4060件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-05-20 川崎市議会 令和 1年 第2回臨時会-05月20日-01号 安心のふるさとづくりの取り組みといたしましては、発生が見込まれる大地震や台風の大型化等に伴う大規模な風水害や土砂災害など、いざというときに備え、引き続き市民の生命や財産を守る対策を進めてまいります。災害に強く、しなやかなまちづくりに向けて、一層の地域防災力の強化を図るとともに、この4月に国から指定を受けました、大規模災害時の応急救助をみずから行う救助実施市としての備えを万全にしてまいります。 もっと読む
2019-03-14 堺市議会 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号 │ │ まず、安全・安心なまちづくりについてでありますが、大規模な地震や台風などの自然災害から│ │市民の生命と財産をいかにして守るのか、その対策が求められています。昨年9月に上陸した台風│ │21号では、本市においても大きな被害を受けたことから、まずは今回の台風被害の対応で明らか│ │になった課題を早急に解消しなければなりません。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月まちづくり委員会-03月08日-01号 ◎丸山 宅地企画指導課長 やっぱりこういう斜面地といいますと、大雨のときとか台風のときとか、そういうときに一番問題になるものでございまして、そういう意味からしますと、各区の危機管理担当もしっかり意識していただいて、うちのほうと連携はしていただいていると考えております。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 これまでも紹介してきました2004年の台風では、ふだんは水量が少ない川ですが、矢上川付近の増水した様子が幸区のホームページにも載っています。ディスプレーをお願いします。これがあの当時の増水した写真です。近くの方は、大雨のたびに増水しないか心配になるそうです。また、現在の堆積物や護岸の一部が破壊している状況も紹介してきました。これは矢上川の左側の護岸がちょっと崩れている。これは前も紹介いたしました。 もっと読む
2019-03-06 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 我が党は、地震、台風、豪雨など相次ぐ自然災害で被害を受けた地域において、自治体の要請に基づいて多くの自衛隊員が派遣され、人命救助と復旧、復興のために昼夜を分かたず、懸命の努力を尽くし大きな役割を果たしてくれていることに対し、この場をかりて心から感謝申し上げ、敬意を表するものであります。  一方、自衛官募集について、自治体の6割以上が協力を拒否しているとする安倍首相の発言が物議を醸しております。 もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 ◎金子督 上下水道事業管理者 丸子地区での浸水対策のスケジュールについての御質問でございますが、当該地区は地盤が低く、多摩川の水位が氾濫危険水位近くまで上昇いたしますと排水が困難となりやすい地域特性を有しておりますことから、浸水シミュレーションを活用し、平成29年10月の台風21号の浸水被害発生状況を正確に再現したところでございます。 もっと読む
2019-03-04 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号 また、津波以外に台風や高潮等の風水害時の避難所としても活用することが   でき、施設内には2,000人×2日分の食料等の非常用物資を備蓄している。    なお、1階部分には民間事業者(24時間営業スーパーマーケット)が入居し、   2階から3階には、那覇市の子育て支援施設や高齢者介護予防施設、青少年の   居場所づくりのための施設が入居している。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 街路樹の維持管理については、昨年の台風24号では、市内全体で倒木や枝折れなどが366本発生していることや、これまでも倒木による賠償事案も発生しているなど、街路樹の適正管理が求められています。平成31年度の街路樹維持管理事業費の予算額と取り組みについてお伺いします。 もっと読む
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 国の内外、天地とも平和が達成されるの意味合いからすれば、政治や経済の大きな変動や地震、台風、集中豪雨等の自然災害など多くの出来事があった30年余の歴史でありました。平成の時代を振り返りつつ、穏やかに希望や活力を持って生活できる、安全で安心して暮らせる社会を次の世代に継承するために、今何をすべきかを真摯に真剣に議論を進めてまいることを改めて決意し、以下質問してまいります。   もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 着工からこれまでの間におきましてはたびたび発生した台風などにより作業が中断したことや、多摩川の土砂の堆積などがございまして、施工に影響を受けている状況もございますが、今後も引き続き平成32年の開通を目指して安全かつ着実に工事を進めてまいります。以上でございます。 ○副議長(後藤晶一) 臨海部国際戦略本部長。     もっと読む
