1239件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-06-27 令和 元年第一部議案審査特別委員会−06月27日-03号

今回、補正予算に計上いたしました備蓄物資につきましては、昨年の胆振東部地震における大規模停電を踏まえまして、今冬に向けまして寒さ対策停電対策が喫緊の課題であるというふうに判断いたしまして、そのために必要となる備蓄物資について、計画改定を待たずに前倒しして整備を図るというふうに考えたものでございます。

神戸市議会 2019-06-26 開催日:2019-06-26 令和元年福祉環境委員会 本文

(1)再生可能エネルギー導入促進など地球温暖化防止施策の推進につきましては,まず,地産地消再生可能エネルギー導入促進事業といたしまして,地産地消再生可能エネルギーの導入により,温室効果ガスの削減につなげるとともに,停電を伴う災害時の非常電源として活用することで,地域防災力の強化を図るため,福祉避難所に指定されている民間福祉施設太陽光発電と蓄電池を組み合わせた自立分散型エネルギー設備を導入する場合

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日市民厚生常任委員会-06月25日-01号

ライフラインについては,西区で最大3,300戸の停電がありましたが,1時2分に全戸復旧しています。ガス,水道については被害はありません。  公共交通機関については,JR東日本管内において一部運転の見合わせ,遅延が発生しました。  配備職員については,最大270名を配備し,避難所開設状況については表のとおりとなっていますが,既にホームページで公表した数字と変わっています。

川崎市議会 2019-06-20 令和 1年 第3回定例会−06月20日-03号

この中の防災のための重要インフラ等の機能維持では、学校施設等の耐震性や災害拠点病院等の停電時の発電・給水設備内水・浸水対策などが掲げられており、また、国民経済・生活を支える重要インフラ等の機能維持では、電力エネルギー供給の確保や交通ネットワークの確保などが掲げられています。本市の対策について伺います。防災意識社会の構築についてです。

札幌市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-03号

また、昨年の北海道胆振東部地震で発生した大規模停電避難場所の運営などで表面化した課題への対策が急務であると認識しておりまして、改定に当たっては、こうした課題の解決に向けまして、実際に災害に直面した教訓を生かした具体的な施策を盛り込んでいくことが最も重要な点である、このように考えているところでございます。  

札幌市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回定例会−06月19日-02号

昨年の胆振東部地震では、札幌市内でも建築物インフラの被害が発生し、多くの市民が被災し、この地震を起因として全道295万戸が停電となるいわゆるブラックアウトが発生し、生活や経済活動に大きな影響を受けましたが、さらに、今もなお、南海トラフ地震首都直下型地震が発生する可能性が高いなどと言われるほか、気候変動により豪雨等の災害も頻発化、激甚化するなど、いつ、また大規模な災害が我々の生活や経済活動に甚大な

福岡市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3日)  本文 開催日:2019-06-17

488 ◯37番(山口湧人) 安全上、適切ではないと判断されたということですが、JRと地下鉄電力系統は区分されていますので、点検のため停電になったのは地下鉄線内だけで、JR筑肥線の姪浜-筑前前原間の折り返し運転は可能だったわけです。その証拠にJRも折り返し運転の打診をしてきております。  

札幌市議会 2019-06-13 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−06月13日-記録

また、大規模停電、いわゆるブラックアウトの防止策として、北本連系線のさらなる増強なども急務となっておりますほか、宿泊施設医療機関などの非常用電源設置について支援策の拡充が必要と考えます。  そこで、1として、地震被害を受けた宅地復旧への支援、2として、電力の安定供給体制の確立、3として、非常用電源確保のための支援の拡充を要望してまいります。  

札幌市議会 2019-06-13 令和 元年第 2回定例会−06月13日-01号

また、北海道胆振東部地震における全道の完全停電、いわゆるブラックアウトの教訓を踏まえ、札幌の顔である都心において、エネルギー施策と連動した先導的なまちづくりに取り組みます。  さらには、地域の拠点等のにぎわいや魅力の向上に加えて、バスロケーションシステムの導入による公共交通の利便性向上など、誰もが歩いて暮らせるまちづくりに取り組みます。