14000件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-05-20 川崎市議会 令和 1年  5月総務委員会−05月20日-01号 幸いにいたしまして、副委員長には高校、大学時代に硬式野球で全国大会などで御活躍をされ、そして民間企業でお勤めの後、川崎市議会議員として、決算審査特別委員会委員長、常任委員会の委員長、副委員長を歴任されました川島委員に御就任をいただきました。なにより心強い限りでございます。  委員各位におかれましては、副委員長と共に公平、公正な審議を行ってまいりますので、お力添えを賜れば幸いでございます。 もっと読む
2019-03-15 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号 について、人材育成が適切に行われたか否かを判断する基準について、人材育成以外に指定管理期間が10年になることのメリットについて、指定管理予定者の公益財団法人川崎市文化財団の職員等の公募の検討状況について、当該施設の運営に関して本市の意向が反映されることの確認の有無について、収支計画に記載されているその他収入の内訳について、アウトリーチ事業の具体的な取り組みについて、アウトリーチ事業における昭和音楽大学もっと読む
2019-03-14 堺市議会 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号 まず、議員提出議案第9号大阪府立大学の中百舌鳥キャンパスでの存続を求める意見書について。  大阪府立大学と大阪市立大学を運営する公立大学法人を統合し新法人を新設する議案が、平成29年11月8日に大阪府議会で、平成30年2月23日には大阪市会で、それぞれ可決された。この結果、両大学は、平成31年4月より新法人による運営に移行することとなる。   もっと読む
2019-03-14 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号  │八幡市民会館の保存・活用について                        │├─────┼────────────────────────────────────────┤│ 第33号 │所得税法第56条の廃止について                          │├─────┼────────────────────────────────────────┤│ 第41号 │通信制大学もっと読む
2019-03-12 仙台市議会 平成31年第1回定例会(第8日目) 本文 2019-03-12 次に、第四十一号議案仙台市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部を改正する条例に関しまして、「制度改正の趣旨」について質疑があり、これに対しまして、「自己啓発等休業の休暇制度では、学校教育法で言う大学ではないが、大学と同等というものも対象になる。大学に相当すると認定される根拠規定が、学校教育法の改正によって条ずれを起こしたことに伴う規定整備である。」という答弁がありました。   もっと読む
2019-03-11 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会-03月11日-01号 この中で、ヘイト単独のものを見据えるのではなくて、人種差別撤廃などの人権全般を見据えたものがやっぱり川崎市には必要ではないかと、そういうことを先生方の議論の中で進めていかれたと思いますので、その根拠となるものが何か法律だとか、世界情勢とか、いろんなのがあるかと思いますけれども、あくまでも附属機関の大学の先生とかの知見を生かす中で、結論として得られたものが、特化したものではない、人権を広く見据えたものの もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会−03月08日-01号 そうしたときに、昭和音楽大学であったりとか、洗足学園音楽大学であったりとか、そういったところとの連携というのは、このアウトリーチの中には含まれているんでしょうか。 もっと読む
2019-03-08 仙台市議会 平成31年度 予算等審査特別委員会(第12日目) 本文 2019-03-08 こうした観点から、地域防災計画におきましても、防災教育を重要な取り組みの一つと位置づけまして、イベントや講演会における啓発でありますとか、訓練等を通じた市民の皆様の防災行動の定着に努めるほか、大学と連携し、震災遺構荒浜小学校を校外学習に活用するなど、防災教育の推進に努めてまいりたいと存じます。 もっと読む
2019-03-08 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号 また、平成28年度に設置いたしました認知症支援・介護予防センターでは、産業医科大学と連携いたしまして、高齢者の医療、介護、健診などのデータを用いて、地域ごとの特性を見える化して、生活習慣病の保健指導や栄養指導に活用していくことも検討しております。   もっと読む
2019-03-07 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号 また、本市には明治大学や専修大学等の多くの大学等がありますが、地域資源としての活用も求められるところでございます。大学図書館の活用の実績と今後の拡充について見解と対応を伺います。以上です。 もっと読む
2019-03-07 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号 北九州市立大学は、1946年に小倉外事専門学校として設立され、本年で創立73年を迎えます。2001年には国際環境工学部が開設され、名称も北九州市立大学に変更し、北方キャンパス、ひびきのキャンパスを合わせた総合大学として、多くの人材を輩出しています。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 さらに、静岡市では、小学生の個人に対して6,300円、団体に対しては上限10万円、中学校、高等学校、大学などに対しては、個人に9,000円、団体には上限10万円とし、平成28年度は全体で148件、556万円余を支給しています。 もっと読む
2019-03-06 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 次に、北九州市児童福祉施設の設備及び運営の基準に関する条例の一部改正については、児童福祉施設の設備及び運営に関する基準の一部改正に伴い、母子生活支援施設に置く母子支援員の資格に専門職大学の前期課程を修了した者を加えるなどのため、関係規定を改めるものです。   もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 また、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会専務理事で千葉商科大学教授の伊藤宏一さんという方も、平成の最初のころの中高年からの相談では、資金への危機感が薄くて、生きがいとか健康などへの関心が高かったけれども、今ではさま変わりしているということですね。そのようなことを述べてございます。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会−03月04日-目次 浸水対策事業の推進について〔上下水道事業管理者−17、18〕    風しん対策事業費について〔健康福祉局長−18、19〕    臨港道路東扇島水江町線整備の推進について〔港湾局長−19、20〕   片柳 進委員………………………………………………………………………………20    公園トイレの改善について〔建設緑政局長−20、21〕    東扇島の信号の設置について〔港湾局長−21〕    給付型大学奨学金 もっと読む
2019-03-04 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号 また、市内に住んでいて福岡市     内の大学に通っている学生や、首都圏在住の市内出身者に対する働きかけ     も強化していき、若者の市内定着に取り組む。      市内新規雇用者数は、平成27年度から29年度の累計で1万2,915人と     なり、順調に進捗している。       もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 次に、給付型の大学奨学金について教育次長に伺います。国公立大学の授業料は53万円、私立は平均86万円で、入学金を含めると100万円を超えます。この学費の負担は深刻です。ある市内の大学の新入生は、貸与型の奨学金を300万円借りることになる、返せるか不安と言います。 もっと読む
2019-02-27 仙台市議会 平成31年度 予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2019-02-27 東北大学を有する本市には、国内外からヘルスケア分野に関する企業などの集積が始まっております。地場企業にとりましても、大きな事業機会が期待されますが、そのためには現場における具体的なニーズの把握や技術に通じた人材の確保が必要となっております。   もっと読む
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 次に、仮称川崎市立看護大学整備基本計画案について伺います。今般、2022年4月の開学に向けて、市立看護短期大学の4年制大学化を進めるとの整備基本計画案が示されました。4年制大学化に向けては、新たに10人程度の専任教員の配置が必要となっており、保健師コースの設置に当たっても、保健師資格を有する専任教員3人以上の配置が必要で、これらの教員確保に向けた対応が大きな課題と仄聞します。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 笛吹市では研究を進める東京大学と連携協定を結び、フレイルサポーター養成講座を開始、杉並区や西東京市でも市民によるフレイルチェックが導入され展開されています。本市での見解と具体的な取り組みを伺います。  次に、障害者支援策について伺います。障害者通所施設の整備拡充についてです。 もっと読む