577件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-07-02 令和 1年 第3回定例会−07月02日-07号

健康福祉局長(北篤彦) 医療介護体制の確保に向けた取り組みについての御質問でございますが、今年度につきましては、在宅チーム医療を担う地域リーダー研修の実施や介護人材の呼び込み、就労支援、定着支援、キャリアアップ支援を一元的に行う介護人材マッチング・定着支援事業の拡充等により、医療介護の担い手の確保を推進してまいります。

川崎市議会 2019-06-28 令和 1年 第3回定例会-06月28日-05号

時間外勤務の削減には、ICTを活用した働く環境の改善と、業務の標準化や効率化による業務負担の軽減が必要不可欠です。その一つとして、現状の人事評価制度が上げられます。通常業務を効率よく進めただけでは評価が得られず、通常業務に上乗せした業務しか加点評価されないシステムとなっており、評価のために業務量をふやしてしまうのが実情です。

神戸市議会 2019-06-26 開催日:2019-06-26 令和元年福祉環境委員会 本文

健康創造都市KOBEの推進としまして,1.ICTを活用した健康創造都市KOBEの推進では,健康創造都市KOBE推進会議の議論を踏まえ,平成30年度に構築した個人健康関連データを集約・結合する市民PHRシステム(MY CONDITION KOBE)を活用し,健康状態の見える化を図り,新たな健康づくり事業・サービスを展開してまいります。  

川崎市議会 2019-06-19 令和 1年 第3回定例会-06月19日-02号

医療介護現場での人材不足は今になって始まったことではなく、以前からその深刻さは指摘されてきました。平成7年より看護人材を養成してきた短期大学も、今般4年制大学への移行を決定し、ますます深刻化する医療現場の人材不足に貢献していかなければなりません。加えて、量とともに質も求められる中、超高齢社会に対応し得る看護師をどのように養成していくのか伺います。

新潟市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日市民厚生常任委員会−03月12日-01号

この計画の28ページで,なかなか若年層の数が減らないので,今回力を入れているということですが,若い人は電話相談をなかなかしないので,やはりICTを使った相談が非常に重要で,厚生労働省も含めてICTを活用したネットやチャット回線などの相談を今行っていると聞きますが,本市ではこのあたりをどう進めていきますか。

堺市議会 2019-03-08 平成31年度予算審査特別委員会-03月08日-03号

また、先月20日から22日にインテックス大阪で、医療介護関係者など約3万人が来場する医療介護の総合展示会メディカルジャパン2019大阪が開催されましたが、そこに会員企業が出展するなど、個別の取り組みも進めておられます。  平成31年度は、これまでの取り組みに加えまして、医療機器製造販売の業許可取得や介護保険適用の支援など、取り組みをさらに進めてまいります。  

北九州市議会 2019-03-08 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号

もう一点、高齢者健康づくり介護予防の観点で、ICTの活用の可能性について市はどのような検討がされているかというお尋ねがございました。  ICTの関連技術は、スマートフォンやタブレットなどの通信端末、体組成計や歩数計のセンサー機器に代表されるように、小型化、高速化、大容量化が進み、急速な普及を見せております。

神戸市議会 2019-03-07 開催日:2019-03-07 平成31年予算特別委員会〔31年度予算〕 (意見表明) 本文

その財源を活用することで子供子育て世帯への支援,安心の医療介護福祉防災地域課題の解決と中小企業支援を行うことで内需を温め,神戸の元気を取り戻し,ひいては税源の涵養に資する神戸の強みを生かした経済政策を提案していることを申し添えておきます。  以上です。

北九州市議会 2019-03-07 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号

私は、北九州市のこの特区がイノベーションにつながるとともに、ノーリフティングケア宣言を上げることで全国注目の事業になる、また、ノーリフティングケアが医療介護の現場で多発している腰痛症、患者の拘縮予防にも不可欠であると発言してきました。昨年11月の西日本国福祉機器展の特設会場で、拘縮は日本だけ?ノーリフティングケアが日本を救うとの内容で10名の識者、事業者による取り組みが発表されました。

千葉市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2019-03-06

そうした中、少子化対策年金医療介護に対する安定的な財源を確保するために、本年10月には消費税率が8%から10%へと引き上げられる予定と伺っております。少子高齢社会が急速に進む中で、全世代型の社会保障を確立し、持続性を確保するための計画とそれを実行に移すための取り組みが求められているところであります。  

千葉市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-03-04

一方で、病気や寝たきりになっても住まいが確保され、医療介護保険で十分に支えられ、医療介護生活支援などを備えた施設生活圏域に充実し、地域コミュニティーの中で生活できることも望まれます。  そこで、四つ目として、医療介護の連携を強化していくことは、市民健康格差をなくすことに資すると考えています。  

北九州市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号

しかし、同地域には医療介護関係施設が整備  されておらず、今後は「駅周辺再開発プロジェクト」による商業医療といった  施設の整備と併せて、スウェーデンヒルズからJR石狩太美駅周辺及び道の駅ま  での地域を当別町版CCRC構想のエリアとして民間事業者の誘致を進めるとと  もに、既存の環境を活かした取り組みを進めている。 

札幌市議会 2019-02-27 平成31年第二部予算特別委員会−02月27日-03号

このような状況の中、最近では、ICTの発展が目覚ましく、国においてもICT等の情報技術の活用による下水道事業の質、効率性の向上や、情報見える化を行い、持続と進化を目指す取り組みとして、平成29年2月よりi−Gesuidoを推進しているところであります。そのため、本市においても、ICTを活用することで、業務の効率化や防災減災につながるのではないかと考えております。  

熊本市議会 2019-02-21 平成31年第 1回定例会−02月21日-03号

大西市長も市長就任以来、子供医療費助成の拡大、待機児童対策の推進、小中学校へのエアコン設置、学校教育へのICTの導入など、子育て環境子供たちの教育環境の整備に特に力を入れてこられたことは、高く評価されているところであります。これらについては、今後も引き続き尽力されるものと大いに期待しているところでもあります。  ところで、新年度予算で高校改革関連経費が計上されています。

千葉市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-02-21

我が国においては、急速な高齢化が進む中、地域包括ケアシステムの構築に向けて取り組みが進められておりますが、現状は多様な主体がさまざまなサービスを断片的に提供している状況であり、高齢となり介護が必要となっても、在宅を基本とした生活を継続していくためには、在宅医療、看護、介護関係者の連携による切れ目のないサービス提供が重要であり、さらには、高齢者の増加を踏まえた在宅医療介護サービスの拡充が求められております

熊本市議会 2019-02-20 平成31年第 1回定例会−02月20日-02号

具体的には、栽培技術個人差や過重労働等の課題を解決し、産地の潜在能力を最大化させるためには、農業者の営農技術や経営の高位平準化、農作業の軽労化などの推進が必要でございますことから、熊本市農協柑橘部会等の生産者の部会を初め、県、大学ICT・AI企業などからなる事業主体を構築いたしまして、ICT技術やAI技術を活用して、議員御指摘の匠のわざを若い後継者へ継承するシステムを構築いたしますとともに、アシストスーツ