5904件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

横浜市議会 2019-05-20 令和 1年 政策・総務・財政委員会

最後に、6の平成27年に返還された旧上瀬谷通信施設では、都市整備局において土地利用基本計画の策定と土地区画整理事業実施に向けた検討などを行います。 4ページをお開きください。 3つ目の視点は、女性が働きやすく活躍できるまちの実現でございます。 第4次横浜市男女共同参画行動計画に基づき、日本一女性が働きやすい、働きがいのある都市の実現に向け、施策を推進します。

北九州市議会 2019-03-14 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号

議案第1号 平成31年度北九州市一般会計暫定予算第2 議案第2号 平成31年度北九州市国民健康保険特別会計暫定予算第3 議案第3号 平成31年度北九州市食肉センター特別会計暫定予算第4 議案第4号 平成31年度北九州市卸売市場特別会計暫定予算第5 議案第5号 平成31年度北九州市渡船特別会計暫定予算第6 議案第6号 平成31年度北九州市土地区画整理特別会計暫定予算第7 議案第7号 平成31年度北九州市土地区画整理事業清算特別会計暫定予算第

北九州市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号

議案第1号 平成31年度北九州市一般会計暫定予算第2 議案第2号 平成31年度北九州市国民健康保険特別会計暫定予算第3 議案第3号 平成31年度北九州市食肉センター特別会計暫定予算第4 議案第4号 平成31年度北九州市卸売市場特別会計暫定予算第5 議案第5号 平成31年度北九州市渡船特別会計暫定予算第6 議案第6号 平成31年度北九州市土地区画整理特別会計暫定予算第7 議案第7号 平成31年度北九州市土地区画整理事業清算特別会計暫定予算第

川崎市議会 2019-03-04 平成31年 予算審査特別委員会−03月04日-目次

障害者雇用・短時間雇用等について〔健康福祉局長−50、51〕    コミュニティ施策(町内会負担とアプリ)について〔市民文化局長−52〕   山田益男委員………………………………………………………………………………53    危機管理費全般について〔健康福祉局長−53、54、危機管理監−54、55、56〕   斉藤隆司委員………………………………………………………………………………57    登戸土地区画整理事業

川崎市議会 2019-03-04 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号

◆河野ゆかり 委員 私は一問一答方式で6項目、1点目に働く場における女性の活躍推進、ワーク・ライフ・バランスについて、2点目、シビックプライドの醸成について、3点目、登戸土地区画整理事業について、4点目、シェアサイクル実証実験について、5点目、動物愛護事業について、6点、救急救助活動について、以上順次伺ってまいります。  

川崎市議会 2019-02-26 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号

中でも高額の繰り越しとして、街路事業48億円余、登戸土地区画整理事業30億円余、義務教育施設整備事業47億円余について、その理由と今後の事業に対する影響について伺います。  次に、市長部局の組織改正について伺います。効率的・効果的な執行体制の整備を図るとして、平成31年度市長部局の組織改正が示されましたが、改正の意図が不明瞭な部分も見受けられます。

川崎市議会 2019-02-25 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号

次に、登戸土地区画整理事業について伺います。平成37年度の事業完了に向けて、登戸駅西側まちづくり方針の公表、事業計画の変更等が進む中、総事業費は約166億円増大し、936億円となることが示されました。早期の事業完了は重要な点でありますが、事業全体の進捗状況を伺います。

仙台市議会 2019-02-21 経済環境委員会 本文 2019-02-21

同地区の土地区画整理事業の進捗に合わせ、順次市有地の利活用を希望する事業者を公募することとしており、平成30年度には第2回及び第3回募集を実施し、新たに4区画地の譲渡または貸し付けを決定いたしました。  詳細につきましては資料2に基づき企業立地課長より御説明申し上げます。

堺市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号

まず、美原都市拠点整備についてでございますが、この都心拠点整備を進めるために良好な市街地形成に向けて、黒山西地区における地元地権者による土地区画整理事業の推進の予算が計上されております。黒山東の開発も昨年に開発許可がおり、現在、文化財の試掘に向けて取り組みが行われております。これら美原都市拠点の整備の経過と現状についてまずお伺いをいたします。  次に、美原都市拠点整備に関する交通問題でございます。

堺市議会 2019-02-18 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号

津久野駅周辺のまちづくりにつきましては、過去から地元の議員を初め、多くの方々が取り組んでこられ、土地区画整理事業による駅前広場の整備など、都市基盤の整備が進められてまいりました。しかし、現在も東西往来や改札西口の活性化、駅前URビルの耐震性など、課題があるということを認識してございます。

