303件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

静岡市議会 2019-02-14 平成31年 厚生委員会 本文 2019-02-14

それで、医師の確保に向けての取り組みでございますけれども、当院には関連大学医局から派遣を受けている医師が非常に多くおります。それを踏まえますと、大学医局との関係を維持し、強化していくことが重要と考えております。  そのほかに、当院では10社ほどの医師紹介会社契約しておりまして、そこからの紹介。また、平成27年度に清水病院の独自の制度として創設しました、就学資金の貸与制度がございます。

静岡市議会 2019-02-05 平成31年2月定例会(第5日目) 本文

しかしながら、医師不足の状況は継続しており、引き続き大学医局との関係強化に積極的に取り組むとともに、院内の教育制度医療機器等の充実を図るなど、医師にとって魅力ある環境の整備を進めることにより、医師の確保に努めてまいります。  医師の確保以外では、清水病院の強みを生かした取り組みが重要であると考えています。  

北九州市議会 2018-12-05 平成30年12月 定例会(第4回)-12月05日−01号

これは派遣元である大学医局自体に脳神経外科医の数が少なくなったため、これまでどおりの派遣ができなくなったということによるものでございます。このため、従来の医局とは別の大学に働きかけを行い、平成29年9月から1名を確保し、現在では常勤2名体制と外部からの診療応援を受け、救急搬送にも対応可能な診療体制を構築しているところでございます。  

神戸市議会 2018-10-22 開催日:2018-10-22 平成30年福祉環境委員会 本文

その中で何人かの市会の先生方が委員としても出ておられる中で,これは議事録によりますと,森本委員の御質問に対して最終的に──今,これ大学医局の派遣医師の引き上げというのが議論の経緯でございましたけども,さまざまな制度の改革の中で,今は若手の医師キャリアアップを考える上で病院を選択する時代に入っているため,病院そのものの魅力づくりがないと,時代背景もあり,強制的な派遣はできない。

北九州市議会 2018-10-05 平成30年 9月 定例会(第3回)-10月05日−07号

医師の確保については、引き続き大学医局への相談や人材紹介会社の活用など、あらゆる方法により鋭意努めてまいりたい等の答弁がありました。  なお、委員から、障害福祉施設の利用者は苦情を言いにくい立場であるため、今後も市として全体に目配りされたい。  障害福祉施設譲渡後の民間事業者に対して、引き続き利用者との信頼関係の構築に努め、経営の効率化等を図るよう指導されたい等の意見がありました。  

静岡市議会 2018-10-02 平成30年 厚生委員会 本文 2018-10-02

これまでも医局訪問、医師紹介会社との連携、また医学生修学資金貸与制度の活用に加え、医師の働き方改革を踏まえた勤務条件、あるいは勤務環境の改善など、あらゆる対応を実施していきたいと考えております。  また、この医師確保対策以外の方策でございますけれども、近年、減少しております外来患者を増加させるためには、地域の開業医からの逆紹介患者紹介をふやしていく必要があります。

北九州市議会 2018-09-13 平成30年 9月13日 保健病院委員会-09月13日−01号

議員御案内のとおり、医師の確保については、大学医局協力が不可欠でございまして、我々としましても、大学医局に積極的な働きかけを行っているところでございます。ちょっと現状を申しますと、産婦人科ですとか小児科ですとか麻酔科ですとか脳神経外科ですとか、診療科によって、その医局自体に絶対数が少ない診療科がございまして、八幡病院に限らず、各病院医師の確保に苦戦しているところでございます。

北九州市議会 2018-06-08 平成30年 6月 8日 保健病院委員会-06月08日−01号

障害者支援課長 産業医大とかに今御相談を差し上げているんですが、実際産業医大の医局自体も精神科のお医者さんが今不足しているような状況で、今本当に苦労しております。産医大だけではなく、ほかの病院にもいろいろ当たってまいりたいと思いますが、北九州市の総合療育センターだから確保できないというよりも、全体的にいろんな場面で御相談申し上げても実数はいらっしゃらないというか、そういった状況でございます。

神戸市議会 2018-03-22 開催日:2018-03-22 平成30年福祉環境委員会 本文

これについては,基本的にはほぼ医局が一緒であるということもあって,両病院が修学資金の貸付原資を拠出し,医学部卒業後どちらかの病院で貸与期間と同じだけ勤務すれば返済が不要になると。今,年間2人であるということで,神戸市北区,三田市の医師数が全国平均であったり県平均を下回っている状況にあることが1つでございます。  

神戸市議会 2018-03-02 開催日:2018-03-02 平成30年予算特別委員会第2分科会〔30年度予算〕(保健福祉局) 本文

そのような事情から我が会派の川内議員のほうから常勤医の確保を要望させていただき,局長からも院長みずからが大学医局のほうに働きかけているとの答弁をいただいておるわけですけれども,その後,常勤医の確保に向けた状況はどのようになっておるかお尋ねします。

静岡市議会 2018-02-05 平成30年2月定例会(第5日目) 本文

今後も、修学資金貸与制度の活用に加え、市長が先頭に立った医局訪問を継続的かつ効果的に実施し、トップセールスにより大学医局との一層の連携を深め、医師の確保に努めてまいります。  また、多様な働き方、柔軟な働き方を可能とする環境の整備を行い、医師を初めとする医療スタッフの確保、医療提供体制の充実を図ってまいります。  

新潟市議会 2017-11-28 平成29年11月28日市民厚生常任委員会−11月28日-01号

ドクターの入り繰りですが,新潟大学からドクターを供給してもらうというのが原則ですが,医局人事との関係で,病院の場合は年度途中の7月でも,8月でも,いろいろな状況の中でドクターはかなり入れかわっていきますので,例えば今市民病院にいるドクターがこっちに行くという話になればまた新しい人が来るということです。

札幌市議会 2017-10-27 平成29年第二部決算特別委員会−10月27日-09号

周産期連携について、ある大学の産婦人科医局に話を伺ったところ、今後においては、産科医が年4〜5人減少する見込みであり、その影響が札幌にも及ぶ可能性が大きいが、一方で、現在は多職種によるチーム医療での周産期救急連携研修が積極的に開催されており、高度な連携を図るとともに、減少が著しい産婦人科医局への入局につなげるリクルート的な役割も果たしていると言います。