971件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号 基地問題を通じ、今全ての自治体、全ての議会、全ての議員に突きつけられているのは、国と自治体のあり方、安全保障と住民補償のあり方であります。沖縄の現実を許し、強行を許せば、いつか我が町も同じことになる、この危険性を強く危惧いたします。  意見書にありますように、新基地建設予定地はマヨネーズ状の超軟弱地盤です。 もっと読む
2019-03-08 仙台市議会 平成31年度 予算等審査特別委員会(第12日目) 本文 2019-03-08 112: ◯企画財務課長  今御指摘ございました推計でございますが、こちらは水の安全保障戦略機構が、人口減少や更新需要増大を考慮いたしまして、一定の条件のもとで赤字経営とならないために必要な料金改定の率と時期を試算したものでございます。本市の場合は、2024年に22%の改定が必要と見込まれておりまして、2040年時点の水道料金の予測値といたしましては4,251円となってございます。 もっと読む
2019-01-31 川崎市議会 平成31年  1月総務委員会-01月31日-01号 まず、昭和27年4月ですが、サンフランシスコ平和条約が発効し、日本の独立を回復するとともに、これとあわせて、米軍の駐留について取り決めました昭和35年の改定前の日米安全保障条約と現在の日米地位協定の前身となる日米行政協定を発効しました。   もっと読む
2018-12-13 千葉市議会 平成30年議会運営委員会 本文 開催日: 2018-12-13 23 ◯委員(白鳥 誠君) 沖縄県民の感情に関しては非常に同意する部分もあるのですが、安全保障等のいろいろな考え方もありますので、この意見書に関しては賛同いたしかねます。 もっと読む
2018-12-07 北九州市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月07日−03号 これまで国防、安全保障や国民の権利義務などさまざまな論点において議論が行われてきました。憲法に対してさまざまな立場からさまざまな主張が唱えられています。議論が深まることは、民主主義の原則からしても好ましいことであります。  また、そうした個々の主張がありながらも、憲法のあり方については、最終的には国民の一人一人が判断するものであります。 もっと読む
2018-12-06 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-12-06 市内の幕張メッセや市内施設で開催することについて、市長が発信したメッセージや世界の恒久平和に反すると考えないのかについてですが、2017年に開催されたマスト・アジアは、海上防衛・海洋安全保障に関するシンポジウム、論文発表、展示会を組み合わせた国際イベントで、防衛省、経済産業省、外務省が後援しており、防衛装備庁の施策や我が国の製造業が有する高い技術力の展示等が行われたと聞いております。   もっと読む
2018-12-06 北九州市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月06日−02号 いずれにしても、自衛隊施設の整備を初め、国の安全保障にかかわる最終的な判断は国の責任において行われるべきでありますが、施設整備等により住民生活へ深刻な影響を与えるものもあることから、政府においては、こうした事情も考慮した上で適切な判断がなされるものと考えております。   もっと読む
2018-12-06 堺市議会 平成30年第 4回定例会−12月06日-03号 エネルギーの資源に乏しい我が国にとって、水素エネルギーは、エネルギーの安全保障と地球温暖化対策の切り札として期待されております。水素の利用を進めることは、産業の振興とともに環境に優しい持続可能な都市づくり、SDGsの位置づけにつながると思います。国において、昨年12月に水素基本戦略が策定され、2050年を視野に入れた水素社会実現に向けた方向性、行動計画等も示されたところでございます。   もっと読む
2018-09-28 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第2日)−09月28日-07号 そういう発想で病院経営を論じる方もおられますけれども、行政はいわば安全保障NPOですから、地域医療も安全保障の一つだと私は思いますので、会計制度上の制約はもちろんあるんですけれども、間違っても単年度の黒字化に執着するようなやり方だけはやらないでほしい。 もっと読む
2018-09-18 千葉市議会 平成30年議会運営委員会 本文 開催日: 2018-09-18 48 ◯委員(川合隆史君) この内容に関しては本当に理解する部分もありまして、価格に関してはなかなかこう、透明感のある価格でもないですし、国のほうでも相当議論されている部分があるんですけれども、この意見書案に関しての、どちらかというと安全保障の問題も、大きなファクターもありますので、この内容に関しては賛同いたしかねます。 もっと読む