2019-02-20 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号 あわせて、先ほど台風21号、災害関連ですね、災害関連で3つのお答えをいただきました。 もっと読む
2019-02-19 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号 思い返せば、地震、熊本大震災、そして北海道地震、また中国・四国においては大雨被害、そして本市におきましても台風21号の大きな被害がありました。そこで、台風21号ではさまざまな被害が発生しました。本議会におきましても、その対応につきましてさまざま議論行われてきたわけなんですけれども、大規模災害発生時には、他都市や関係機関との連携が大変に重要であるということが改めて認識されたと思います。 もっと読む
2019-02-18 堺市議会 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号 特に台風21号発生時には、市長並びに部局からは想定外の事態という言葉がよくありました。この言葉ほど市民の皆さんが不安を覚える言葉はございません。また、9月の大雨や台風21号の際、本庁や各区役所、避難場所への市職員の参集状況などを見ると、業務継続計画の上からも、職員の居住地についての課題、これも課題ではないかと指摘をさせていただきたいと思います。   もっと読む
2019-02-12 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月12日-01号 9月に発生した台風21号では、堺市でも市民生活に大きな影響がありました。このような中、安全で安心に暮らせることこそ、市民の皆様の第一の望みであり、地方自治体の最大の責務であると考えております。安全・安心の安をスローガンに、市民の皆さんの安全・安心の確保、そして地域の安寧にしっかりと取り組んでまいります。  加えて、7月には百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録の審議がございます。 もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月まちづくり委員会-02月06日-01号 補正内容につきましては、主にJR南武線津田山駅橋上駅舎化工事に当たり、台風等の影響により不測の日数を要したことから、既定の繰越明許費に追加増額するものでございます。  以上で「議案第36号 平成31年度川崎市一般会計予算」及び「議案第57号 平成30年度川崎市一般会計補正予算(その2)」のうち、まちづくり局関係の説明を終わります。 もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月環境委員会-02月06日-01号 繰り越しの理由といたしましては、入江崎クリーンセンターの移転予定地でございます塩浜3丁目地区の土地造成工事におきまして、地元関係者との調整及び台風等の影響により日時を要したことによるものでございます。  以上で議案第57号のうち、環境局関係の説明を終わらせていただきます。 ○廣田健一 委員長 説明は以上のとおりです。 もっと読む
2019-02-04 浜松市議会 平成31年  2月 建設消防委員会-02月04日−01号 同年7月29日から30日にかけて通過した台風12号による強風の影響で、市道掛塚砂山線に設置されていた道路照明灯が支柱の根元から折れたため、応急処置として小学校の外構フェンスへもたせかけるようにして、小学校敷地内に向けて一時的に仮置きしてありました。そこへ相手方が小学校駐車場内で車両を後退させ、駐車しようとした際、照明灯の存在に気づかず接触し、車両の後方上部を損傷したものです。 もっと読む
2019-02-04 浜松市議会 平成31年  2月 環境経済委員会-02月04日−01号 平成30年7月29日(日)午前0時ころ、台風12号の強風により場内の防草シートがあおられ、その反動で、長さ40センチメートル、重さ約650グラムのL型のとめ金具が、平和最終処分場の西側に近接する民家に飛び込み、相手方居宅の屋根、窓ガラスなどの家屋の一部と、ブラインドカーテンやソファーベッドなどの家財を破損する物損事故が発生しました。 もっと読む
2019-02-04 浜松市議会 平成31年  2月 総務委員会-02月04日−01号 事故発生場所は中区和地山二丁目で、台風24号の強風により、市有地上の劣化建物の一部が飛ばされたことによるものです。  1件目は市有地に対側する駐車場に駐車していた相手方車両を破損させた物損事故で、損害賠償額58万7936円で和解いたしました。  2件目は、市有地に隣接する駐車場に駐車していた相手方車両を破損させた物損事故で、損害賠償額は2万9926円で和解いたしました。   もっと読む
2019-01-23 仙台市議会 防災・減災推進調査特別委員会 本文 2019-01-23 雨、台風、それから地震、ここだって地震がもう二度と来ないという保証はどこにもない。宮城県沖地震だってあるという説もあり、それから長町利府断層だってあるし、どうなるかわからない。常に危機感を持たせ維持させること、絶対に風化させてはいけないこと、これらを強く感じておりますが、これらも記されておると思います。 もっと読む