94件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2018-10-04 平成30年決算特別委員会第4分科会−10月04日-05号

平成29年度未着工のものも一般質問で述べましたが,明石通から柳都大橋まで,あるいはそれ以降などですが,平成29年度,今着工中,未着工のものも含めて,国の事業ですから,去年の暮れに北陸地方整備局の評価監視委員会がありましたが,新潟市として必要性についての検証は何か行われたのですか。

北九州市議会 2018-09-18 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月18日−04号

ことしだけでも北陸地方豪雪島根県西部地震、霧島連山噴火、大阪北部地震、本市や岡山、広島、愛媛を初め多大な被害を発生させた平成30年7月豪雨、また、異常な猛暑、台風では関空水没や京阪神地域が麻ひを起こした猛烈な台風、更に、北海道で観測史上初めての震度7などと次々に大災害が起こりました。  

新潟市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会本会議−09月11日-03号

前回,評価監視委員会が行われた平成26年度から3年たって,昨年,平成29年12月に行われた北陸地方整備局事業評価監視委員会では,現在事業中の栗ノ木道路と紫竹山道路の2つの事業について,事業費の見直しの報告があり,栗ノ木道路軟弱地盤対策の工法変更,栗ノ木川の油・廃材対策費で約40億円増,紫竹山道路は栗ノ木川つけかえ区間の延伸と油・廃材対策費で15億円増の,合計55億円の事業費の増嵩がありました。

新潟市議会 2018-06-21 平成30年 6月定例会本会議−06月21日-04号

次のオですが,平成27年11月,地元の大通コミュニティ協議会名義で,国道8号車線改良に関する要望書を北陸地方整備局長などに提出した経緯があります。その後も,新潟国道事務所の主導による,国道8号沿線の土地所有者や事業者なども含めた南区北部地域安全・安心で便利な道路を考える会が発足されました。翌平成28年11月には1回目の意見交換会,勉強会が開催され,ことし4月には3回目も実施されたところです。

千葉市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-02-28

さらに、記憶にも新しい北陸地方を襲った記録的な大雪の被害など、改めて国土強靱化の必要性を痛感する事態が続いております。  本市においては、平成27年3月、県内でいち早く国土強靱化地域計画を公表した旭市千葉県におくれること数年、ようやくの感は否めませんが、千葉市国土強靱化地域計画の策定が進められていると承知しております。

川崎市議会 2018-02-26 平成30年 第1回定例会-02月26日-02号

一方、国内では、北陸地方を中心とした豪雪による交通麻痺や事故等による死傷者、さらに首都圏においても交通網の大混乱など、大きな爪跡を残しました。改めて、自然災害への万全の備えの重要性を再認識させられました。本市においても、首都直下型地震津波多摩川洪水など、想定される災害に対して準備を怠るわけにはまいりません。

新潟市議会 2018-02-23 平成30年 2月定例会本会議−02月23日-04号

また,北陸新幹線長野─金沢間の開業により,首都圏から北陸地方への流動形態も大きく変化しています。長野・北陸・関西圏からの人・物・経済交流の拡大において,また県内拠点都市間を確実につなぎ,県土の均衡ある発展を図るために,上越・北陸新幹線在来線との直通運転を実現するとともに,信越本線,えちごトキめき鉄道路線における利便性向上を図ることは,本市の拠点性強化にもつながるものと考えます。  

新潟市議会 2018-02-22 平成30年 2月定例会本会議−02月22日-03号

2月上旬の北陸地方の大雪においても,福井県内では雪捨て場が不足していたことから排雪作業に時間を要したと報道されています。本市における1月中旬の大雪の際には,海岸河川敷などの大きな雪捨て場を活用し,排雪作業に対応しました。今後も調整池公園を含めたさまざまな施設において,管理者や地域住民との協議を行った上で,多くの雪捨て場の確保に努めていきます。  次に,除雪説明会についてです。  

