9385件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜松市議会 2021-03-24 03月24日-07号

このほか、第27号議案の審査に当たっては、東日本大震災被災した都市に対する職員派遣状況などについても質疑がありましたが、採決に当たり、一委員から、指定金融機関等事務取扱手数料のうち、窓口収納手数料については、静岡県内では静岡県、森町、浜松市の3自治体のみが支出しているのは不公平で、市民に説明がつかない。

相模原市議会 2021-03-23 03月23日-09号

規模災害における消防団活動は、阪神淡路大震災新潟中越地震、また、平成23年の東日本大震災を見ても分かるとおり、多くの団員が任務に当たったということで、大規模災害時における消防団活動重要性を示しております。また、身近な災害などについても、より一層、きめ細やかな対応が求められており、消防団地域コミュニティーの維持という面でも大きな力を発揮することが期待されております。 

相模原市議会 2021-03-22 03月22日-08号

次に、大規模地震発生時の延焼想定地域の認識についてでありますが、阪神淡路大震災新潟県糸魚川市の大火では延焼拡大による甚大な被害発生いたしました。本市内の都市部では、住宅が密集している地域狭隘道路の多い地域におきましては、大規模地震発生時の出火による延焼拡大により、市民の生命や財産に危険が及ぶ事態が懸念されます。

相模原市議会 2021-03-19 03月19日-07号

日頃の訓練がいかに大事かということを示す例としてよく挙げられるのが、東日本大震災の際の釜石東中学校生徒たち行動です。津波てんでんこという教えを守って、直ちに高台への避難行動を開始しました。しかも、最初避難場所から、さらに高い場所へと避難したとのことです。最初避難場所津波に飲み込まれています。

川崎市議会 2021-03-18 令和 3年  3月議会運営委員会-03月18日-01号

そんな3月11日にあの東日本大震災が起きました。この庁舎は耐震補強前ということで大変揺れまして、あのとき皆さんで一緒になって外に避難したこともよく覚えてございます。そんなこともございまして、余震だとか計画停電も続いておりまして、その中で採決がある最終日を迎えるわけでございます。採決日が始まりまして、途中でもしもう一度同じ地震があったら議会を続けることはできない。

浜松市議会 2021-03-12 03月12日-06号

東日本大震災から10年が過ぎ、いまだ震災の傷が癒えない様子が様々語られています。東北地方中心に、東日本大震災余震とみられる地震が続き、災害への不安はぬぐい切れません。 コロナ禍での地域自主防災に在り方について3点伺います。 現在も続くコロナ禍は、これも災害の一種であり、こうした状況下での防災訓練には不安も大きく、実施をちゅうちょする地域もあったと聞きます。

浜松市議会 2021-03-11 03月11日-05号

本日で東日本大震災より10年を迎えました。10年がたっても、いまだに行方が分からない方が2500人余りもいらっしゃいますが、これまでに亡くなられた方々の御冥福を謹んでお祈り申し上げます。 そして、この1年間、予想もしなかった新型コロナウイルスが感染拡大し、私たち生活に多大な影響を与え、新しい生活様式の転換を迫られています。

浜松市議会 2021-03-10 03月10日-04号

明日で東日本大震災から10年になります。改めて被災によって亡くなられた方にお悔やみを申し上げ、被害に遭った方に対しお見舞いを申し上げます。10年経過しても、復興半ばである状況です。当時の被災状況は忘れることができません。被災状況が更新されるたびに、ニュースで映像が流れるごとに津波の恐ろしさ、地震の恐ろしさを感じました。

川崎市議会 2021-03-02 令和 3年 第1回定例会-03月02日-03号

新型コロナウイルス感染症の国内初確認から1年が経過し、来る3月11日は東日本大震災から10年を迎えます。我々は、想定を超える大規模災害が頻繁に生じる時代を迎えたことを認識しつつ、危機管理対策を立案することが求められます。振り返ると、とりわけこの1年は、感染症対策社会経済活動の両立を図ることに苦心した1年でした。

川崎市議会 2021-03-01 令和 3年 第1回定例会-03月01日-02号

さて、今月11日は、東日本大震災から10年を迎えることとなります。震災の記憶の風化が懸念される中、2月13日夜中、宮城福島両県を中心震度6強の地震発生し、広範囲にわたってけが人が出るなど世間を震撼させました。本市においても負傷された方がおり、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

相模原市議会 2021-02-25 02月25日-03号

東日本大震災から間もなく10年になろうという先日13日深夜、福島沖震源地とする最大震度6強の地震があり、再び被災地関東圏も含めて、広い範囲で被害が出ました。電柱倒壊道路住宅など、負傷者も出るなど、被害に遭われた方、フラッシュバックのような恐怖を覚えた方など、心からお見舞いを申し上げます。 日本のどこでこうした地震が起きてもおかしくないことを改めて痛感します。

相模原市議会 2021-02-24 02月24日-02号

間もなく東日本大震災から10年となります。被災地では一つの区切りを迎えるとの声がある一方で、復旧、復興はいまだ道半ばで、日々の生活はもとより、将来への不安が拭い切れないとの声も聞かれます。そして、身近な方を失った悲しみはいまだ癒えることはないと改めて感じております。

名古屋市議会 2021-02-16 02月16日-01号

今、御質問のあった、我々が第1期生のとき、平成23年から当選してという4年間に関しましては、各自計算して、そして、その分を、人それぞれ属する組合の数とか--組合での頂いた報酬は違いますので金額がまちまちですけれども、会派としてまとまって東日本大震災被災者被災地に向けて、災害復興寄附金25万円、市立図書館図書購入基金で194万円、それから、小中学校復興基金で313万円、あと、奇跡の一本松保存会に47

相模原市議会 2021-02-15 02月15日-01号

間もなく、未曾有の大災害である東日本大震災から10年となります。市民の皆様に、災害への心構えを改めて認識していただくため、災害時における自助、共助の普及啓発に取り組みます。 また、土砂災害ハザードマップを改訂するとともに、自ら考え命を守る避難行動の一助とするため、マイ・タイムライン普及を図ります。 さらに、必要な避難情報を確実かつ迅速に提供できるよう、戸別受信機を追加配備します。