120件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-06-28 令和 1年 第3回定例会-06月28日-05号

従来から医療施策においては、国、県、市が応能の役割を担いながら進められておりまして、医療従事者の確保につきましては、医療法に基づき都道府県が策定する医療計画に位置づけられており、広域的な対応が求められる取り組みでありますことから、本市において、これらの職種の養成機関を設置する計画はございませんが、各養成機関カリキュラム地域包括ケアシステム職種連携の理解に関する内容が位置づけられるなど、保健

川崎市議会 2019-02-06 平成31年  2月健康福祉委員会-02月06日-01号

佐野仁昭 委員 前に連携ノートのことで議会で取り上げさせていただきましたけれども、その中で、やっぱり鶴見区なんかの事例ですと、地域の中でお医者さんや薬剤師さん、歯科医師さん、そういうところが全部職種連携の中でネットワークがすごくできていて、すごく参考になったんですが、今回のウェルフェアイノベーション連携・推進センターのところに、在宅医療サポートセンターというのはそういう機能を果たすような役割として

川崎市議会 2019-02-04 平成31年  2月文教委員会-02月04日-01号

今現在は、面接等にふさわしい設備が整っている状況ではございませんので、これは宮前区役所地域みまもり支援センターなどとも相談しながら、実際、どのような需要があるか、基本的には地域包括ケアシステムの場合には、職員地域に出向いていって御相談等を受けるわけですけれども、やはり内容的には、しっかりとした面接室を用意して、場合によっては保健師だけでなくて、職種連携で対応しなければいけないようなケースもあろうかと

川崎市議会 2019-01-17 平成31年  1月健康福祉委員会-01月17日-01号

それを川崎地域包括ケアを全国に先駆けて子どもから高齢者まで、障害者も含めてというふうにやっている、本当に職種連携のモデルとしてやっているわけですし、やっぱりそこで問題になってくるのは介護職員専門職としての位置づけで、もっとスキルアップをして、その人たちが地域の中で支える方々の可能性を引き出せる技術を習得していくという部分では、本当にやりがいにもつながっていくし、そういうところを見て、ほかの都市

千葉市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2018-12-10

市内の在宅医療介護連携の状況についてですが、平成24年度より市医師会に委託し、医療介護の関係者の連携を強化するため設置した千葉市在宅医療推進連絡協議会を中心に、職種連携の現状や問題点について検討し、25年度から職種連携会議を開始しました。昨年度からは、各区での開催に加え、より小規模の地域であるあんしんケアセンターの圏域ごとの開催も始めたところです。

川崎市議会 2018-10-05 平成30年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−10月05日-12号

次に、在宅医療の推進についてでございますが、医師会や病院協会、介護支援専門員連絡会等に参画いただく在宅療養推進協議会におきまして、在宅療養連携ノートや職種連携マニュアルの作成、普及などに取り組むことにより、切れ目のない在宅医療介護の提供体制の構築を推進しているところでございます。

川崎市議会 2018-09-25 平成30年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第1日)−09月25日-06号

こうした中で、これまで在宅療養推進協議会等において、職種連携のあり方検討や普及啓発などを行ってきたところでございます。今後も多様な医療介護ニーズに対応するため、認知症病床を有する病院であるとか診療所地域包括支援センター、介護施設や事業所が法人や分野をまたいだ連携体制の構築に向けて、かわさき保健医療プランに基づく取り組みを進めていくというふうに考えてございます。以上でございます。

川崎市議会 2018-08-30 平成30年  8月文教委員会-08月30日-01号

繰り返しになりますけれども、職種連携が、区の教育担当も含めてですけれども、そこでどれだけしっかりとできているのかというのは、子どもたちの安心・安全生命を守るというところは非常に重要なところですので、我々の区でも各学校で上がってくるさまざまな案件について、保護者の方から相談を受けることもあるので、それについて、我々も区の教育担当につないだりもいろいろしておりますけれども、もう少し積極性を持ってやっていただかないことには

福岡市議会 2018-06-15 平成30年第3回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-06-15

現在、約230種、23億件のデータを集約しており、地域ごとの医療介護サービスの利用状況や保健医療介護データ間の相関関係などが分析できる機能を初め、医療、看護、介護に係る関係者間における職種連携の機能や、配食や訪問理美容などの介護保険サービス情報を提供する機能を備えております。  

千葉市議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2018-03-12

一つに、地域共生が文化として定着する挑戦、二つに、支え手、受け手が固定されない多様な参加の場や働く場の創造、三つに、待ちの姿勢から予防の視点に基づく早期発見、早期支援へ、四つに、専門職による職種連携地域住民等との協働による地域連携、五つに、点としての取り組みから有機的に連携、協働する面への取り組みへの五つが提唱されております。  

川崎市議会 2018-03-07 平成30年 予算審査特別委員会-03月07日-03号

具体的には、医療介護の連携に向けた仕組みづくりとして、職種連携の促進に向けた在宅チーム医療を担う地域リーダー研修による人材養成や、関係専門機関からの相談窓口である在宅医療サポートセンターの設置運営を初め、各区に在宅医療の推進役である在宅療養調整医師を配置し、多職種への医療助言、退院調整支援などを各区の特性に応じ取り組んでいるところでございます。

千葉市議会 2018-03-01 平成30年予算審査特別委員会保健消防分科会 本文 開催日: 2018-03-01

これまでも、地域包括ケア推進課さんのほうで、職種連携会議や医療介護の連携した会議などを行ってこられたんですが、このセンターを設置することによって、この具体的な役割、それから、新たに期待する効果というんですかね、そういったものをもしお聞きできればと思います。  

千葉市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-02-28

次に、あんしんケアセンターの機能拡充に向けた包括3職種の3区での成果と課題についてですが、成果としては、保健福祉センターとあんしんケアセンターとの相互理解が格段に進んだこと、また、虐待事例や困難事例における市民対応のスピードが向上したことなどに加え、保健福祉センターに配置された包括3職種職種連携会議や地域ケア会議に主体的に参加することにより、地域課題に対するアプローチも徐々に進んでいると考えております