17819件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神戸市議会 2019-10-15 開催日:2019-10-15 令和元年決算特別委員会〔30年度決算〕 (意見表明) 本文

6.高齢者社会参加と移動支援を脅かす、乗るたび負担制度の敬老優待乗車制度を続けたため。  以上,総じて市民の声が市政に生かされ,女性や子供の視点を大切にし,社会的弱者を初め,人と暮らし,教育優先の施策が十分に行われなかったため,決算を認定できない理由を述べ,つなぐ神戸市議員団の意見表明といたします。  

広島市議会 2019-08-07 令和 元年 8月 7日議会運営委員会−08月07日-01号

30日、月曜日の決特正副委員長と各会派との打ち合わせ会は、各会派参加対象は誰になるんですか。幹事長ですか、幹事ですか。 ◎小田 議事課長   基本的には幹事長さんに出ていただいております。御都合が悪ければ、副幹事長さんということになろうかと思います。 ○宮崎 委員長   そのほか、ございませんか。よろしいですか。           

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−07月03日-記録

こうした訓練、研修には、ただ参加するだけではなく、きちんと覚えておくことが非常に大事であり、内容の精査や拡充はもとより、参加職員の動機づけもまた重要であると考えております。また、地域住民が参加する訓練については、見学するだけで終わるのではなく、もしものときに本当に役に立つ訓練の実施が必要であると考えます。  

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月03日-05号

知的障がいのある方が、スポーツを初め、さまざまな形で社会参加することを応援するという趣旨をかなえるためには、社会全体でのサポートが不可欠であります。多くの市民の方に関心を寄せていただき、大会自体が盛り上がるよう、開催に向けての取り組みを着実に進めていただくよう求めます。  次に、都心部クロスカントリースキー大会実証実験についてです。  

新潟市議会 2019-07-03 令和 元年 7月 3日議会運営委員会−07月03日-01号

                                    議会運営委員会室 令和元年7月3日      午前 9時58分開会               午前10時09分閉会委員会  1 陳情について(その後提出のあったもの)  2 報告について(その後報告のあったもの)  3 本日の議事日程について  4 本日の全員協議会について 〇委員協議会  1 新潟まつり民謡流し参加実行委員会

岡山市議会 2019-07-02 07月02日-11号

児童・生徒が本に親しみ,調べ学習をしたり世界観を広げたりするために学校司書が果たしている役割が発表され,参加者からは期待の声が寄せられました。それが全て週35時間の会計年度任用職員にされてしまうと,学校図書館の開館時間にも,学校図書館授業に生かすための教員との打ち合わせにも支障を来します。学校司書の全校配置は,全国から視察が来る先進的な取り組みです。それが後退してしまいます。

札幌市議会 2019-07-01 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月01日-04号

2016年に新潟で開催されました前回の第6回冬季大会では、開会式で歌手のMISIAさんが参加者にプレゼントを渡す演出や、エキシビションでは、フィギュアスケートの元オリンピック選手の安藤美姫さんが参加して選手と共演したり、大会に参加しない知的障がいのある方の体験プログラムでは、元Jリーガーの北澤 豪さんによるスノーシューイングの体験会を行うなど、大会が大いに盛り上がったと伺っております。  

川崎市議会 2019-06-28 令和 1年 第3回定例会-06月28日-05号

◆18番(田村京三) 就職相談会を開催しているとのことですが、参加した方々の市内への就職実績について伺います。また、保育士確保のためには、就職者数の向上だけではなく、保育士の定着者数の向上も必要だと思われますが、保育士の処遇改善についての取り組みについても伺います。 ○副議長(花輪孝一) こども未来局長

川崎市議会 2019-06-27 令和 1年 第3回定例会−06月27日-04号

委員から、県が実施している放課後児童支援員認定資格研修の委託先及び委託額について、同研修の年間参加者数について、本市が研修を民間委託により実施する場合に見込まれる費用について、それぞれ質疑がありました。  審査の結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第92号、川崎区における町の名称の変更についてであります。