運営者 Bitlet 姉妹サービス
1199件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2018-12-07 345 ◯環境局長(米満 実君) 平成25年3月に策定した再生可能エネルギー等導入計画では、2020年の目標年度までに太陽光発電を基準年度である平成22年の約40倍とするなど、太陽光、太陽熱といった再生可能エネルギー等の種類ごとに目標を掲げ、市域への再エネ導入の機運を高めるとともに、導入施策を推進してまいりました。   もっと読む
2018-12-05 堺市議会 平成30年第 4回定例会-12月05日-02号 実はわからないというのは、実は私、先月の末11月30日に41歳になったばかりでありまして、本当に生まれる7年前ですか、なので、残ってた太陽の塔とか、ああいうテレビの報道とかその部分ぐらいしか認識がございません。この後、最後に残ってる渕上議員は今月が誕生日なので。(「きょう」と呼ぶ者あり)  きょうでしたか、おめでとうございます。 もっと読む
2018-11-07 堺市議会 平成30年11月 7日子どもと女性が輝く社会実現調査特別委員会−11月07日-01号 また、渕上委員のほうからありましたように、やはり反面と言いましたらあれですけど、やっぱり外で遊ぶ、太陽が出てるときに遊ぶという中で大変大きな効果もあるということで、この間テレビで、やっぱし太陽を浴びると早く寝れるというか、いい睡眠ができるとか、また目の視力にとってもいいというようなそういうことがいろんな面で、単なる外で遊べば子どもとして健全に育つということプラスいろんなデータが今進んでおりますので、 もっと読む
2018-09-27 千葉市議会 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2018-09-27 私なりの理解では、熱中症対策の指標となるのは、気温の温度そのものよりも、日本の夏の独特の湿気や太陽から地表に注がれる熱エネルギーである日射のほうがより重要であると考えます。 もっと読む
2018-09-01 神戸市議会 平成30年第2回定例市会(9月議会)(第5日) 本文 岩井金属工業事件,神谷商事事件,太陽自動車北海道交運事件について,東京裁判判決は,長く続いた労使慣行の事実からすれば,その一方的廃止は不当労働行為を構成するという判断を示している。労使の合意がない場合は,しかるべき合理的理由があり,それなしにされた場合は不当労働行為,すなわち支配介入であり,かつまた使用者の労働組合に対する不当行為が成立すると,こういうふうになります。 もっと読む
2018-07-25 京都市議会 平成30年  7月 教育福祉委員会(第9回)-07月25日−09号 やっぱり直接太陽の光がどんどん当たると,どんどん温度は上がってくるので,一定遮られて,その温度上昇を防いだりとか,あと水を足したり,途中で冷たい水を足すだとか,そういった工夫などをすれば,温度が下がって,子供たちが楽しみにしているプールに入れるんじゃないかなという風にも思いますし,また,色々事故等の関係もあって監視員を置くというようなこともやられてきたということが,この暑さ対策にも私は十分対策になっているのではないかという もっと読む
2018-07-25 神戸市議会 開催日:2018-07-25 平成30年福祉環境委員会 本文 このような中,平成30年度は,神戸市環境マスタープラン等に基づき,市民・事業者・行政など全ての主体の協働と参画により,自然と太陽の恵みを未来につなぐまち・神戸として,二酸化炭素の排出が少ない暮らしと社会,資源を有効活用し,ごみができるだけ発生しない暮らしと社会,生物が多様で自然の恵みが豊かな暮らしと社会,安全・安心で快適な生活環境のある暮らしと社会の実現に取り組み,先人が育んできた神戸の豊かで美しい もっと読む
2018-06-27 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月27日−05号 太陽光発電は、小中学校の理科、中学校の技術家庭科において扱われており、授業では太陽電池が電気をつくっていることや、太陽光発電などの科学技術の利用と環境保全について学んでおります。 もっと読む
2018-06-26 川崎市議会 平成30年 第2回定例会-06月26日-07号 ◎環境局長(大澤太郎) 太陽光・太陽熱の利用状況についての御質問でございますが、太陽光発電設備につきましては、2016年度末の推計で約7万7,000キロワットとなっておりまして、その主な内訳は、市の住宅用補助金を活用したものが約2万3,000キロワット、臨海部の川崎大規模太陽光発電所が2万キロワット、市の公共施設が約4,000キロワット、市の補助金以外の固定価格買い取り制度に基づくものが約2万8,000 もっと読む
2018-06-15 川崎市議会 平成30年  6月文教委員会−06月15日-01号 ですから、まず市民の皆さんに対して英国と結ぶと言ったときには、ただ単に事前キャンプで来るとかではなくて、まず英国が発祥の地で、そしてそこから学んだ――きのう、私たち、代表質問で太陽の家の話をしましたよね、中村裕先生のお話をしました。パラ発祥の地のイギリスで学んだ中村先生が、まず日本のパラリンピックの父ですよと。 もっと読む
