運営者 Bitlet 姉妹サービス
8054件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-25 熊本市議会 平成30年第 4回予算決算委員会−12月25日-02号 一、下通アーケード内の街路樹について、管理が十分に行き届いていない場所が見受けられることから、管理に当たっては地元商店の協力が得られるよう、さらなる働きかけを求めたい。  旨、意見要望が求められました。  これをもちまして、環境水道分科会長の報告を終わります。 ○満永寿博 委員長  環境水道分科会長の報告は終わりました。  次に、経済分科会長の報告を求めます。          もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回経済分科会−12月19日-01号 商店等が実施しますソフト・ハード事業に対しまして、県・市合わせて補助率3分の2の助成を行うものであります。制度上、補助金は市に入る仕組みになっており、今回の補正額は県・市合わせて1,083万8,000円をお願いしております。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回環境水道分科会−12月19日-01号 ◆田辺正信 委員  緑のじゅうたんの管理業務で、下通のアーケードも入っているんですが、経緯からすると、大体商店の方で管理をされるような話で私は認識をしておったんだけれども、それで、やはり管理が悪いんです。アーケードの下で育てているということもあって。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回予算決算委員会−12月19日-01号 商工費につきましては、商店における活性化事業や共同施設の設置に係る助成経費1,083万円余のほか、熊本城ホールの備品購入等経費の減額に伴う9,210万円の減額補正を計上しております。  土木費につきましては、安全性が確認できない民有ブロック塀等の撤去費用に対する助成経費4,200万円を計上しております。  5ページをお願いいたします。  一般会計性質別集計表でございます。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回経済委員会−12月19日-01号 主には、中小企業振興施策について、市民の認知度の向上、展示会・商談会への出展に伴う市補助金制度の拡充、優秀な人材の育成及び確保等や、商店の活性化に向けた地域のまちづくりのための連携強化等の御意見について、重点的に報告がなされたところでございます。これらの御意見を踏まえつつ、次年度の予算要求につなげてまいるところでございます。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回教育市民分科会−12月19日-01号 予算額は370万円、そのうち委託料244万5,000円の内訳としましては、客引き行為等の禁止地区においてのパレードの実施や、中心商店に設置している看板への禁止区域の明示、また中心商店の大型ビジョンにおいて動画を放映する等の周知経費となっております。   もっと読む
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19 この大型商業施設の進出のために、地元の竹下商店からは大きな不安の声が上がっています。  また、住民が求めていた避難場所としての機能も、SPCの提案では、観光客や自動車でごった返す駐車場が当てられることになっており、いざというときに機能しないのではないかとの我が党の指摘に対しても、局長は反論することができませんでした。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務委員会-12月19日-01号 また、会議を開催した10月を、くまもとフレンチウイーク2018と名づけ、市民の機運の醸成を図るため、関係団体や商店、民間企業等の協力、連携によりまして、中心市街地を中心に、さまざまなイベントや広報等を行い、多くの皆様にフランスの食や文化等にも触れていただき、国際化の推進にもつながったものと考えております。  以上で報告を終わります。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回都市整備委員会−12月19日-01号 費用便益の計算を見ますと、費用便益というものを我々がまともに受けたとして1億7,000万円、130億円の費用をかけた中で一体何年かかるのという話でありますし、費用便益というものを皆さんが言われておりますが、実際に市民病院まで延伸したときに、我々が先日からずっと申し上げてきました、これを利用するためにはもう少し先まで延伸したところでの顧客の確保が必要であるし、熊本市全体のまちづくりを考えたときに、健軍商店 もっと読む
2018-12-18 熊本市議会 平成30年12月18日公共施設マネジメント調査特別委員会−12月18日-01号 さらには下段の跡地利用をどのようにし、周辺商店への影響をどうやって抑えるかなどの検討や跡地の利活用により新たな財源の創出も論点になるものと整理しております。  次のページでございますが、このページの左側では、庁舎の整備手法としまして、設計施工の分離発注方式あるいは工期の短縮が可能な一括発注方式のいずれを採用するのか。 もっと読む
