運営者 Bitlet 姉妹サービス
3833件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-27 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月27日-06号 │ │  無戸籍者は、自らに何ら落ち度がないにもかかわらず、特例措置などでの救済│ │ ケースを除き、住民登録や選挙権の行使、運転免許やパスポートの取得、銀行口│ │ 座の開設等ができないだけでなく、進学、就職、結婚といった場面でも不利益を│ │ 被っており、無戸籍問題は基本的人権に関わる深刻な問題であります。     もっと読む
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 また、将来的に車が運転できなくなったら免許返納後に利用するなどの意見もありました。  このコミュニティ交通については、市と地元住民の協働で運行計画を策定しているようですが、それでもなかなか利用者数がふえないのが現状のようです。本市として、利用が少ない地区については、本当にニーズがないのか深掘りをしていただけないかと思うものです。   もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 しかし、このような方々もいずれ自家用車の運転が困難となり、運転免許証の返納を余儀なくされるときが訪れます。そのときに公共交通網が充実していなければ、高齢者は外出もままならないという状況になってしまいます。  公共交通網の整備については、市民生活に深くかかわる重要事項として、わかりやすさと利便性の向上を念頭に、引き続きスピード感を持って取り組んでいただきたいと思います。   もっと読む
2018-10-23 神戸市議会 開催日:2018-10-23 平成30年総務財政委員会 本文 31年度につきましては,麻薬小売業許可に係る事務,そして覚醒剤原料の届け出に係る事務,管理栄養士及び栄養士免許の申請受理・交付事務,そして薬剤師免許の申請受理・交付事務,こういった事務について移譲を予定をしているわけでございます。 もっと読む
2018-10-15 川崎市議会 平成30年 第3回定例会-10月15日-05号 まちづくり委員会では、当該用地については、事業者が昭和55年の市の占有許可取り消し後も平成16年まで不法投棄を続けてきたこと、本市が産業廃棄物の不法投棄を行ってきた事業者への免許を取り消さなかったこと、およそ四半世紀の間、事業者との協議に具体的な進展がなかったことなど、行政の不作為に起因する点について指摘しました。結果として、多額の公金支出につながっております。 もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 29 ◯三木保健福祉局長 今,副委員長言われましたとおり,先ほどお答えしました全国初の神戸モデル,3点の特徴を持っているわけでございますけども,その2点目の事故救済制度について,認知症の方が運転された場合はもちろんですね──これ実際,認知症の方というのは運転免許上の要件としては失格条件なんです。 もっと読む
2018-09-28 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(環境分科会 第2日)-09月28日-11号 ◎北村憲司 庶務課長 バス運転手の人材の確保についての御質問でございますが、バス運転手につきましては、大型二種免許保有者が平成29年には約92万人となり、この10年間で約19万人減少したことや、免許保有者の45.3%を65歳以上の者が占めており、高齢化が進んでいる状況などから、全国的に運転手不足の課題がございます。 もっと読む
2018-09-28 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月28日−08号 高齢者対策の点では、高齢者による交通事故の増加、運転免許証の自主返納などにより、公共交通機関の充実、市民の移動する権利の保障が求められています。高齢者のお出かけ促進に向け、公共交通機関の充実、バス代等の交通費助成などのお出かけ支援、高齢者も安心して暮らすことができるまちづくりを進めるために、今から計画を策定し、各施策を推進していくことを求めます。  子供施策の充実も重要です。 もっと読む
2018-09-26 千葉市議会 2018.09.26 平成30年決算審査特別委員会教育未来分科会 本文 それと、先ほど、田畑委員からもありましたが、免許外教科担任について、これが、平成26年度の47人から、平成30年度にかけて59人とふえていて、解消されていないんじゃないかと、この人数がむしろふえているということについては、どのような認識と、その対策を講じようとされているのか、お聞かせください。 ◯主査(石井茂隆君) 統括管理主事。 ◯教育職員課統括管理主事 教育職員課でございます。   もっと読む
2018-09-25 千葉市議会 2018.09.25 平成30年決算審査特別委員会保健消防分科会 本文 最初に、消防の免許の件なんですが、消防団を含めまして、この間、免許制度更新があると、本人は知らなくても、その車種に乗れないとか、いろんな制度があるじゃないですか。そういうことでのそういう問題はなかったかについて、まずお尋ねしたいと思います。 ◯主査(三須和夫君) 施設課長。 ◯施設課長 施設課の石川と申します。   もっと読む
