ・1・2歳児で,待機児童が出ないようにするためにもまず保育園をつくっていただくことと,公立保育園の今後の老朽化の対応等のため,建てかえも見込みました。小規模保育事業というゼロ・1・2歳児を専門で預かってもらう施設についてもふやして対応しているところです。

神戸市議会 2019-10-15 開催日:2019-10-15 令和元年決算特別委員会〔30年度決算〕 (意見表明) 本文

4.公共施設公園等の空きスペースを活用した保育所認定こども園の整備を推進し,保育の質の維持・向上を図りつつ,幼児教育保育無償化による待機児童の増加に備えること。  5.病児保育事業のさらなる展開のために積極的に整備を進めること。  6.大型ごみインターネット受け付けに関しては,オンライン決済を早期に導入すること。  7.地球温暖化対策食品ロスに積極的に取り組むこと。  

新潟市議会 2019-10-09 令和 元年決算特別委員会-10月09日-03号

また,保育については,待機児童ゼロを基本に計画的な環境整備に取り組んでいくとともに,多様化する保育ニーズへの対応に一層努めていきます。  次に,52ページ,保健衛生部です。(1),救急医療関係では,休日・夜間救急医療サービスの確保のため,救急診療センターの運営,病院群輪番制事業,救急指定病院への支援を行いました。  

川崎市議会 2019-10-04 令和 1年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)-10月04日-12号

次に、市政運営についてでございますが、待機児童対策の推進や小児医療費助成制度の充実などの子育て環境の整備は、私が市長に就任して以来、最優先に取り組んできた課題でございまして、平成25年度以降、認可保育所等において、新たに1万1,000人を超える受入枠を確保するとともに、通院助成対象年齢の小学6年生までの引き上げなどにも取り組んできたところでございます。

仙台市議会 2019-10-03 健康福祉委員会 本文 2019-10-03

民営化すれば定員がふえて待機児童解消に資するという、これまでの市の根拠も失われていると思います。  本会議では、子供未来局長、御答弁で、老朽化する公立保育所の建てかえに当たっては、児童安全・安心とよりよい保育環境を早期に確保する必要がある。だから、民間の力をかりるという趣旨の御答弁をされました。これがよりよい保育と言えるんでしょうか。

堺市議会 2019-10-03 令和 元年第 5回定例会−10月03日-05号

一方で│ │、待機児童ゼロの実現には至っておりません。子育て支援の最優先課題の1つとして、さらなる取│ │り組みを進めながらも、保育の質を決して下げることのないよう、保育の質と量の両輪での推進を│ │強く求めます。病児保育については、東・美原区への設置をめざすとともに、施設類型に応じた、│ │安定経営が可能な運営補助のあり方に見直していくよう求めます。

堺市議会 2019-10-01 令和 元年10月 1日大都市制度・広域行政調査特別委員会−10月01日-01号

まず、保育所等利用待機児童の解消に向けてでございます。  堺市を初め、各自治体待機児童の解消に向けた受け皿の整備に努めておりますが、少子化対策、これにつきましては国を挙げて取り組むべき問題であることから、今後も増加が見込まれます保育所などの利用申請者に適切に対応するため、さらなる受け皿の整備に向けた必要な予算の確保を要望するものでございます。  

千葉市議会 2019-09-30 令和元年決算審査特別委員会教育未来分科会 名簿 開催日: 2019-09-30

過去5年間の待機児童の推移でございますが、まず平成23年度79人、平成24年度96人、平成25年度121人、平成26年度175人、そして今年度でございますが、これまでどおりの低学年でございますが、1年生から3年生までの待機児童が210人、そして今年度より開設しました高学年、4年生以上の待機児童は154人、合計364人となっております。