運営者 Bitlet 姉妹サービス
10764件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-27 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月27日-06号               │   │ │    │     │ 4年前に分かった水道水の硬水化の推移と、今後│145│ │    │     │ について                  │   │ │    │     │子供たちの健全な未来構築について       │147│ │    │     │ 本市の小学校・中学校の教諭の男女比等について│147│ │    │     │ 学校の先生と保護もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回厚生委員会−12月19日-01号 その下でございますが、調査から見えてきました課題としましては、子どもの学習等の課題や貧困の連鎖、子どもの健康・生活習慣の課題、子どもの社会性・自己肯定感の課題、保護のゆとり・子どもとの関わりの欠如、社会からの孤立、保護の就労・経済的課題、子どもや保護に対する支援における課題の6つが挙げられました。  右の方にまいりますが、これらの課題を受けまして、4つの基本目標を取りまとめております。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回教育市民委員会−12月19日-01号 別表1に新たに12としまして、心身障害者の保護に対する扶養共済制度に係る掛金の徴収に関する事務であって規則で定めるもの、13番に子ども・子育て支援法による地域子ども・子育て支援事業の実施に関する事務であって規則で定めるものの2事務を追加するものでございます。  3点目でございますが、生活保護法が改正され、進学準備給付金制度が創設されたことにより所要の改正を行うものです。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回教育市民分科会−12月19日-01号 この市役所全体、そして教育委員会、学校全体が不祥事撲滅ということで一丸となって取り組んでいるこの時期にこのような不祥事を起こしてしまい、市民の皆様、保護、子供たちの信頼を大きく裏切る結果になってしまったということに対しましてまことに申しわけなく思っています。申しわけございません。  今回の不祥事は、1人の職員の不祥事ではなくて、学校全体の、そして教育委員会全体の不祥事であります。 もっと読む
2018-12-18 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月18日-05号 毎日教壇に立ちながら子供たちに慕われ続け、懸命に職務に励む姿は、同僚ばかりでなく、保護のみならず地域の方にまで安心感を与えていらっしゃいます。私も実際に幾人もの講師の先生を目にし、とても頼もしく感じていたところです。そして、その先生方は人知れず懸命に正規の職員を目指し、採用試験の勉学にも励んでいらっしゃるということも耳にいたしました。   もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 しかし、その使い方によってはトラブル等も考えられ、SNSに限らず教職員が個別に保護と連絡をとり合うことは、一般的には慎重にすべきと考えております。  将来のトラブル防止のため、今後、教職員と保護とのSNS等による個別のやりとりは慎重にすべきことを指導してまいりたいと考えます。   もっと読む
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 教員の時間創造プログラム」の推進に向けて、地域や保護への理解と協力のための取り組みについて、2点について質問いたします。  地域や保護へ、このプログラムの趣旨や内容を知らせ、理解し協力してもらうための具体的な取り組みが必要と考えていますが、既に取り組まれていますでしょうか。  2点目、また現場の実態としては、平日の勤務時間外や日曜・祭日に保護からの連絡や相談が先生方にあっています。 もっと読む
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 早期に適正な診断と療育につながるためにも、担任が子どもの特性を捉えて保護へ的確に話をする技術を高める必要があります。そのための研修の充実が必要ですが、研修と子どもや保護へ対応する時間の確保も必要です。学級運営に支障が出ない体制をつくることを求めます。   もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 先日、保育園の先生方と意見交換いたしましたが、園児の保護として外国人の方がおられるということでございました。日本人が当たり前と思っていることが外国では当たり前ではなく、外国人が当たり前なことが日本では当たり前でないという文化の違いが非常にあり、保護に理解してもらうのに大変苦労するという話をされておりました。   もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 この間、障がい児や医療的ケア児の保護は、働く権利がないのですかと怒りで涙ながらに訴え続けた保護、特に介護をしてあるお母さん方です。そして、僕も友達と一緒に保育園で遊びたい、これは私は4歳の子どもから直接訴えられました。兄弟が通う保育園の園庭で泣きながら訴える医療的ケア児です。これは朝、兄弟の保育園の送り迎えのたびに毎日繰り返される光景なんです。 もっと読む