新潟市議会 2018-02-19 平成30年 2月19日環境建設常任委員会-02月19日-01号

もう一点,北陸地方福井市で除雪作業中のオペレーターが心肺停止という痛ましい事故が起こりました。本市においても今回の大雪に対して除雪業者にそういった過労的なことがないように配慮し,今後の除雪に当たってください。これから三寒四温を経て暖かくなってきて,雪がだんだん重くなってくるので,排雪作業は大変かと思いますが,市当局としては,オペレーター,除雪業者が重労働にならないよう適宜その旨配慮されたい。

新潟市議会 2017-12-12 平成29年12月定例会本会議−12月12日-04号

さらに,早川堀の整備や旧小澤家住宅の整備,海岸国土交通省北陸地方整備局新潟港湾・空港整備事務所が養浜を進め,本市が誇る砂浜がよみがえってきています。今まで,この校区には膨大な金額を投資していますが,肝心の地域の活性化にはつながっていません。どこか点と点がつながっていないような感じを受けます。  

新潟市議会 2017-12-11 平成29年12月定例会本会議−12月11日-03号

〔五十嵐完二議員 登壇〕 ◆五十嵐完二 質問の(2)に,3年に1度行われている北陸地方整備局事業評価監視委員会で,平成26年度にこの栗ノ木道路,紫竹山道路が再評価の対象になりました。意見としては特になく,結果は妥当となっています。この事業により,円滑な走行環境が確保され,渋滞損失時間が削減される,事業区間で年間約59件の死傷事故件数の削減が期待される,先ほど部長が答弁した中身です。

新潟市議会 2017-09-20 平成29年 9月定例会本会議−09月20日-03号

昨年6月,国土交通省北陸地方整備局は,県内を流れる信濃川阿賀野川,関川の3水系の国管理区域の新たな洪水浸水区域を公表し,既存の100年から150年に1度の降水量を前提とした想定に加え,過去最大規模,1,000年に1度の降水量に基づいた想定を新設しました。近年ではゲリラ的な豪雨や大雨などが頻発,考え得る最悪の可能性を示しています。  

新潟市議会 2017-03-02 平成29年 2月定例会本会議-03月02日-05号

ことし1月,国土交通省北陸地方整備局は,首都直下地震などで太平洋側港湾が被災した場合,日本海側港湾が代替機能を果たすための基本行動計画を策定しました。特に,国内最大級の京浜港が使えなくなった際は,新潟港などがコンテナ貨物受け入れ・送り出しを担うことを想定しています。このような万が一に備え,被災した港のバックアップを本市が担うことは,拠点性強化という観点からも価値的であると考えます。

新潟市議会 2016-10-24 平成28年10月24日総務常任委員会-10月24日-01号

吉田孝志 委員  県庁が移転し,その跡地に市役所が動いてくるときに,ここを中心に高層を建てようと思ったが,風致地区ということで高層が建てられないため,分館を使いながら,国の機能再編という中で北陸地方整備局が移ったところを積極的に購入したのか,押しつけられたのか,それを購入したのが白山浦庁舎になっていて,そこを中心にしたまちづくりという積極的なものはないものの,まちづくりの中において,行政機能を中心

新潟市議会 2016-09-13 平成28年 9月定例会本会議-09月13日-04号

〔内山則男議員 登壇〕 ◆内山則男 エに移りますが,昨年11月,地元大通コミュニティ協議会は,国土交通省北陸地方整備局へ要望書を提出しました。その結果,今年度の予算に一部交差点改良事業の調査費が計上されました。地区住民が直接国へ要望書を提出し,切実に訴えていることについて,本市としてどのような受けとめ方をされているのか,今後またどう対応していかなければならないと感じているのか,お聞きします。

新潟市議会 2016-06-28 平成28年 6月28日環境建設常任委員会-06月28日-01号

これは,私から国土交通省北陸地方整備局へ出した情報公開です。請求する行政文書の名称,このあたりを読みます。平成28年度に計画中の新潟駅前東大通の国道上に新潟市が設置する島式ホームと専用レーンに関する新潟市との交渉経過並びに今後の対応策に関係する一切の公文書の開示を求めるということで出しました情報公開です。なぜ出しましたかといいますと,国交省に出したこの手紙を見ていただければ幸いだと思います。