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 そこで、現在、特別な場所でのレセプション体験となるユニークベニューの開発とさらなる利用促進を行っているほか、来年の国際スポーツ大会の開催や熊本城特別公開、さらには熊本城ホール開業を見据え、城彩苑や中心商店を回遊できるような夜のイベントの開催について、関係者と協議を進めながら実施してまいりたいと考えております。           もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 平成30年度はキャッシュレス決済の普及に向けて、屋台や飲食店、商店、博物館、アジア美術館、福岡タワーなどにおいて、民間事業者による携帯端末等を使用した実証実験を行っているところでございます。  今後とも、キャッシュレス決済の普及を促進し、外国人観光客の利便性を高める環境づくりを進めていきたいと考えております。 もっと読む
2018-12-11 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月11日-01号 次に、経済観光部門では、商店の活性化や共同施設設置に係る助成経費のほか、動植物園や熊本城の管理運営等に係る債務負担行為等に加え、熊本城ホールにつきまして、備品購入等経費の減額、国庫補助金の増額に伴う財源更正及び保留床購入費の増額に伴う債務負担行為の変更を計上しております。  次に、農水部門では、天明漁港の物揚場整備の早期着工に係る債務負担行為を計上しております。   もっと読む
2018-12-04 熊本市議会 平成30年第 3回(閉会中)議会運営委員会−12月04日-01号 次に、経済観光部門では、商店の活性化や共同施設設置に係る助成経費のほか、動植物園や熊本城の管理運営等に係る債務負担行為等に加え、熊本城ホールにつきまして、備品購入等経費の減額、国庫補助金の増額に伴う財源更正及び保留床購入費の増額に伴う債務負担行為の変更を計上しております。  次に、農水部門では、天明漁港の物揚げ場整備の早期着工に係る債務負担行為を計上しております。   もっと読む
2018-11-15 川崎市議会 平成30年 11月大都市税財政制度調査特別委員会-11月15日-01号 そのときに県警のほうと協議をいたしまして、店の中から外を写す形でカメラを設置するように指導しておると聞いておりまして、それでもって、例えば先般も横浜の商店で事件がございましたけれども、そういったものでもカバーできるような考え方でもって進めておるということでございまして、県所有のものだけで全てをカバーしようという、そういった考えではないと聞いております。 ◆末永直 委員 わかりました。 もっと読む
2018-10-24 札幌市議会 平成30年(常任)経済観光委員会−10月24日-記録 対象事業者は、観光関連団体や商店などのほか、複数の観光事業者が共同で実施する場合も想定しております。また、対象事業は、各事業者の提案にもよりますが、お土産店や観光施設共通の割引クーポンとか新規誘客イベントの開催などを想定しております。 もっと読む
2018-10-19 千葉市議会 2018.10.19 平成30年地方創生・オリンピック・パラリンピック調査特別委員会 本文 ◯委員(椛澤洋平君) あと、全市的なイオンで、イオンでというか、システム上しようがないのかもしれないんだけれども、できるだけ地域の商店だとか、地域で使えるような仕組みもやはり検討していってほしいと。地域をエンパワーメントしていかないとだめだろうと思いますので、ぜひその辺も検討していただきたいとお願いしたいと思います。  以上です。 ◯委員長(亀井琢磨君) ほかにございますか。麻生委員。 もっと読む
2018-10-05 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−10月05日-12号 市内では、毎年秋に川崎駅周辺で開催される多数のイベントを共同でPRするフェスティバルなかわさきのほか、工場夜景クルーズの参加者向けに飲食で利用できるクーポンの配付など、駅周辺の商店や大型商業施設、観光施設などが連携してさまざまな取り組みが行われているところでございます。 もっと読む
2018-10-02 京都市議会 平成30年 10月 決算特別委員会第3分科会(第2回)-10月02日−02号 まち・お店・ひと縁結びプロジェクトでは,商店における空き店舗の解消を進めるため,商店にコーディネーターを派遣し,大学等と連携して行う取組を支援いたしましたほか,空き店舗所有者と出店希望者とのマッチング,それから新規出店に伴う改装などに対する補助金制度の創設を行いました。  68ページを御覧願います。  次に,伝統産業振興対策でございます。   もっと読む
2018-10-01 京都市議会 平成30年 10月 予算特別委員会第3分科会(第2回)-10月01日−02号 そうしなければ,シャッター商店のように歯抜けのお店が出てきてしまって活性化がそがれるように,地域の農業をみんなで力を合わせて発展していこうという風にお思いの中で,やむを得ず歯抜け状態になってしまうようなことが少しでも,それに対する対策に対しても今まで以上にやっていただくことが必要であると考えているところであります。   もっと読む