2018-12-11 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月11日-目次 ………………………………………………………………(146)   勝谷環境局長答弁………………………………………………………………(146)   落水清弘議員質問………………………………………………………………(147)   ・子供たちの健全な未来構築について………………………………………(147)     本市の小学校・中学校の教諭の男女比等について……………………(147)     学校の先生と保護もっと読む
2018-11-16 熊本市議会 平成30年11月16日人口減少社会に関する調査特別委員会−11月16日-01号 ◆山部洋史 委員  子供の医療費助成に特化してお聞きしたわけではなかったんですけれども、ただ今回の拡充についても、従来の保護の方の負担をふやす形で拡充といいますか伸ばしたということもありますものですから、本当の意味で子育てしやすい形で拡充されたのかというところもありますし、あと待機児童の問題でも保留児という点では解消されていないという状況もあります。   もっと読む
2018-11-15 川崎市議会 平成30年 11月大都市税財政制度調査特別委員会-11月15日-01号 こうしたことから、左側の要望事項の四角囲みにありますように、私立高等学校等の入学金・授業料の軽減を図る学費補助金及び授業料の軽減を図る緊急支援補助金の対象者を県外校の在学者まで拡大すること、また、同補助金について、保護に対する助成の一層の充実を図るとともに、国に対しても働きかけを行うことを要望するものでございます。   もっと読む
2018-10-05 札幌市議会 平成30年(常任)厚生委員会−10月05日-記録 対象となった子どもの保護の方々からも、その喜びの声が届いてきているところであります。  しかし、前段、さまざまな会派のご意見がございましたが、対象とならない子どもがどうしても生まれてきてしまうことがあります。また、とんでもないことだと思いますが、国がペナルティーをかけるということがあります。 もっと読む
2018-10-05 札幌市議会 平成30年(常任)文教委員会−10月05日-記録 地域住民や保護の代表者の方々には熱心な議論を重ねていただき、本当に頭の下がる思いでありますし、そのご尽力には本当に感謝申し上げたいと思います。   もっと読む
2018-10-05 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−10月05日-12号 保護が地域の学校への就学を希望するケースもふえていることから、地域の学校、教育委員会指導課、保護との情報の共有と連携を丁寧に行う上からも人員の増員が必要と考えますが、伺います。次に、総合教育センターと地域の学校とで対象児童の情報を把握するタイミングが異なるケースがあると仄聞します。 もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 そういう意味で体外装置の性能というものが非常に音の聞こえ方に影響するということでございまして,しかも体外装置の性能が年々向上しているといったような背景があったようでございますけれども,そういったことで特に聴覚障害児の保護の方からの要望が大きかった。 もっと読む
2018-10-02 京都市議会 平成30年 10月 決算特別委員会第2分科会(第2回)-10月02日−02号 (1)ア,一般会計歳入のうち分担金及び負担金は,およそ4,100万円を収入しており,日本スポーツ振興センター掛金の保護負担金でございます。  使用料及び手数料は,およそ10億5,000万円を収入しており,高等学校授業料,幼稚園保育料や青少年科学センター入場料等の施設使用料収入などの手数料収入の合計でございます。   もっと読む
2018-09-28 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月28日−08号 保護や子供たちからは、悲しみの声も多く寄せられております。政令指定都市では学力が最下位になったことも踏まえ、将来を担う子供たちへの手厚い支援策が展開されるよう要請するとともに、重要な予算であることを理解し、一律での厳しいシーリングではなく、子供は相模原の宝であることを前提に、慎重な対応を求めます。   もっと読む
2018-09-27 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(文教分科会 第2日)−09月27日-05号 ジュニア水泳委員会に加入している事業者が、川崎区、麻生区では1カ所しかないということでございますので、そうした背景も含めて、今後また子どもたちが、また保護の方々が利用しやすいような環境を整えていただきたいとは思います。そうした中で、スクールではどのような指導内容をされているのか、また、それによって成果はどのように上がっているのか伺います。 もっと読む