6962件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

堺市議会 2019-12-06 令和 元年第 6回定例会-12月06日-03号

文部科学省においては、公立学校施設に対する補助事業長寿命化改良工事を創設するなど、長寿命化の取り組みを促進しております。  本市の長寿命化の取り組みにつきましては、平成29年度に宮園小学校、今年度原山ひかり小学校において実施をしております。  今後の学校施設の更新につきましては、建物や設備の老朽化度合いなど、さまざまな観点を考慮することにより、長寿命化や建てかえを検討しています。

堺市議会 2019-10-30 令和 元年10月30日大都市制度・広域行政調査特別委員会-10月30日-01号

実際、運営主体となるのも、昔は公立か、あるいは社福というか社会福祉法人ということになっておりましたが、今、それぞれまた違うところが運営しているというところもたくさんありますので、そのこと自体については、もう時代の流れかなとも思います。国の補助金などの支援は、そうした状況の中でこれからも大いに行わなければなりません。

川崎市議会 2019-10-04 令和 1年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)-10月04日-12号

次に、厚生労働省より発表された役割、機能の再検証の対象となった公立・公的医療機関に関して伺います。新聞報道によれば、厚生労働省が9月26日付で全国の公立・公的医療機関で再編統合の必要性について、特に議論が必要と判断された424の病院名を初めて公表したとあります。その中に本市の井田病院が該当しているとのことであります。余りに唐突との感が否めませんが、公表の目的は何なのか伺います。  

仙台市議会 2019-10-03 健康福祉委員会 本文 2019-10-03

これほどの事態が前例として起こっているんですから、公立保育所の廃止民営化計画は中止すべきだと思います。限られた財源でというふうにこれまでも繰り返しおっしゃっていますけれども、では公立のまま建てかえれば、運営費や整備費として交付税も措置されるということ、これまでも議会の議論の中で明らかにしてきましたけれども、この点についてはいかがでしょうか。

熊本市議会 2019-10-02 令和 元年第 3回定例会-10月02日-07号

│ │  気候や土質の違いなどの環境は、地域ごとに異なり、公立研究機関がそれぞれ│ │ の地域に見合った品種を開発し安定供給を支えてきた主要農作物種子法の役割 │ │ は、現在でも失われておらず、食の根幹である種子の生産や供給体制が揺らぐこ│ │ とがあってはなりません。                        

熊本市議会 2019-09-30 令和 元年第 3回予算決算委員会−09月30日-03号

一、本改正に伴い私立保育所のみ新たに徴収業務が発生するが、滞納による副食の提供制限保育所による費用補填などが起こるおそれがあることから、食事は重要な保育の一環であることに鑑み、私立においても公立と同様に市が徴収すべきである。  一、所得等の理由により副食費が免除となる場合は、市より保育所等に対し免除通知がなされることから、個人情報について適正な管理がなされるよう十分な指導を求めたい。  

川崎市議会 2019-09-27 令和 1年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第2日)-09月27日-07号

◎永松祐一 健康福祉保健医療政策室担当課長 外国人医療費未収金についての御質問でございますが、厚生労働省に確認いたしましたところ、本調査において市内で外国人患者を受け入れた病院は、公立、民間合わせて9施設、そのうち未収金があると回答した病院は1施設未収金が生じた延べ患者数は9名、未収金額は合計5万8,768円でございます。以上でございます。

堺市議会 2019-09-26 令和 元年 9月26日文教委員会-09月26日-01号

公立図書館においては、指定管理者制度を導入する事例とともに、一旦導入した後に直営に戻す事例があるなど、さまざまな運営手法が検討されております。本市では図書館の役割である図書館サービスの安定性や継続性について、行政サービスとしての質を担保するという前提のもとに、指定管理者制度を含めたアウトソーシングによる運営について研究していきたいと考えております。以上でございます。

熊本市議会 2019-09-24 令和 元年第 3回教育市民分科会−09月24日-01号

平成26年度が全部で318件、27年度が283件、28年度が278件、29年度が239件で30年度が195件と、公立高校を中心に授業料無償化とかが進んでおりますので、貸し付け件数は今減っているような状況でございます。  家計急変の方につきましては、26年度が4件、27年度がゼロ件、28年度が2件、29年度がゼロ件、30年度がゼロ件という形になっております。

熊本市議会 2019-09-24 令和 元年第 3回厚生委員会−09月24日-01号

児童発達支援ルームの整備におきましては、同種の民間施設が増加傾向にあり、さらには既存施設の機能強化を含めた総合的な検討を引き続き行うこととしたこと、市立保育園の見直しにおきましては、本年10月施行幼児教育無償化の影響等を踏まえ、公立保育園が担うべき役割を再検証することとしため、未達成となったところでございます。  続きまして、4の計画の総合評価についてです。  

川崎市議会 2019-09-24 令和 1年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第1日)−09月24日-06号

会議では、地域医療構想の達成に向けて必要な施設等の整備、あるいは在宅医療の充実、そして人材確保などに活用するための地域医療介護総合確保基金について神奈川県から実績報告がなされているようでありますが、本市の公立病院を初め、いわゆる公の医療機関等においてどれだけ基金が活用されているのか伺います。具体的には、本市、横浜市神奈川県それぞれの執行額についてお示しください。

熊本市議会 2019-09-17 令和 元年第 3回予算決算委員会−09月17日-01号

まず、公立保育所の非常勤保育士につきましては、各保育所に必要な人員となります57名の募集を行ったところでございますが、応募が少なく、7名の雇用ができなかったものでございます。予定数に満たなかった保育所につきましては、運営に必要な基準は満たしておりましたものの、交代制勤務を組むための調整が必要となるなどの影響があったところでございます。  

川崎市議会 2019-09-13 令和 1年 決算審査特別委員会−09月13日-目次

幼児教育保育の無償化について〔こども未来局長−430〕     特別養護老人ホーム等の防災対策について〔健康福祉局長−428〕     特別の理由による予防接種の再接種費用の助成について〔健康福祉局長−428〕     歯科検診について〔健康福祉局長−429〕     障害者雇用について〔総務企画局長−425、健康福祉局長−429〕     厚生労働省から発表された役割、機能の再検証の対象となった公立

熊本市議会 2019-09-12 令和 元年第 3回定例会−09月12日-06号

また、公立高校では、普通科にも前期選抜を導入することを検討されているという旨も記事で出てきております。  今回の委員会で、人材育成の方向性と教育機関の改革の検討を行い、生徒主体、自分の将来をデザインできるなど、新たな学校づくりを目指されているということで、非常に安心いたしました。  

川崎市議会 2019-09-12 令和 1年 第4回定例会-09月12日-04号

本年度の保育所幼稚園等利用案内には、公立保育所のセンター園で受け入れが可能とされていますが、具体的な定員枠が定められておらず、さらに主治医から、集団生活の必要があり、集団保育が可能と、所定の入園前健康診断に所見が示されているにもかかわらず、センター園に入所できない児童存在します。

川崎市議会 2019-09-11 令和 1年 第4回定例会-09月11日-03号

実施に当たりましては、保育の現場において経験を生かした具体的な支援、指導ができるよう、公立保育園の園長経験者等により適切な指導等を継続してまいります。以上でございます。 ○副議長(花輪孝一) まちづくり局長。    〔まちづくり局長 岩田友利登壇〕 ◎まちづくり局長(岩田友利) まちづくり局関係の御質問にお答え申し上げます。