473件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2020-12-14 令和2年第4回定例会(第5日目) 本文 2020-12-14

大震災後の五月、中国温家宝首相被災地を訪れたエピソードなどを契機に、奥山市長が貸与の希望をお伝えいただいた二〇一一年九月に端を発して以来、九年を過ぎました。具体的な時期などはまだ正式に決まっていません。ジャイアントパンダは国際的な保護動物なので、仙台に来るためには、学術研究目的として中国側と協定の締結などが必要となります。

仙台市議会 2020-09-16 令和2年第3回定例会(第6日目) 本文 2020-09-16

郡市長は、藤井、梅原と続いた市政の基本を継承した奥山市長の推薦を受けた候補者と共に立候補され、激しい市長選を戦い抜かれ、当選をされました。この三年間の市政運営を拝見すると、基本的な政策は継承され、市政の安定的な運営に意を注がれてこられたと感じるところであります。この点に関して市長の御認識はいかがですか、お尋ねをいたします。  

仙台市議会 2020-05-21 総務財政協議会 本文 2020-05-21

この震災メモリアル拠点については、奥山市長のときにまさしく中心部とか周辺部という話じゃなくて、震災メモリアル拠点をつくるという話が出たわけですよね。ところがいつの間にか、周辺部という言い方は失礼だけれども、荒井駅の交流館ですか、それから荒浜の遺構と、そしてさっぱり進まない中心部拠点という感じになってまいりました。

仙台市議会 2020-03-05 令和2年度 予算等審査特別委員会(第9日目) 本文 2020-03-05

梅原市長のときにこれが採用されて、奥山市長でも継続されました。そして、郡市長もこれを是としていただいて継続していただいております。私は成果が上がってきていると思うひとりですけれども、評価とそれから進めれば進めるほど新たな課題も出てきておるはずでございます。どのような御認識でしょうか。

仙台市議会 2020-02-28 令和2年度 予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2020-02-28

仙台市は、これは奥山市長時代なのですけれども、2017年3月に持続可能な都市と地域を目指す自治体協議会イクレイから脱退したと聞いております。京都市気候変動担当者は、東京にあるイクレイ日本事務局に1年間出向したことを機に、気候変動対策に目が開かれたとシンポジウムの場で発言しております。

仙台市議会 2019-10-09 平成30年度 決算・一般会計補正予算等審査特別委員会(第1分科会) 本文 2019-10-09

次に、児童館について、前奥山市長教育長も御経験され、子供たちをしっかりと見守るために、小学校学区整備され、議会のさまざまな御議論で対応し、受け入れ年齢の拡大や場所の確保など対応していますが、決算年度の実績と事業評価と今後の課題についてお伺いいたします。

仙台市議会 2019-10-04 平成30年度 決算・一般会計補正予算等審査特別委員会(第1分科会) 本文 2019-10-04

けれどもその総合教育会議奥山市長がつくったきりでまだ変わっていない。形も随分ちぐはぐです。もう一回見直していただきたいと思います。あのときの事情があったから、いじめをぼんと書いて、とんとんとんと書いた事情もあるのはわかるんだけれども、いつまでもこれでいいんだろうかと。いずれこれも見直ししていかなければいけないと思います。  

仙台市議会 2019-10-03 都市整備建設委員会 本文 2019-10-03

ですから、そういう方々に対してやはり安心して暮らし続けることができる、もとの暮らしを取り戻すことができるような環境をつくるというのがまさに、郡市長も前の奥山市長もお一人お一人に寄り添ってきめ細かな対応をしてまいりますと言ったことの具体的な事柄ではないのかと思うんです。  それで、入居収入基準を引き上げればそれ相応の家賃は市には収入として入るわけです。

仙台市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第2日目) 本文 2019-09-26

当時の奥山市長の強い思いがあったとも聞いています。東日本大震災であれだけのことがあったのだから、それを深く心に刻んで生きていくことはもちろん重要であります。  しかし、残された私たちにとってより重要なのは、これまで以上の災害があったとき、どうすれば家族の命を守れるだろうかということではないでしょうか。市民方々対象とする災害訓練センターというものが本市にはありません。