川崎市議会 2019-02-12 平成31年 第1回定例会-02月12日-01号

178ページに参りまして、多摩区でございますが、右のページ1つ目の○登戸・向ヶ丘遊園駅周辺地区賑わい継承事業費は、登戸土地区画整理事業による街並みの変化を踏まえ、まちのにぎわい継承と回遊性のさらなる向上を図るため、拡張現実――ARを活用した取り組みを実施するもの、2つ目の○市民防災活動支援事業費は、地域防災力の向上に向け、地域人材育成の促進や次世代のリーダーを発掘・育成するため、子育て世代等も興味を

川崎市議会 2019-02-12 平成31年 第1回定例会-02月12日-目次

について〔伊藤副市長-70、健康福祉局長-82、こども未来局長     -86、教育次長-99〕     いこいの家・老人福祉センター活性化計画案について〔健康福祉局長-83〕     火災・救急概要について〔消防局長-95〕     横浜市高速鉄道3号線の延伸について〔まちづくり局長-87〕     京浜急行大師線連続立体交差事業の今後の進め方について〔建設緑政局長-     90〕     登戸土地区画整理事業

堺市議会 2019-02-12 平成31年第 1回定例会−02月12日-01号

さらに、国が実施する大和川高規格堤防整備事業、いわゆるスーパー堤防の整備と一体的に、道路や公園整備を行う土地区画整理事業を推進いたします。  加えて減災や良好な景観形成の観点から無電柱化を推進するための計画を新たに策定いたします。  第2に、防犯として、市民生活の防犯対策と地域のつながり・きずなの強化に取り組みます。

川崎市議会 2019-02-06 平成31年  2月まちづくり委員会-02月06日-01号

中段でございまして、土地区画整理事業の限度額は55億7,800万円、住宅市街地総合整備事業は5,700万円、小杉駅周辺地区再開発事業は1億500万円、駅施設関連事業は11億4,100万円、開発行為指導対策事業は3,600万円、施設整備事業は23億2,500万円、公営住宅整備事業は13億6,600万円とするものでございます。  

横浜市議会 2019-02-06 平成31年 基地対策特別委員会

次に、2の現在の検討状況ですが、国有地、民有地の混在を解消するとともに、農業振興と都市的土地利用を行う土地を集約し、将来必要となる農業基盤や道路等都市基盤の整備を一体的に推進するため、本地区全域で市施行による土地区画整理事業を実施することを前提に検討を進めています。 

浜松市議会 2019-02-04 平成31年  2月 建設消防委員会-02月04日−01号

01号 平成31年  2月 建設消防委員会 − 02月04日−01号 平成31年  2月 建設消防委員会           浜松市議会建設消防委員会会議録 1 開催日時  平成31年2月4日(月)午前10時開議 2 開催場所  第4委員会室 3 会議に付した案件  1 専決処分(法第180条関係)について<道路保全課>  2 専決処分(法第180条関係)について<北土木整備事務所>  3 土地区画整理事業

川崎市議会 2019-02-04 平成31年  2月総務委員会−02月04日-01号

178ページに参りまして、多摩区でございますが、右側のページの1つ目の〇印、登戸・向ヶ丘遊園駅周辺地区賑わい継承事業費は、登戸土地区画整理事業による街並みの変化を踏まえ、町のにぎわい継承と回遊性のさらなる向上を図るため、拡張現実(AR)を活用した取り組みを推進するもの、2つ目の〇印、市民防災活動支援事業費は、地域防災力の向上に向け、地域人材育成の促進や次世代のリーダーを発掘・育成するため、子育て世代等

浜松市議会 2019-01-18 平成31年  1月 建設消防委員会-01月18日−01号

都市計画審議会における質疑・意見について、2番目の議案の都市計画の変更に関しては、中瀬南部地区や西美薗西地区等の土地区画整理事業実施中の変更による事業の進捗への影響及び変更に当たって、地区内権利者の同意についてはどのようになっているかという質疑がありましたが、市民生活や事業の進捗への影響はないこと、説明会や縦覧等の法的手続を進めていることを説明して御理解いただきました。

熊本市議会 2018-12-19 平成30年第 4回都市整備委員会−12月19日-01号

局長       田 中 隆 臣    総括審議員兼都市政策部長                                 吉 澤 勇一郎    都市政策課長   杉 田   浩    交通政策課長   土 屋 裕 樹    都心活性推進課長 角 田 俊 一    開発景観課長   正源司   繁    震災宅地対策課長 上 野 幸 威    建築指導課長   原   和 義    植木中央土地区画整理事業所長

熊本市議会 2018-12-19 平成30年第 4回都市整備分科会−12月19日-01号

局長       田 中 隆 臣    総括審議員兼都市政策部長                                 吉 澤 勇一郎    都市政策課長   杉 田   浩    交通政策課長   土 屋 裕 樹    都心活性推進課長 角 田 俊 一    開発景観課長   正源司   繁    震災宅地対策課長 上 野 幸 威    建築指導課長   原   和 義    植木中央土地区画整理事業所長