運営者 Bitlet 姉妹サービス
6029件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-27 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月27日-06号                        │ │ 第210 発議第30号 熊本市中小企業振興基本条例の一部改正について  │ │ 第211 請願第 9号 熊本市内における捨て犬と捨て猫の防止を官民が連携│ │             して取り組むための請願             │ │ 第212 請願第10号 「議会と市民の情報共有」および「議会運営における│ │             市民参画と協働」を保証 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務委員会-12月19日-01号 お尋ねの、では残った世帯をどうするんだということで、各それぞれの意向の御希望については、復興基金の事業で、民賃を探されているときには、初期費用の20万円を一律支給すると、または、その引っ越しについては、10万円を支給すると、そしてまた、保証人がいない世帯については、保証人を肩がわる県の事業もやっていると。 もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 ──────────────────────┐ │          平成30年                      │ │          第4回定例会  委員会付託議案一覧表          │ │ 議会運営委員会                             │ │  請願第10号 「議会と市民の情報共有」および「議会運営における市民参画│ │         と協働」を保証 もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回議会運営委員会−12月17日-01号 ・報告事項   (1)市長提出議案について   (2)請願・陳情の取り扱いについて   (3)熊本県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙について   (4)最終日の議事次第について   (5)その他     ・議会説明員の出席要求について   (6)次回の議会運営委員会の開催日について   (7)請願について     ・請願第10号「「議会と市民の情報共有」および「議会運営における市民参画と協働」を保証 もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 加えて、引っ越し費用や不動産賃貸の初期費用の助成など直接的な支援に加え、高齢者向けのリバースモーゲージ制度や、民間住宅を借りる際に保証人の確保が困難な方への公的保証人制度の創設なども実施されています。  そこでまず、恒久的な住まい確保について、その進捗状況や課題についてお伺いいたします。  これまでの取り組みにより、被災者の恒久的な住まいへの移行は進んでいるのでしょうか。 もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 あくまでも希望的観測、しかも、市民に還元される保証は高島市政の2期8年と同様に全く期待できないと言わなければなりません。  したがって、根拠のない経済波及効果を理由にして莫大な税金投入を行い、必要のない大型開発に突き進むのは許されないと思いますが、答弁を求めます。 もっと読む
2018-12-11 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月11日-目次  熊本市内における捨て犬と捨て猫の防止を官民が連携         して取り組むための請願………………………………………(242)   緒方夕佳議員(反対討論)……………………………………………………(242)   表  決…………………………………………………………………………(244)   請願第10号 「議会と市民の情報共有」および「議会運営におけ ┐          る市民参画と協働」を保証 もっと読む
2018-10-17 札幌市議会 平成30年冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会−10月17日-記録 招致プロセスでは、IOCとの協議結果を計画に反映させ、立候補ファイルの策定、保証書の取得に向けたステークホルダーとの協議を行ってまいります。  次に、下の段に目を転じていただきまして、黄色で示されている招致体制の確立と機運醸成活動の欄をごらんください。   もっと読む
2018-10-05 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−10月05日-12号 現在、次期経営計画の策定が進んでいますが、期間内の安泰が保証されるものではなく、押し寄せる民営化の波に対してさらなる民営化による負担減を模索していくのか、逆に公共交通の意義を再考し、新たな活路を求めていくのか、まさに正念場であり、時代の岐路を迎えています。中でも交通不便地域や高齢化の進展に伴う市民の足の確保は深刻であり、路線バス以外の需要にいかに対応すべきかの判断が問われています。 もっと読む
