運営者 Bitlet 姉妹サービス
14868件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-15 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号 認可保育所の待機児童解消についてです。認可保育所に利用申請して入所できなかった保留児童は、1月25日現在3,541人に上りました。来年度の認可保育所等の新設整備計画は1,560人ですが、公有地活用型はゼロ、民有地活用型は1カ所のみ、あとの1,470人が民間事業者活用型による整備です。 もっと読む
2019-03-14 堺市議会 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号 │ │ なお、昨年4月1日時点の未利用児童数が767人で、10月1日時点の未利用児童数が1,5│ │19人、そしてその後もふえています。保育料の無償化が進む中、さらに入所希望がふえると予測│ │され、特に北区では未利用児童数がゼロから2歳児で突出して多く、中区では3から5歳児で突出│ │して多い状況です。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会−03月08日-01号 反面、人間関係が固定化されることでいろいろな児童と学び合う機会が制約されてしまう、多くの友人と人間関係をつくっていく機会が少なくなるですとか、お互いの能力がわかってしまっていて、頑張っても仕方がないと考える児童が出たといった記載も見受けられるところでございます。   もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月総務委員会−03月08日-01号 職員の増員が必要だと思っていますし、今度の議案は、小杉小学校の開設や、児童がふえた学校が2校あるということで、職員の増員は当然のことですし、病院局の企業職員も増員されたということについては問題ありませんが、市長事務部局の職員定数が増員ではなく削減されているということですので、この議案に賛成することはできません。 ◆川島雅裕 委員 ちょっと1点だけ。 もっと読む
2019-03-07 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号 次に、2016年12月26日に中央療育センターのショートステイを利用していた当時9歳の児童が入所中に死亡いたしました。警察の捜査が続いておりますので、事件なのか事故なのか、いまだ不明でありますが、児童の父親を初め法人職員、さらには別の法人が運営する放課後等デイサービスの職員など、死亡児童にかかわる多くの方たちから直接お話が寄せられたり、告発の手紙をいただいたりしております。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 また、児童虐待が増加しておりますが、その役割と解決に向けた方策について市民オンブズマン事務局長に伺います。 もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 ◎小椋信也 教育次長 勤務時間等についての現状や課題についての御質問でございますが、学級担任制である小学校、教科担任制である中学校で、それぞれ事情は異なりますが、一般的に小学校の教諭は毎時間授業をしており、休み時間も児童と一緒に活動することで子ども同士のかかわりを把握したり、児童の安全配慮等を行っていることから、児童の在校中は空き時間がない状況でございます。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会−03月04日-目次 ……… 185    地域文化財について〔教育次長−185、186、経済労働局長−186〕    道路補修について〔建設緑政局長−187、加藤副市長−187〕    動物愛護センターについて〔健康福祉局長−188、189〕    人権全般に関する条例について〔市長−189、市民文化局長−190〕   大庭裕子委員…………………………………………………………………………… 190    中原区の待機児童対策 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 平成31年度予算につきましては今年度と同額の1,749万6,000円を計上しているところでございますが、児童生徒等の安全確保を推進するためにも、通学路などへの設置やPTA等と連携した取り組みを行うことなどについて、引き続き地域への働きかけを行ってまいります。 もっと読む
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 次に、児童虐待防止対策について伺います。まず、本市の児童虐待に関する相談・通告件数は年々増加しておりますが、直近の件数を伺います。次に、平成31年度の組織改正として、児童福祉司の増員、心理・相談支援担当の配置、法的措置等支援担当の配置が新たに予定されています。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 児童虐待は虐待を未然に防ぐ、また、その兆候やSOSを発する児童や親などの動向を素早くキャッチし、児童相談所、区役所、学校、警察など関係機関が情報を共有し、チーム一丸となって適切な支援につなげていくことが大変重要であると考えます。 もっと読む