仙台市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第5日目) 本文 2019-06-18

当時の奥山市長は、未来ある子供たちが安全に安心して通学できるよう、通学路環境を整えることは行政の大事な役割の一つと御答弁いただいています。郡市長は、就任以降、対策が必要とされる場所現地確認を行ったかを伺います。そして、どのように感じているのか、御所見をお伺いいたします。  次に、公園周辺路上駐車対策渋滞緩和策について伺います。  あすと長町中央公園路上駐車対策についてであります。  

仙台市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文 2019-06-17

この間、奥山市長から郡市長へとバトンが引き継がれたわけですが、多くの市民は、本市の復旧、そして復興について一定の成果を上げているとの認識に立っていると考えます。  私は、先月末に気仙沼市の震災遺構である伝承館を調査したほか、気仙沼市内各所についても、概括的ではありますが調査をしてきました。  

仙台市議会 2019-03-08 平成31年度 予算等審査特別委員会(第12日目) 本文 2019-03-08

奥山市長のときに一度お伺いしたのですが、ピラミッド理論というのがありまして、高度成長のときにインフラ整備をして、50年、60年後に同じピラミッドが必要になると。国で考えますと8.1兆円ですね。50年かかる。これは大変難しい話なんですが、公共施設マネジメントでも本市もシミュレーションをしております。仙台市のピラミッドの大きさは4.2兆円です。

仙台市議会 2019-03-07 平成31年度 予算等審査特別委員会(第11日目) 本文 2019-03-07

ところが、学都仙台フリーパスを本格実施した2010年度、当時の奥山市長施政方針でこんなふうに言っています。公共交通利用促進の観点から、全ての学生、生徒を対象とした学都仙台市バス・地下鉄フリーパスを本格実施してまいりますと、いかにも市の施策であるかのように述べています。市長施政方針で述べるということは、市の施策として位置づけているからではないでしょうか。当時を知る藤本副市長に伺います。

仙台市議会 2019-03-01 平成31年度 予算等審査特別委員会(第7日目) 本文 2019-03-01

復興住宅入居者の皆さんは、おひさまと安心のくらしを返せ住民の会をつくり、2017年7月、奥山市長に対し日照被害にかかわる要望署名を提出しました。各住戸の北側に明かり取りの窓を設置太陽光採光システム設置、住環境の著しい悪化を考慮し家賃を引き下げること、この3点の要望です。これらの要望はいまだ実現していません。  

仙台市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 2019-02-20

八年前の東日本大震災からの復旧を着実に進めた、スペシャル役所ウーマン奥山市長  本市は、あの東日本大震災から復旧をなし遂げ、着実に復興が進んでおります。三・一一は過去に例を見ない仙台市の大ピンチでありましたが、東北、仙台市が世界中に知れ渡り、津波という言葉世界標準語になりました。  しかし、今、改めて振り返ってみますと、仙台市の政策の中に、世界の中の仙台市という視点が欠けていた。

仙台市議会 2019-02-15 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 2019-02-15

市役所本庁舎の建てかえ約四百億円、音楽ホールの建設約二百億円、さらに中心部への震災メモリアル施設整備、そして市立小中学校などへのエアコン設置と、奥山市長時代を上回る規模であります。少子高齢化人口減少社会を前にして、財政的に本当に大丈夫なのかという心配する声も一部にあるようですが、この点についてもあわせて市長の御認識を伺うものであります。  質問の第二は、いじめ防止条例案に関してであります。  

仙台市議会 2019-02-14 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 2019-02-14

最後に、平成二十九年第一回定例会、くしくも前奥山市長最後となった所信表明で、冒頭、「千年に一度という未曽有の大災害から、私たちは、復興に向けた長く険しい山を登ってまいりました。そして今、目に映るのは、なお山並みは続く中にも雲間に一筋の陽光が差し込む光景であります」と、冷静沈着な奥山市長から出た言葉かと。詩的であり、情景が浮かび上がってくる表現であります。