780件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

相模原市議会 2018-12-20 平成30年 12月定例会議-12月20日−07号

こうした状況を踏まえて、元防衛官僚で、小泉、安倍、福田、麻生内閣内閣官房副長官補として日本安全保障政策の中軸を担ってきた柳澤協二氏を初めとするシンクタンク、新外交イニシアティブは、日米安保体制を前提とし、その安定的な基盤を守るという立場から、辺野古新基地建設問題の解決に向けた提言を昨年7月に発表しました。

北九州市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月13日−02号

改めて3期11年半の北橋市政を振り返ってみますと、北橋市政が誕生した2007年の市長選挙は、前市長の後継である元国土交通省官僚市民団体推薦の元大学教授と三つどもえの選挙となり、前市長の多選批判から多選自粛条例の制定、市長退職金の廃止、採算のとれない大型箱物への税金投入はやめますの3つの公約を大きく掲げた北橋市長が勝利しました。

堺市議会 2018-06-20 平成30年 6月20日健康福祉委員会-06月20日-01号

重症心身障害児(者)を守る会の大会に初めて池田勇人内閣だったそうですけれども、池田さんからかわって佐藤内閣になったばっかりのころらしいんですけど、橋本登美三郎当時の官房長官が重症心身障害児の親御さんの方々の思いを聞いた後、用意していた厚生労働省官僚が書いた祝辞をぽんと机に置いて、皆さんの思いを受けとめるだけの優しさが政治になかったとおっしゃって、そこからがコロニーが佐藤内閣のときのというのをずっと見

仙台市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第4日目) 本文 2018-06-15

参議院本会議で可決される一カ月の間に、財務省事務次官官僚自治体首長らによる相次ぐセクハラ事件や、それへの不適切な対応、さらには二次被害を引き起こすたび重なる発言によって、政治状況がいかにセクハラに鈍感で、世間の常識とも離れていることが露呈されました。このことも相まり、法案の必要性が深く認識されるようになったと思われます。  

北九州市議会 2018-06-07 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月07日−03号

先般の財務省官僚の女性記者に対するセクハラ事件被害者告発によって明らかになり、それに対する所管大臣のコメントが更に被害者を傷つけるという、セカンドハラスメントの問題にも発展したことにがく然とする一方、これが現在の日本におけるセクハラ意識の低さを示しているのではないかと思った次第です。  

札幌市議会 2018-05-24 平成30年第 2回定例会−05月24日-03号

また、統廃合が行われることを知らない住民も多く、それを知ると、12学級以下だからと統廃合の対象校にするのは機械的過ぎる、地域住民の意見に耳をかさないのは余りにも官僚的で納得いかないといった声も多数あり、不安や懸念が尽きません。  1点目は、基本方針の中で、検討期間の長期化と参加者負担の増大と記されている点についてです。  

相模原市議会 2018-03-23 平成30年  3月定例会議-03月23日−07号

しかし、一官僚にすぎない理財局長やその部下が、大臣首相官邸と事前のすり合わせもなく国会答弁をしたり、公文書である決裁文書削除改ざんして国会に提出するなどということはあり得ません。主権者である国民に真実が明かされ、責任を負うべき立場の者がその責任をとることを国民は望んでいます。  こうした国の悪政に対して、働く者の立場に立ち、市民生活を支え、応援する市政が求められています。  

新潟市議会 2018-03-05 平成30年 2月定例会本会議−03月05日-07号

そして,まるで弱みでも握られているかのように相手の求めに応じ,やすやすと反省と謝罪を繰り返してきた我が国政府首脳や外務官僚存在。このような,日本の国内に存在した,いわば亡国のトライアングルと韓国側の思惑が相まって,ありもしない従軍慰安婦という聞くにたえない作り話がでっち上げられ,ひとり歩きしてしまっている現状です。  

神戸市議会 2018-02-04 平成30年第1回定例市会(2月議会)(第4日) 本文

今回の副市長の選任は,久元市長と同じ総務省官僚であり,元部下であった寺崎秀俊氏を新たな副市長に,そして岡口憲義氏を再任しようという内容です。副市長は言うまでもなく市長の補佐役として,市長が不在のときはその職務を代行する重要なポストです。だからこそ市民の目線で責任を果たせる人物こそが望まれるのではないでしょうか。  

堺市議会 2017-12-13 平成29年12月13日総務財政委員会−12月13日-01号

もちろんこれは相手が省庁官僚だったりあるいは国会議員だったりその秘書だったりするかもしれませんが、それを接待しろと言ってるんじゃないんです。自分の参加費としての3,000円なり5,000円なりかもしれませんが、そういった部分は、やはりこれは仕事として考えるべきではないかと思っています。