2018-09-25 千葉市議会 2018.09.25 平成30年決算審査特別委員会総務分科会 本文 今回のIR整備法におけるカジノにおきまして、一応、言及しておきますと、制定過程の中で、やはり目的の公益性、運営主体の性格など、この違法性阻却の要件、8要件ですけれども、これについて国会審議の中で議論されたところですけれども、刑法との整合性を保たれているとされまして、IR整備法の39条におきまして、カジノ免許を持つ事業者がIR区域内で行うカジノ行為の違法性というものは解除されているというところでございます もっと読む
2018-09-25 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第1日)−09月25日-06号 運転免許証の更新期間が満了する日における年齢が75歳以上になる人に対して、神奈川県警察のほうで認知機能検査を行っております。こちらの受検者数と免許証返納者数を伺っておきます。 もっと読む
2018-09-25 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月25日−05号 次に、コミュニティバスの導入に対する地域からの要望の背景についてでございますが、高齢者を中心に、通院や買い物に対する生活交通の手段として、また、運転免許証の自主返納後の自家用車にかわる外出手段として、コミュニティバスの導入を要望されていると認識しております。  次に、運行継続条件についてでございます。 もっと読む
2018-09-21 千葉市議会 2018.09.21 平成30年決算審査特別委員会教育未来分科会 本文 あと、指導員の資格別の割合によりますと、やはり教員免許を持っていらっしゃる方が約4割です。これは幼稚園を除いた教員免許でございます。保育士の免許を持っている方が約4分の1、二十五、六%、そして幼稚園教諭の免許を持っている方で資格のある方が20%、そのほかの方、十六、七%に関しては、実務経験等を長くやって資格を得られたという方の比率でございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-09-13 熊本市議会 平成30年第 3回予算決算委員会−09月13日-02号 このような中、本市にはさくらカードという他都市に誇るべき制度がありますが、高齢化による交付対象者がふえる中、利用者数が伸びないとの報告もある一方で、高齢者の運転による自動車事故もふえる中、高齢者の免許返納も推進しようという動きもあります。   もっと読む
2018-09-12 川崎市議会 平成30年 第3回定例会-09月12日-03号 しかし、市民にとって便利な点もあることから、無免許にもかかわらず利用され続けており、無価物の不法投棄など問題も増加しております。この管理も本市で行うには限界があり、許可業者がこのサービスを行うことも大事な方策と考えます。以前、許可を検討するとの見解が示されましたが、その検討状況を伺います。  次に、港湾施策について伺います。 もっと読む
2018-09-06 熊本市議会 平成30年第 3回定例会−09月06日-03号 昨今、高齢者による重大な自動車事故の発生がふえていることからも、条件があれば、高齢者の免許の返納を促進し、公共交通の利用促進へと切りかえていくことも必要ではないかと思います。交通事業者の経営の面とともに、高齢者の自動車事故抑制のためにも、さくらカード制度の利用によって、公共交通が高齢者の移動手段の基幹となる必要があると考えます。   もっと読む
2018-09-05 熊本市議会 平成30年第 3回定例会−09月05日-02号 もちろん、高齢者の交通事故を減少させていくには、理解と協力を得ながら、免許証の返納等も進めていく必要があります。しかし、日々の生活に車が欠かせない地域もあり、買い物難民とならないような対策も考えていくことが不可欠であります。  さて、高齢化が進むにつれ、高齢者ドライバーの交通事故、特にアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故は、今申し上げたとおりに増加が危惧されています。 もっと読む
2018-08-30 川崎市議会 平成30年  8月文教委員会-08月30日-01号 ◆松原成文 委員 先ほど来、教員の資質向上という話もあるんですけれども、川崎市で教員になろうということで、教員免許を取られて、そして倍率の厳しい川崎の教員試験をパスして教壇に立つということで、意欲のあるいい先生がたくさん川崎市には集まってきていただいていると思っております。 もっと読む
2018-08-24 川崎市議会 平成30年  8月総務委員会-08月24日-01号 電波の関係ですが、かわさきFMは中原区で免許を取得している関係で、原則、総務省のほうでは行政区単位ということになると思います。中原区を中心にその隣接区というところで電波のほうを受信できるようになっておりますが、今度、移設ということなので、できるだけ麻生区、多摩区、また南部のほうにも聞けるような形でということで、国のほうに要望を、かわさきFMを通じて行ってまいりたいというふうに考えております。 もっと読む