248件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神戸市議会 2019-06-26 開催日:2019-06-26 令和元年福祉環境委員会 本文

27 ◯委員(堂下豊史) ここ6年間ですか,平成26年が26件,令和元年5月末時点で44件と1.7倍の許可事業数の推移としては実態の御報告があったわけですけども,やはり今後も全国的な傾向でしょうけども,建設残土の受け入れ事業というのはどんどん増加傾向であることは読み取れると思いますので,やはり先ほどからの質疑の中でありますように,まずは国に対して法整備をしっかりと

川崎市議会 2019-03-07 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号

そこでお伺いしたいと思うんですけれども、川崎の公共建築物建設残土等を、昔は入江崎総合スラッジセンターの横にある建設センターで預かって処理していましたが、今はお金を払って他の都市に引き取ってもらっている。例えば、こういう建設残土の活用を含めて、緊急の浮島地区における浸水対策というものも講ずるべきではないかなと思いますが、まず環境局長の見解を伺いたいと思います。

札幌市議会 2018-06-28 平成30年総合交通調査特別委員会−06月28日-記録

本日いただいたテーマでございますが、北海道新幹線と建設残土ということでご紹介させていただきます。詳細は、お手元の資料に詳しい中身を書いております。パワーポイントでお示しするのも同じ中身でございますので、もし見にくいところ等がございましたらお手元の資料をごらんいただければと思います。話はなるべく短くして、できれば45分以内で終わるつもりでおりますので、質疑に時間をとらせていただきたいと思います。  

川崎市議会 2017-08-30 平成29年  8月環境委員会-08月30日-01号

その中で懸念される内容として、大深度の建設残土というか、掘削残土が出てきたときについては、市がしっかりと間に入って、残土についても一定の基準を設けて、必要なものを埋立地に入れるということでよろしいんですね。まず確認です。 ◎高橋 整備計画課長 山田委員がおっしゃられたとおり、私どものほうも埋立用材を受け入れる立場として適正に管理していきたいと考えております。

川崎市議会 2017-06-16 平成29年  6月環境委員会-06月16日-01号

そのときに局長がお答えになっている答弁は、東扇島堀込部の埋立事業につきましては大規模な事業から発生する建設残土等を想定しておりますが、具体的な内容につきましては公有水面埋立許可の出願に当たり議会に対して報告してまいりますという御答弁でした。これ自身が間違っているわけではありませんけれども、でもこのときには実際にJR東海の申し入れが皆さんの頭の中にあって、それを検討していかなければいけない。

大阪市議会 2017-06-06 平成29年6月常任委員会(建設消防)-06月06日−01号

次に、71ページの夢洲・舞洲地区につきまして、これらの地区は、良好な都市環境の保全や公害防止、大阪港の機能強化を目的として、一般廃棄物のほか、公共事業により発生するしゅんせつ土砂や建設残土を活用して整備してまいりました。現在では、夢洲地区においてこれら廃棄物や土砂等の受け入れを継続して行っております。  

大阪市議会 2017-03-09 平成29年3月定例会常任委員会(建設消防・通常予算)-03月09日−03号

平成33年まで普通にいったら使えるのを、急速施工するわけですけれども、そうじゃなかったら平成33年まで大事に建設残土とかを埋めていけるということなので、その辺のところはしっかり粛々と港湾局としてはやっていただきたいと思いますし、夢洲の2区のほう、全部が埋まってしまうには、もっともっと先まで使えるということでございますので、大事な埋め立て用地ということで、いつか市長がこの夢洲は負の遺産やなんておっしゃってましたけれども

名古屋市議会 2017-03-08 平成29年  2月 定例会-03月08日−04号

名城非常口工事は、こちらのパネルとお手元の図に示したように愛知県警本部東側の公園跡地に直径40メートル、深さ90メートルの立て穴を掘るもので、JR東海によれば非常口の建設に伴う建設残土の量は約10万立方メートル。10トントラックにして約1万7000台分です。  

相模原市議会 2017-03-02 平成29年  3月定例会議-03月02日−03号

リニアの建設工事をすれば建設残土が発生するわけですが、リニアから出る土砂は、この条例の対象となるのでしょうか。JR東海は対象になるのか、端的にお答えいただきたいと思います。  産業廃棄物としてのリニア建設の汚泥は、面積や搬入土量、事業者が明らかになった際に適切に判断するとのお答えでしたが、一般的に市はどんな指導を事業者にしておられるのか伺います。  以上で、私の2問目を終わります。

