55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜松市議会 2018-12-13 平成30年 11月 定例会(第4回)-12月13日−22号

第29 第147号議案 指定管理者の指定について(浜松市武道館)  第30 第148号議案 指定管理者の指定について(浜松アリーナ)  第31 第149号議案 指定管理者の指定について(浜松市新橋体育センターほか5施設)  第32 第150号議案 指定管理者の指定について(浜松市天竜ボート場ほか3施設)  第33 第151号議案 指定管理者の指定について(浜松市三ヶ日総合福祉センター、浜松市三ヶ日児童

浜松市議会 2018-12-05 平成30年 12月 厚生保健委員会-12月05日−01号

10:57 △(6)第151号議案指定管理者の指定について(浜松市三ヶ日総合福祉センター、浜松市三ヶ日児童) ●結論  全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定しました。 ●発言内容 ○神間智博委員長 次に、審査順序6、第151号議案浜松市三ヶ日総合福祉センター及び浜松市三ヶ日児童の指定管理者の指定についてを、議題といたします。  

浜松市議会 2018-11-16 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月16日−18号

第30 第147号議案 指定管理者の指定について(浜松市武道館)  第31 第148号議案 指定管理者の指定について(浜松アリーナ)  第32 第149号議案 指定管理者の指定について(浜松市新橋体育センターほか5施設)  第33 第150号議案 指定管理者の指定について(浜松市天竜ボート場ほか3施設)  第34 第151号議案 指定管理者の指定について(浜松市三ヶ日総合福祉センター、浜松市三ヶ日児童

浜松市議会 2018-06-14 平成30年  6月 厚生保健委員会-06月14日−01号

              第5目 民生費雑入            歳出予算中             第3款 民生費中              第3項 生活保護費              第8項 介護保険費          第2条(債務負担行為の補正)中           第1項中            三ヶ日総合福祉センター他1施設指定管理運営費(三ヶ日総合福祉セン            ター、三ヶ日児童

浜松市議会 2017-06-14 平成29年  5月 定例会(第2回)-06月14日−10号

2016年11月、高市総務大臣は、地方交付税の基準財政需要額算定に反映するというトップランナー方式で、2017年以降検討するものとして、図書館、博物館、公民館、児童などとなっていましたが、見送りを表明いたしました。その理由として、1、教育機関・調査研究機関としての重要性に鑑み、司書・学芸員等を地方団体職員として配置することが適切である。

浜松市議会 2017-03-14 平成29年  3月 総務委員会-03月14日−01号

◆北島定委員 今後、図書館や博物館、公民館、児童等の管理業務にトップランナー方式を導入することも言われています。行革をしても地方交付税を減らされると、何のための行革かという話になりかねません。トップランナー方式は地方から廃止を訴えていかなければならないと思います。

浜松市議会 2017-03-13 平成29年  3月 厚生保健委員会-03月13日−01号

             第4項 災害救助費              第5項 国民健康保険費              第6項 後期高齢者医療費              第8項 介護保険費          第2条(債務負担行為)中           福祉交流センター指定管理運営費(下水道使用料金改定分)           三ヶ日総合福祉センター他1施設指定管理運営費(三ヶ日総合福祉センター、三ヶ日児童

浜松市議会 2016-12-12 平成28年 12月 危機管理特別委員会-12月12日−01号

熊本地震の教訓として、休園した保育所の緊急措置として児童に臨時保育所を開設した事例があり、参考になったということです。本市の現状としては、臨時保育所開設の課題等について整理がされていません。そこで、対策として有事の際の臨時保育所開設に向けて、区拠点園の選定、受け入れ基準等を盛り込んだ開設計画を策定していきます。  6ページの8、消火用水を活用した被災者支援をごらんください。

浜松市議会 2013-12-13 平成25年 11月 定例会(第4回)-12月13日−24号

第181号議案 指定管理者の指定について(浜松市立青少年の家)  第41 第182号議案 指定管理者の指定について(浜松市天竜林業体育館)  第42 第183号議案 指定管理者の指定について(浜松市立西山園)  第43 第184号議案 指定管理者の指定について(浜松市立入野園)  第44 第185号議案 指定管理者の指定について             (浜松市三ヶ日総合福祉センター、浜松市三ヶ日児童