2018-09-28 熊本市議会 平成30年第 3回定例会-09月28日-06号 農林水産省  │ │ は、種子供給に必要な地方交付税は今後も確保するとするものの、法の後ろ盾 │ │ が無くなる以上、将来に向けて供給体制が守られる保証はありません。    │ │  また、政府は、同じく昨年の通常国会で成立した「農業競争力強化支援法」 │ │ を根拠に、都道府県が持つ種子生産の知見を民間企業に積極提供する方針を示 │ │ しています。 もっと読む
2018-09-26 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月26日−06号 また、この制度は、信用保証協会の保証限度額を上限まで使っている事業者も対象となるもので、融資は受けられなくても、当該制度を活用することは可能となるものです。私の知り合いの建設業者も、都内の工事を受注して、この制度を活用して大変助かった、そして大変よかったと言っておりました。また、相模原市にこの制度がないのは大変残念だとも言っておりました。 もっと読む
2018-09-25 熊本市議会 平成30年第 3回予算決算委員会−09月25日-03号 嘱託運転士の年齢構成を見ると、20代、30代が35名と半数以上を占めており、未来ある労働者に経験の積み重ねを保証することは、企業としても大切な課題ではないかと思います。  嘱託運転士について、試験等を行うことで正規職員への道が開かれるようなことを検討すべきではないでしょうか。  第3に、現在交通局として運転士の採用は全て嘱託職員です。 もっと読む
2018-09-25 千葉市議会 2018.09.25 平成30年決算審査特別委員会総務分科会 本文 民間の事業者さん、自分たちのお金をかけて持っている情報を、簡単に出してくださいと言われても、それは当然、出すわけがないわけであって、そこら辺を、本当にどういうふうに、情報を提供していただきながら、もっと言えば、千葉市として何を、民間の事業者さんに担保できる、保証できるものを提供してあげて、そのかわりに、そのデータをもらうのかという、そこら辺をしっかりやっていかないと、なかなか実態というのが、見えてくるようで もっと読む
2018-09-25 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月25日−05号 ◆9番(大槻和弘議員) 災害ボランティアの活用について、るる、お伺いいたしましたが、本市に大きな災害が起きないという何らの保証がない中、防災対策の充足とともに、災害ボランティアの受け入れ体制の準備につきましても、市には本来業務として、また、市社会福祉協議会ですとか、相模原災害ボランティアネットワークなどの支援団体とも協力、連携をした体制づくりをお願いいたします。   もっと読む
2018-09-25 札幌市議会 平成30年(常任)建設委員会−09月25日-記録 なお、当該融資には連帯保証人を必要としております。  申し込みの手続についてですが、本補正予算の可決後、速やかに実施してまいりたいというふうに考えております。 ◎佐藤 住宅担当部長  応急仮設住宅について、私からお答えさせていただきます。   もっと読む
2018-09-20 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(総務分科会 第1日)-09月20日-02号 次に質問ですけれども、実質的に本市から中小企業への支援は川崎市信用保証協会への代位弁済補助金と川崎市制度融資信用保証料補助金ということになります。中小企業支援は大切な必要な施策ですが、合わせて5億5,000万円以上の支出額であります。これらの補助金の過去3年の傾向、今後の動向について伺います。 もっと読む
2018-09-18 熊本市議会 平成30年第 3回経済委員会−09月18日-01号 昨年の第3回定例会におきまして、熊本地震による被災の影響等により、本市の制度融資の債務を返済できなくなった事業者を支援するため、本市との損失補償契約を締結している熊本県信用保証協会が事業者の債権を放棄するに当たりまして、事業の再生や再チャレンジに資するなど一定の要件を満たした場合には、本市が保証協会に有する回収納付金を受け取る権利を放棄することができる条例を制定させていただきました。   もっと読む
2018-09-14 千葉市議会 2018.09.14 平成30年大都市制度・新庁舎整備調査特別委員会 本文 2、地方債の借入条件等の改善と保証金免除繰上償還の実施ですが、地方債のうち公的資金について、借入条件を改善し、安定的に確保すること。補償金免除繰上償還については、対象団体の拡大や対象条件の緩和を図り、改めて実施すること。また、公共施設等の適正管理の推進に係る地方債については、老朽化対策等の課題が生じている全ての施設を対象とするとともに、恒久的な措置とすることなどを要望するものでございます。   もっと読む
2018-09-14 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(全体会 第1日)-09月14日-01号 26ページに参りまして、7款経済労働費は、支出済額270億2,000万円余、翌年度繰越額3,000万円で、不用額は3億5,000万円余となっておりますが、これは、信用保証等促進事業費などの減によるものでございます。主な事業の内容でございますが、1、産業政策では、オープンイノベーションの促進に向けた交流拠点として川崎市コンベンションホールの整備を行いました。 もっと読む
2018-09-13 熊本市議会 平成30年第 3回予算決算委員会−09月13日-02号 現状としまして、債務者、連帯保証人等の多くは高齢者で年金のみの生活をされている方、病気等で就労できず収入の少ない方、死亡しているケースや自己破産している方もいるなどにより未収額が膨らんでいる状況でございます。   もっと読む