浜松市議会 2016-03-11 平成28年  3月 環境経済委員会-03月11日−01号

◆酒井豊実委員 建設残土による汚染について、三遠南信自動車道のトンネル工事による残土について佐久間町浦川地域から吉沢地内への搬入が始まりましたが、大千瀬川から天竜川水域への重金属類の影響について把握しているのか伺います。愛知県東栄町にも先行して埋め立てされており、これも大千瀬川につながるものです。

川崎市議会 2016-03-01 平成28年 第1回定例会−03月01日-04号

川崎市の公共工事の積算単価で、建設残土の浮島処分場の処分単価は1立米当たり3,790円しか見込んでいません。それを基準にすれば、140万立米はわずか53億円にしかなりません。答弁では、これらの費用も新年度の調査で算出するとのことです。東扇島の輸出用完成自動車の生産・製造過程にかかわっている川崎市内の雇用者数については、日本全体の関連産業の就業人口割合を述べられただけでした。

浜松市議会 2015-09-30 平成27年  9月 定例会(第3回)-09月30日−15号

また、日常業務の繁忙さに加えて、防潮堤建設の土砂確保や高規格道路トンネル建設残土処理場確保、原田橋事故対応と新橋建設、橋やトンネルの老朽化対策、地震対策、連続する災害対応など、道路課や土木整備事務所に荷重な仕事が押し寄せている現状は明らかに緊急事態であり、技術専門職員の増員は急務だと考えます。増員の方針と緊急対応について市長に伺いまして、1回目の質問を終わります。

相模原市議会 2015-09-09 平成27年  9月 建設委員会-09月09日−01号

ほとんどは建設残土だが、コンクリートがらや木片、れんが片が一部出ている。水質汚濁については、平成10年当時に県の環境科学センターが、水路が行く下倉川のところで水質調査を実施しているが、有害物質の項目は検出されていない。 ◆南波秀樹委員 20年前のことで、平成10年に1回、水質検査をされたということだが、長期間かけて定期的に水質に問題がないかとか、継続的な確認というのは考えていらっしゃるのか。

静岡市議会 2015-09-04 平成27年9月定例会(第4日目) 本文

この時期に及んで、360万立方メートルの建設残土処理についても、JRの考えは二転三転し、苦慮している様子がうかがえます。  これまで本市が独自の環境調査を実施していると表明されておりますが、その後、環境影響についてどのような課題があるのか、伺いたいと思います。  静岡市域における建設工事に関しては、契約手続など具体的な進捗状況が見えていないありさまであります。

新潟市議会 2015-03-11 平成27年 3月11日環境建設常任委員会−03月11日-01号

◎佐藤弘 公園水辺課長  今盛り土材を入れていますが,これはほかの工事で出た建設残土を入れています。工事は来年度から本格的に実施していきます。PRですが,どのような形がいいのか,市報等を利用してやれるのか,これから東区とも相談しながら進めていきたいと考えています。 ○古泉幸一 委員長  ほかにございませんか。                    

大阪市議会 2015-03-03 平成27年3月定例会常任委員会(財政総務・通常予算)-03月03日−02号

2つ目は、工事着手後、建設残土から環境基準を超えるフッ素が検出されましたため、土壌汚染範囲等を詳細調査するとともに、汚染残土の処理方法の検討や対策工事を行う必要が生じたことでございます。  最後に、建設する区民ホール部分の天井は高さが6メーター、面積200平米を超えましたため、国が定めます特定天井仕様に変更する必要が生じたことでございます。  

相模原市議会 2015-02-27 平成27年  3月定例会議-02月27日−03号

建設残土の不法投棄をした行為者への請求の経過についても伺います。  当該地は、当初は国有地でしたが、途中で市有地になっています。その経過を伺います。このことは議会の議決案件にならなかったと思いますが、なぜならないのか、また、ならないとしても極めて重大な問題ですから、きちんとした説明や情報提供が行政当局から議会、議員に対してなされるべきではなかったでしょうか。事実確認と見解を伺います。  

相模原市議会 2015-02-26 平成27年  3月定例会議-02月26日−02号

次に、葉山島の水路機能回復事業でありますが、長年、課題となっていた水路機能回復事業について、いよいよ始まることとなりますが、今定例会議では、あわせて、水路の建設残土の不法投棄による損害賠償請求の訴えの提起に関する議案も提出されております。そこで、今回、なぜ、この時期に訴訟を提起するのかを、まず伺います。