2018-09-13 川崎市議会 平成30年 第3回定例会-09月13日-04号 次に、オスプレイの配備についての御質問でございますが、安全保障に関することは国の専管事項でございますが、オスプレイの配備に当たりましては安全対策の徹底など市民生活に最大限の配慮がなされるべきものと考えております。  人権全般に関する条例についての御質問でございますが、初めに、既存の個別条例との関係につきましては、その整合などに配慮し、条例骨子の検討に着手したところでございます。 もっと読む
2018-09-11 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月11日−04号 この賢人会議は、核軍縮、不拡散や安全保障の分野で活躍する核兵器国と非核兵器国、双方の有識者16名で構成されております。取りまとめられた提言では、まず安全保障の現実に直面し、核抑止の必要性を認める立場と人道的観点等から核兵器の即時廃絶を求める立場があり、異なる立場の国々の対話が困難になっているとの現状認識が示されています。 もっと読む
2018-09-03 堺市議会 平成30年第 3回定例会−09月03日-02号 まずSDGsとは、誰一人取り残さないという理念のもと、持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のために、2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択された2030年を年限とする17の国際目標であり、1つ、普遍性、先進国を含め全ての国が行動、包摂性、人間の安全保障の理念を反映し、誰一人取り残さない、参画型、全てのステークホルダーが役割を、統合性、社会・経済・環境に統合的に取り組む、透明性、定期的 もっと読む
2018-06-26 堺市議会 平成30年第 2回定例会−06月26日-08号 それは、安全保障関連法案により集団的自衛権の行使が可能となる自衛隊であり、憲法違反の安全保障関連法案を合憲にしようとする、すなわち海外で戦争できる国に変えようとすることに他ならない。  また、安倍首相は「憲法に自衛隊を明記しても何も変わらない」とも主張しているが、何も変わらないなら、国民投票までして憲法を変える必要はない。   もっと読む
2018-06-21 広島市議会 平成30年第 2回 6月定例会−06月21日-02号 ユニタール広島事務所では,開発途上国の外交官や公務員,開発途上国出身の国連・専門機関等の職員を対象として,紛争後の復興や国際平和,安全保障に関する研修プログラム等を実施しています。こうした事業は,本市の被爆の実相や復興の歴史を学ぶ機会にもなっており,広島から平和のメッセージを発信する役割も果たしています。 もっと読む
2018-06-21 堺市議会 平成30年 6月21日産業環境委員会−06月21日-01号 それは技術的にも安全保障面でもそうです。それと、今の時代はグローバル産業です。実際にグローバルプレーヤーとしては、今数社しか残っていない。100席以上で2社、100席以下で2社、新興で3社ということであります。  それと、もう一つは、今、航空機産業においては、開発遅延が発生していますけれども、安全認証です。安全認証を、政府といいますか、行政が担うのにも数十年かかる。 もっと読む
2018-06-12 北九州市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月12日−04号 朝鮮半島をめぐる情勢のこうした方向への変化は、北東アジアの安全保障に大きな影響を与えます。これまで平和安全法制としての戦争法や憲法第9条の改正を企てる口実とされてきた北朝鮮脅威論も、また、沖縄を初めとした在日米軍基地の問題も改めて問われることになります。今こそ日本政府は従来の対話否定、圧力一辺倒の立場を根本から改め、外交戦略を確立し、対話による北朝鮮問題の解決に真剣に取り組むべきです。 もっと読む
2018-05-22 京都市議会 平成30年  5月 定例会-05月22日−03号 共同通信の調査では,日本が戦後73年間,海外で武力行使をしなかったのは9条があったからこそと答えた人が69パーセント,朝日新聞の調査では,安全保障を考えるうえで軍事面より外交や経済など非軍事面がより重要との回答が82パーセントに上り,安倍政権の下での憲法改正に58パーセントが反対と答えました。 もっと読む
2018-03-23 札幌市議会 平成30年第一部予算特別委員会−03月23日-09号 パリ協定の採択、発効を機に、国際的に脱炭素化の動きが加速している中、我が国では、エネルギー安全保障と温暖化対策の切り札として水素エネルギーの利活用を推進しており、平成26年に世界に先駆けて燃料電池自動車の販売が開始されて以降、4大都市圏を中心に水素ステーションの整備が進められ、自動車における水素エネルギーの利活用が広がってきております。 もっと読む
2018-03-16 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  2月 定例会-03月16日−08号 この間、我が国を取り巻く安全保障環境は大きく変容し、国際社会の平和と安定のために期待される役割が拡大するなど、憲法制定時には想定できなかった課題への対応が求められてきました。憲法規範と現実との乖離を埋めるべく、自衛隊の位置づけや集団的自衛権の行使の是非など、議論が続けられてきました。   もっと読む