25069件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2020-05-15 令和 2年 第3回臨時会−05月15日-02号

各種休業補償に充てなかった理由について、川崎じもと応援券を実施する意思決定を行った会議体について、県内自治体における地方創生臨時交付金を財源とした取組状況の把握について、市単独で事業者への各種休業補償等を行っていない政令指定都市の数について、横浜市及び相模原市との意見交換を行った上で市独自の休業補償等を行わない結論に至った理由について、検討に上がっていた現金型給付の内容について、川崎じもと応援券の制度設計

川崎市議会 2020-05-13 令和 2年 第3回臨時会-05月13日-01号

次に、中小企業融資制度について伺います。実質無利子・無担保をうたい文句にした中小企業融資制度が注目を集めています。本制度は、3,000万円を上限とした融資に対して、3年分の利子と信用保証料を国の負担とすることにより、本人負担を大幅に軽減するものですが、特別な措置である以上は、真に必要な方々に対して適正に実施されなければなりません。

川崎市議会 2020-04-23 令和 2年 第2回臨時会−04月23日-02号

災害時要援護者避難支援制度については、多くの地域で実施されなかったことを踏まえ、制度支援の仕組みを検討するとありますが、具体的な取組とスケジュールを伺います。本部運営の見直しの中では、災害対応に専念しなければならない部署の電話対応を極力減らし、人的リソースを確保するため、サンキューコールとの連携を図るとしていますが、具体的な方法について伺います。

川崎市議会 2020-04-21 令和 2年 第2回臨時会-04月21日-01号

初めに、大都市財政制度調査特別委員会委員の選任についてです。本件につきましては、委員会条例第12条に基づきまして、大都市財政制度調査特別委員会委員であります秋田議員、市古次郎議員及び赤石博子議員から、3月31日付をもちまして同委員を辞任したい旨の申出がありましたので、辞任を許可いたしました。

川崎市議会 2020-04-21 令和 2年 第2回臨時会−04月21日-目次

………………………………………………………………………………2  出席説明員……………………………………………………………………………………3  出席議会職員………………………………………………………………………………3  開  会………………………………………………………………………………………4  諸報告…………………………………………………………………………………………4   大都市財政制度調査特別委員会委員

川崎市議会 2020-04-16 令和 2年  4月文教委員会-04月16日-01号

だから、そういう点で、たとえそのことで言ったら人数が少ないとしても、その制度を利用している人にとっては、それが命綱になっているということもあるわけですから、そこだけで判断するのではなくて、そういう全体を見て、生存に欠かせないだとか市民活動に欠かせないということをしっかり判断していただきたいと思うんです。そのことは一つは要望していきたいと思います。  

川崎市議会 2020-04-10 令和 2年  4月文教委員会-04月10日-01号

市民の所蔵していた大切なもので、早急に救出しなきゃいけないというのは分かるところで、本来であれば、そういう制度は公表されたか、ちょっと私も覚えていないんですけれども、やるのであれば早いうちにやったほうがよかったかなと思いますし、ある程度、4カ月ぐらいたって、そういう制度で立ち上げて、全庁的にそれは共有されたということですけれども、例えば、市民の持ち物という意味では、あの災害に限っては、例えば、例えばですよ

川崎市議会 2020-04-09 令和 2年  4月総務委員会-04月09日-01号

人事課では、人事制度の調査や企画、職員の選考、任免、服務及び人事評価に関する事務などを行っております。労務課では、職員給与勤務時間などの勤務条件の整備などを行っております。  次に、8ページを御覧ください。  職員厚生課では、職員の福利厚生安全管理、衛生管理、心身の健康管理、公務災害補償などを行っております。

川崎市議会 2020-04-09 令和 2年  4月健康福祉委員会-04月09日-01号

また、消防職員及び消防団員階級についてでございますが、災害現場などにおきまして、効率的な活動及び指揮統率上、必要不可欠なものとして階級制度を設けております。上段には消防職員階級について、また、下段には消防団員階級についてそれぞれ記載しておりますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。

川崎市議会 2020-04-09 令和 2年  4月まちづくり委員会-04月09日-01号

1、川崎市の治水事業の沿革でございますが、市内を流れる一級河川は、流域の都市化に伴う雨水流出量の増大により治水安全度が低下しているため、昭和46年から国、県の補助制度の適用を受け、時間雨量50ミリの降雨に対応できる河川改修を進めており、災害に備えた川づくりに向けて取組を進めているところでございます。  次に、今回浸水被害が発生した3地域河川及び施設の事業経過等を御説明いたします。

川崎市議会 2020-04-02 令和 2年  4月文教委員会−04月02日-01号

○木庭理香子 委員長 政策調査課制度・法制担当、長島達二書記でございます。 ◎長島 書記 よろしくお願いいたします。         ───────────────────────── ○木庭理香子 委員長 続きまして、日程第2の「各種委員の選出について」を議題といたします。  初めに、文教委員会関係の委員につきまして、事務局に説明を求めます。

神戸市議会 2020-03-30 開催日:2020-03-30 令和2年外郭団体に関する特別委員会 本文

11 ◯委員(岡田ゆうじ) 何度かこの委員会で議論をしてるんですが,新交通退職金を──これがパンフレットなんですけども,神戸商工会議所の特定退職金共済制度に入ってるんですね。この3ページ目に,これ前も指摘したことなんですけども,退職金の受け取りについてということで,この制度の給付金の受取人は被共済者(加入従業員)ですと。佃氏個人ですね,この場合。

堺市議会 2020-03-27 令和 2年第 1回定例会-03月27日-05号

│ │ 次に、会計年度任用職員制度についてですが、実際の運用において、非正規職員の処遇改善│ │につながるよう活用してください。国会での高市総務大臣の新たに期末手当を支給する一方 │ │で、給料や報酬を引き下げることは適切ではないとの答弁や、制度施行に伴う経費として令│ │和2年度地方財政措置がされていることなども踏まえ、処遇改善がなされるよう求めます。 

熊本市議会 2020-03-24 令和 2年第 1回定例会−03月24日-04号

また、子供医療費助成制度については、効果検証を行うためのアンケート調査に関する予算が提案されていますが、周辺市町村とせめて肩を並べる水準となるよう自己負担を廃止するべきです。さらには、市長の公約であるがん検診の無料化についても、受診率の向上や予防医療の取組拡充の観点から、年齢制限をなくし、完全無料とすることを求めるものです。