浜松市議会 2013-12-04 平成25年 12月 厚生保健委員会-12月04日−01号

11:25 △1 付託議案審査(続き) △(11)第143号議案 平成25年度浜松市一般会計補正予算(第4号)          第2条(債務負担行為の補正)中           三ヶ日総合福祉センター他1施設指定管理運営費(三ヶ日総合福祉センター、三ヶ日児童)           春野福祉センター他1施設指定管理運営費(春野福祉センター、佐久間ヘルストピアセンター)           生活困窮者自立促進支援

浜松市議会 2013-11-22 平成25年 11月 定例会(第4回)-11月22日−20号

第181号議案 指定管理者の指定について(浜松市立青少年の家)  第42 第182号議案 指定管理者の指定について(浜松市天竜林業体育館)  第43 第183号議案 指定管理者の指定について(浜松市立西山園)  第44 第184号議案 指定管理者の指定について(浜松市立入野園)  第45 第185号議案 指定管理者の指定について             (浜松市三ヶ日総合福祉センター、浜松市三ヶ日児童

浜松市議会 2013-06-05 平成25年  6月 総務委員会-06月05日−01号

子供関係では、こども館、なかよし館、児童もあるし、あるいは美術館などもあります。そうした施設とのバランスという問題があると思います。 ◎財務部参事(資産経営課長) 各施設の性格があるので、類似施設を並べて検討した結果です。例えば美術館、博物館は他市の状況を見ても週1日の休館日を設けているのが通例です。他市の状況を見た上で同様の性格の施設ごとに検討を加えて今回の提案となっています。

浜松市議会 2012-03-23 平成24年  2月 定例会(第1回)-03月23日−07号

次に、なかよし館・児童運営事業について、委員から、従来の方針では、なかよし館は廃止し、施設を放課後児童会に転用していくとのことであったが、現在残っている15館の今後の取り扱いについてただしたところ、当局から、15館は地域の子育て支援施設の拠点として引き続き残していくとの答弁がありました。  

浜松市議会 2012-03-13 平成24年  3月 厚生保健委員会-03月13日−01号

◆吉村哲志委員 説明書215ページの3児童健全育成事業(3)なかよし館・児童運営事業ですが、二、三年前に、26館あるものを廃止して、放課後児童会に充当していく方針が打ち出されました。あと15館残っていますが、以前出した徐々に廃止していくという方針が変わったのですか。 ◎こども家庭部次長(次世代育成課長) 現在残っている15館は引き続き地域の子育て支援施設の拠点として残していきます。

浜松市議会 2011-08-25 平成23年  8月 厚生保健委員会-08月25日−01号

一方で、下方修正した事業の一つとして、天竜区で実施している移動児童事業は、天竜区の地域事情として児童数が減少しているということで、平成22年度の実績をもとに目標数値を見直しています。  次に、13ページをごらんください。青少年育成センター事業では、後期計画策定時には目標指標を定めていませんでしたが、補導活動参加率という新たな目標指数を設けて事業を一層推進していきます。  

浜松市議会 2011-03-08 平成23年  3月 厚生保健委員会-03月08日−01号

◆北島定委員 なかよし館・児童運営事業です。前年度比で大幅に減額されていますが、主には地域子育て支援拠点の再編に伴うなかよし館11館の廃止によるものだと思います。前回の委員会で条例改正を審査した際にも反対しましたが、児童の遊び・体験、保護者の交流・情報交換の場を失うことから、本議案には反対です。  浜松こども館運営事業です。ザザシティ中央館の経営が大変で、継続できるかどうかと言われています。

浜松市議会 2010-12-01 平成22年 12月 厚生保健委員会-12月01日−01号

◆斉藤晴明委員 AEDを購入するというなかよし館・児童運営事業と市立保育所運営事業です。現在何館あって、これによって何館に設置されることになりますか。 ◎こども家庭部次長(次世代育成課長) 児童は4館あるうち、1館は設置済みで、残る3館に設置するものです。なかよし館は広沢と遠州浜に設置します。その他のところは、学校敷地内にあるので、学校にあるものを使用できるということで対象としていません。

浜松市議会 2010-10-27 平成22年 10月 決算審査特別委員会-10月27日−02号

それからもう一つある公設民営の児童の補助金、オのところの一番下、1億3200万円です。それを足すと2億4132万2000円という数字になるのです。それを64カ所で割ると1カ所平均377万円出ているという計算になります。一方、先ほど浜北区で委託しているのは、ウのところの委託料の一番上、NPO法人学童はまきた3361万2000円ですから、10カ所ですから10で割ると単純に336万円です。