18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

名古屋市議会 2004-11-29 11月29日-24号

名食は、藤村容疑者代表理事を務めている愛知同和食肉事業協同組合いわゆる愛同食を通じて7.6トンの買い上げ申請しました。この愛同食は、全体で1,246トンもの買い上げ申請していますが、この申請そのもの大阪のハンナングループから購入した輸入肉偽装、あるいは架空の疑いが持たれています。名食買い上げ申請分には、偽装架空はなかったでしょうか。

名古屋市議会 2004-06-18 06月18日-11号

名古屋市が出資している外郭団体名古屋食肉市場株式会社、いわゆる名食は、国産牛肉緊急買い上げ事業による買い上げ申請を、全国同和食肉事業協同組合連合会、いわゆる全同食を通じて行っていますが、この全同食の専務理事を務めているのが浅田満容疑者であります。そして、全同食と名食など買い上げ申請団体との間に入っていたのが愛知同和食肉事業協同組合いわゆる愛同食と農水省が発表をしています。 

堺市議会 2001-09-13 平成13年 9月13日市民環境経済委員会-09月13日-01号

今回、この当センター廃止に伴うですね、この和解金を支払う金額としてですよ、和解金として5億400万円を堺市同和食肉事業協同組合組合員6名に支払うことで合意したということですが、まず、この和解金の性格、そして、この和解金を支払うことの法的根拠の有無についてお伺いします。

堺市議会 2001-09-03 平成13年第 4回定例会−09月03日-01号

堺市立食肉センター管理運営委託先であります堺同和食肉事業協同組合から本市に提出されております平成4年度から平成10年度までの委託料精算報告書と同組合決算報告書等を照合し調査した結果、委託金の一部につきまして委託業務以外の経費に充当した上で、委託料精算報告書には委託業務に執行したものとして報告していたことが判明いたしました。

堺市議会 2000-09-19 平成12年 9月19日総務委員会-09月19日-01号

相手方と申しますのは、堺同和食肉事業協同組合と、それと使用許可業者でございます。当然同一の、組合理事使用許可業者同一でございますので、そういう形で、相手方はそういうことでございます。それから、堺市の方はそれぞれいろんな場合がございますが、主には農政部長、それから食肉センター所長、それと所長代理、この3者があたってまいりました。

堺市議会 2000-09-07 平成12年第 4回定例会−09月07日-03号

次に、委託料の件についてでございますけれども、ご承知のように、食肉センター管理運営につきましては、昭和52年度より地元関係団体でございます堺同和食肉事業協同組合に委託してきましたけれども、その委託業務の中で委託料の使途が不適切と思われる部分のあることが市側の検査で判明いたしました。

堺市議会 1997-06-11 平成 9年第 3回定例会−06月11日-06号

集団食中毒間接的被害を受けました市内の生鮮食料品店飲食店、それから食品加工業などの業界関係者が主体となりまして、食生活の安全性確保への取り組みを広く世間に訴えるとともに、業界のイメージアップ及び信頼回復につなげることを目的といたしまして、堺市商店連合会、堺市市場連合会、堺市農業協同組合、堺同和食肉事業協同組合、堺漁業協同組合連合会、この5団体堺食品産業振興連絡協議会を設立いたしました。

堺市議会 1996-03-12 平成 8年度予算審査特別委員会−03月12日-07号

本市が、この大阪同和食肉事業協同組合連合会に貸与している、この土地の総面積、その内容ごと面積と、それは、この八下町の市有地の一体何%を所有しているのかということについて、まずお伺いをしたいと思います。 ◎渡辺 農水課長  お尋ねの件でございますけれども、今現在、八下町にございます大阪畜産流通センターの総面積でございますけども、2万1,957.65平米でございます。

堺市議会 1995-11-20 平成 7年度決算審査特別委員会−11月20日-07号

この流通センターとして、事業主であります大阪同和食肉事業協同組合連合会、これに建物土地を貸し与えるということで出発をいたしました。この貸付料が1,130万6,155円、これは年間であります。3年間の契約で、この間、更新がされてきて19年目になりますかね。この間、私たちはこの貸付料適正化が必要ではないかということを一貫して取り上げて要請もしてまいりました。  

堺市議会 1994-11-21 平成 6年度決算審査特別委員会−11月21日-07号

運営は、大阪同和食肉事業協同組合運営しております。以上です。 ◆城 委員  その事業内容土地施設規模はどの程度になっておりますでしょうか。 ◎渡辺 農水課長  まず、設置の規模でございますけれども、家畜市場につきましては、3,591平米ございます。それと流通施設ですね、これが用地貸しになっておりますけども、1万508平米ございます。

堺市議会 1994-03-10 平成 6年度予算審査特別委員会−03月10日-04号

そして91年9月議会では、市の方針が決定されて、市は大阪府と事業主である大阪同和食肉事業協同組合連合会とそれぞれに公文書、協議書を交わしたとのことですけれども、以前もお伺いしたかもしれませんが、この間、2年間ほどあいておりますので、その時期と協議書はそれぞれ主にどういう内容で交わされているのか、お伺いいたします。

堺市議会 1991-09-12 平成 3年第 4回定例会−09月12日-03号

これらの情勢の中で、大阪畜産流通センター運営に当たっております大阪同和食肉事業協同組合連合会では、その対応策として国及び府の助成による大都市基幹食肉物流施設整備事業により、部分肉冷凍冷蔵施設整備を計画をされました。本市に対しまして、大阪畜産流通センターの現在の用地の一部をお借りして、冷凍施設を建設したいとこういう申し出がございました。

堺市議会 1991-03-08 平成 3年度予算審査特別委員会−03月08日-04号

昨年9月議会で、堺市の八下町に本市公有財産土地建物大阪同和食肉事業協同組合連合会に、市としては、安定的に食肉を供給するために生体牛取引をするため、そういう目的で貸して、食肉供給生体取引事業としている畜産流通センターです。この流通センターを、今度大阪府が、ことし4月からの食肉輸入自由化に対応するということで、その理由として、流通体系が大幅に変化してくる。

  • 1