2018-06-14 川崎市議会 平成30年 第2回定例会-06月14日-03号 我が会派はこれまで、この中村先生が立ち上げた社会福祉法人「太陽の家」の障害者就労施設、スポーツ施設などを視察、調査研究し、本市が掲げるかわさきパラムーブメントの問題点を繰り返し指摘してきました。本市はイベント開催やグッズの製作、各区のスポーツセンターの利用を変更するなど一定の取り組みは行っていますが、本市が他政令市と比較しおくれている障害者スポーツセンターの整備については、いまだゼロ回答です。 もっと読む
2018-06-13 川崎市議会 平成30年 第2回定例会-06月13日-02号 ヒマワリは日の光が当たらずとも太陽に向かって咲く、運がないと思っても、真心を込めて行動するのみとの意が込められております。たとえいかなる逆境においても、政治にはその困難を克服する責務があり、また、羽田空港に隣接する本市は大きな可能性を秘めています。 もっと読む
2018-06-04 熊本市議会 平成30年第 2回定例会−06月04日-01号 先生のお人柄といえば、まるで太陽のような方でありました。いつも穏やかな笑顔で周りを照らしておられました。お酒をこよなく愛され、先生と宴席で御一緒させていただくと、いつも明るく楽しい時間を過ごさせていただきました。今となっては、先生と酒を酌み交わし、豪快に笑い、議論することもできなくなり、残念でたまりません。   もっと読む
2018-05-30 横浜市議会 平成30年 こども青少年・教育委員会 まず1点確認したいのですが、校舎の論議があるかと思うのですが、児童たちにとって一番必要なのは、日差しがちゃんと当たって、太陽の下で運動場を駆け回ったり、授業を受けられたり、そういうところかと思うのですが、その辺について、校舎というのは、どんなところを配慮して配置されたかというお話を聞かせていただけますか。 もっと読む
2018-05-24 京都市議会 平成30年  5月 総務消防委員会(第4回)-05月24日−04号 次に,わがまち特例の再生可能エネルギー関連についてなんですけれども,これ,説明を見ていますと,風力発電設備と地熱発電設備は規模の小さいものの固定資産税を高くする,軽減率を低くするので,だから当然固定資産税が高くなってしまうわけですけれども,こういうことになっているんですけれども,これ,他の太陽光とか水力とは別なんですね。 もっと読む
2018-05-22 京都市議会 平成30年  5月 定例会-05月22日−03号 改めて,太陽光はもとより,太陽熱,水力,風力,バイオマスなど再生可能エネルギーを市民に身近なものとして実感していただくことで,より理解を深め,率先して使用する機運を高めていくことや,関西電力をはじめとする電力供給事業者に,再生可能エネルギーの割合を高めていくよう積極的に働き掛けるなど,更に使用を広げていく取組が重要と考えますが,いかがお考えでしょうか。  次に,紙ごみ削減についてお伺いいたします。 もっと読む
2018-05-21 広島市議会 平成30年 5月21日建設委員会-05月21日-01号 8時15分だと太陽の角度とか、原爆ドームがあって、朝なんで東から当たると。そしたら、ちょっと西側が暗くなると。というような見え方です。であれば、影があっちゃいけないので、やはり南北線の線上の後ろですね、南側に太陽が来たときとか。であれば、真っすぐ太陽が当たりますんで、正面に慰霊碑の影が後ろに来ると。原爆ドームは真っすぐ太陽に照らされる。そしたら影がない。 もっと読む
2018-05-08 京都市議会 平成30年  5月 文化環境委員会(第3回)-05月08日−03号 例えば太陽光発電においても,日が当たらなければエネルギーできないよという風に言われてるけど,日が多少当たらなくてもエネルギーができるようにし,あるいは太陽が照ってるときに発電した電源を蓄電をするためのいろんな手立て,あるいは風力についても,プロペラだけではなくてメガネ風車と言われているような新しい,台風とか突風が来たときにいろんな影響が起きなくてもいいように,あるいは多少の風でも回るような,こういういろんな もっと読む
2018-03-23 札幌市議会 平成30年第一部予算特別委員会−03月23日-09号 2030年代になると、設備の大半を占める太陽電池モジュールの排出量は国内では1年間で80万トンに達するとも言われておりますが、今日でも廃棄処理のガイダンスやリサイクルシステムの構築はなされておりません。  また、太陽光パネルには、先ほど言ったカドミウムのほかにも、鉛あるいはヒ素、ポリシリコン、そうしたさまざまな猛毒性の物質が使われており、これらは現在の技術では処分できません。 もっと読む
2018-03-22 堺市議会 平成30年度予算審査特別委員会−03月22日-03号 今、堺市、この地域エネルギー、皆さんのつくった計画の中で、どんなふうにかかわっているかというと、これ創エネのところに、再生可能エネルギーには太陽光、太陽熱、水力、風力、バイオマス、地熱、温度差熱利用が挙げられるが、事業性を考慮した場合、水力については落差のある河川や水路がほとんどない、なのでポテンシャルがないということですね。それから、風力については、平均すれば低いので、これもない。 もっと読む