2019-02-21 川崎市議会 平成31年  2月健康福祉委員会−02月21日-01号 石田康博、橋本 勝、野田雅之、      菅原 進、沼沢和明、押本吉司、渡辺 学、佐野仁昭、三宅隆介各委員 欠席委員:なし 出席説明員:(健康福祉局)北健康福祉局長、廣政総務部長、高岸庶務課長、紺野企画課長       (消防局)原消防局長、日迫総務部長、杉山総務部担当部長・庶務課長事務取扱 日 程 1 平成31年第1回定例会追加議案の説明      (健康福祉局)     (1)議案第65号 川崎市児童福祉施設 もっと読む
2019-02-21 川崎市議会 平成31年  2月文教委員会-02月21日-01号 今回提出いたしますのは、条例議案として「議案第65号 川崎市児童福祉施設の設備及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例の制定について」でございます。内容につきましては眞鍋こども保健福祉課長から御説明させていただきますのでよろしくお願いいたします。 ◎眞鍋 こども保健福祉課長 こども未来局関係の追加議案につきまして御説明いたしますので、追加議案書の1ページをごらんください。   もっと読む
2019-02-21 川崎市議会 平成31年  2月議会運営委員会-02月21日-01号 宮村総務部長、渡邉議事調査部長、渡辺庶務課長、鈴木議事課長、       野本広報・報道担当課長、宮本政策調査課長、齋藤庶務課担当課長、       山本庶務課課長補佐・庶務係長、渡邉議事係長、大西政策調査課課長補佐・調査係長、       柴田議事課担当係長、板垣政策調査課担当係長、       議事課書記5人(春島、五十嵐、伊藤各書記) 日程第1 追加議案について  (1) 議案第65号 川崎市児童福祉施設 もっと読む
2019-02-20 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号 続いて、本市の児童虐待対策についてお尋ねをします。  また幼い子どもが虐待によって、とうとい命を落とす、あってはならないとても悲しい事件が連続して起きてしまいました。児童虐待にかかわる事件を取り上げたニュースはつらくて見ていられません。 もっと読む
2019-02-19 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号 授業の主役は児童・生徒です。学力の格差が言われる昨今ですが、全ての子どもたちに基礎学力と学ぶことの楽しさを保障することが何より大切だと思います。私も今小学校の1年生の子どもがいますから、本当にこのことは他人事ではなくて、私ごととしても本当に心からこれは思います。 もっと読む
2019-02-18 堺市議会 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号 ◎子ども青少年局長(岡崎尚喜君) 待機児童対策についてお答えいたします。  待機児童解消に向けては、受け入れ枠の整備と保育士確保は車の両輪として進めていく必要があると認識しております。   もっと読む
2019-02-15 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月15日-02号 (資料編7ページ参照)  初めに、議案第34号、小杉小学校の建物の取得についてでありますが、委員から、小杉小学校の建物の取得金額の内訳について、一般財団法人川崎市まちづくり公社への支払い時期について、直近の学校説明会における保護者等からの意見について、施設開放のスケジュールについて、施設開放時期の前倒しの可能性について、通学路の安全対策について、通学児童が想定以上に増加した場合の対応について、それぞれ もっと読む
2019-02-13 川崎市議会 平成31年  2月文教委員会−02月13日-01号 ◎藤中 小杉小学校開校準備担当課長 児童生徒、それから保護者に対しての説明を行いました。児童生徒、保護者からは、具体的に学校運営がどのように行われていくのかというところで、そのあたりについての御質問等がありました。 ◆岩隈千尋 委員 全然回答になっていないんだけれども、具体的に何の話があったのかと聞いているんです。 もっと読む
2019-02-12 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月12日-01号 こうした考え方のもと、平成31年度予算におきましては、安心のふるさとづくりとして、川崎らしい地域包括ケアシステムの構築や、その基盤ともなるこれからのコミュニティ施策の基本的考え方に基づく取り組みの推進、待機児童対策の継続的な推進、幼児教育・保育の無償化の円滑な実施などに取り組むため必要な予算を配分いたしました。 もっと読む