13134件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日環境建設常任委員会-06月25日-01号

地域電力会社から既存の送配電網を通じて新田清掃センターの余剰電力を市有施設へ供給することにより,CO2排出量の削減と電力調達コストの削減を実現します。なお,現時点で電力供給対象施設として101施設を想定していますが,CO2排出量としては約5,500トン,電気代としては現行よりも4.8%,約3,000万円程度削減される見込みです。

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日総務常任委員会-06月25日-01号

次の再生可能エネルギー地産地消事業は,新田清掃センターで発電した電力を市有施設に供給するため,民間事業者と共同で地域新電力会社を設立するための出資金になります。  その他として,幼児教育・保育無償化や会計年度任用職員制度など,制度改正に対応するためのシステム改修などを行うほか,来年4月に更新を迎えるコールセンター・電話交換運営事業は,契約に向けた準備を行います。

新潟市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会本会議−06月21日-04号

選手村で使用される食材は,大会組織委員会が委託する業者が調達基準に沿った食材を調達することとしており,現在,国が県内市町村のGAP認証の取得者などに対し,供給可能な食材について調査をしているところですが,既に必要量を超える供給意向が全国から示されており,今後,提供メニューの決定後,具体的な食材は入札で選定されることになっています。

新潟市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会本会議−06月19日-02号

またイ,昨年の通常国会で野党が共同で提案した原発ゼロ基本法案は,一度も審議さえされない中,政府は原子力発電をベースロード電源と位置づけ,電力供給全体の20%以上とする基本方針を打ち出しています。避難者の怒りに思いをはせるまでもなく,とんでもないことだと言わざるを得ません。

新潟市議会 2019-06-14 令和 元年 6月14日環境建設常任委員協議会-06月14日-01号

市域内の再生可能エネルギーの実態や導入の可能性などを調査,把握するとともに,エネルギー供給先としての公共施設の状況についても調査を行い,再生可能エネルギーを活用した自立型広域システムの実現可能性の評価を行っていきます。  4ページ,7の国際協力の推進です。姉妹・友好都市であるハバロフスク市,ハルビン市と国際的な取り組みが必要な環境問題に関して協議する三都市環境会議に出席します。  

新潟市議会 2019-06-14 令和 元年 6月14日文教経済常任委員協議会-06月14日-01号

生産工程の管理手法を農業者が取り入れて,みずからの生産条件に応じて取り組むことによって,安心,安全な農産物の供給と環境保全型農業の推進に努めます。  5ページ,強い農業づくり交付金事業です。大規模な機械,施設の整備に要する経費について国費で支援するものです。特に園芸品目の産地づくりに関する事業を重点的に支援します。  次に,新規就農者確保・育成促進事業です。

新潟市議会 2019-06-14 令和 元年 6月14日市民厚生常任委員協議会−06月14日-01号

と畜検査費については,安心,安全な食肉を供給するため,食肉の衛生検査,残留有害物質検査を実施するとともに,衛生的な解体処理を促進します。  次に,衛生環境研究所分です。試験・検査及び調査研究等の充実は,効率的な試験・検査体制の整備を図るとともに,関係課と連携,協力して,地域に密着した調査研究に取り組んでいます。

新潟市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会本会議−06月13日-01号

そのほかの補正内容として,廃棄物発電の余剰電力を本市の施設に供給する地域新電力会社への出資や,寄附金を活用した石油の世界館での設備更新と映像制作,西区の海岸での飛砂対策を行います。  また,幼児教育無償化や会計年度任用職員制度への移行に備えたシステム改修などを行うほか,コールセンター業務の次期契約に備えた準備を行います。  次に,財政調整基金への積み立てについてです。  

新潟市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会本会議-06月13日-目次

(教育長)   ────────────────────────────────────────────     (3) 学校給食地場産米供給事業補助金の廃止の経過と復活の計画は(農林水産部長)     (4) 水稲作付面積全国1位の新潟市,給食米はコシヒカリにこだわるべきではないか。

新潟市議会 2019-05-29 令和 元年 5月29日議会運営委員会−05月29日-01号

森林経営管理事業は,森林環境譲与税活用基金を活用し,主に秋葉区,西蒲区のモデル地区において,森林所有者に森林管理に係る意向調査を行うものであり,再生可能エネルギー地産地消事業は,新田清掃センターで発電した電力を,民間事業者と共同で設立する地域新電力会社を通じて市有施設へ供給し,コスト削減などを図るものです。  

新潟市議会 2019-05-21 令和 元年 5月臨時会本会議−05月21日-目次

……………………………………………………………………………………………… 7  常任委員の選任……………………………………………………………………………………………………… 7  議会運営委員の選任………………………………………………………………………………………………… 8  休憩,開議…………………………………………………………………………………………………………… 8  新潟東港地域水道用水供給企業団議会議員

新潟市議会 2019-05-21 令和 元年 5月21日各会派連絡会議−05月21日-01号

次に,(6)の新潟東港地域水道用水供給企業団議会議員から,(13)の新潟県後期高齢者医療広域連合議会議員までについてです。人選については,幹事長会議で協議することになっていました。結果をお聞かせ願います。 ◆皆川英二 議員  新潟東港地域水道用水供給企業団は,阿部松雄議員,皆川英二,五十嵐完二議員,宇野耕哉議員,志田常佳議員,石附幸子議員,以上6名です。

新潟市議会 2019-05-21 令和 元年 5月臨時会本会議−05月21日-01号

令和元年 新潟市議会5月臨時会会議録  5月21日   ──────────────────────────────────────────── 議事日程(第1号)    令和元年5月21日午後1時30分開議  第1 議長の選挙  第2 議席の指定  第3 会議録署名議員の指名  第4 会期の決定  第5 副議長の選挙  第6 常任委員の選任  第7 議会運営委員の選任  第8 新潟東港地域水道用水供給企業団議会議員

新潟市議会 2019-05-20 令和 元年 5月20日各会派連絡会議-05月20日-01号

次に,(6)の新潟東港地域水道用水供給企業団議会議員から,(13)の新潟県後期高齢者医療広域連合議会議員までについてです。人選については,幹事長会議で協議することになっていました。結果をお聞かせ願います。 ◆皆川英二 議員  一部,決定していないことがあるため,きょう,この会議が終わりましたら,早急に結論を出したいと思います。 ○阿部松雄 座長  お聞きのとおりです。

新潟市議会 2019-05-17 令和 元年 5月17日各会派連絡会議-05月17日-01号

次に,(6)の新潟東港地域水道用水供給企業団議会議員から,(13)の新潟県後期高齢者医療広域連合議会議員までについてです。人選については,幹事長会議で協議することになっていました。結果をお聞かせ願います。 ◆皆川英二 議員  まだ,乾いていないため,この会議終了後に再度,幹事長会議を開きますので,そこで決めたいと思います。 ○阿部松雄 座長  お聞きのとおりです。  

新潟市議会 2019-05-14 令和 元年 5月14日各会派連絡会議−05月14日-01号

次に,(6)の新潟東港地域水道用水供給企業団議会議員から,(13)の新潟県後期高齢者医療広域連合議会議員までについてです。  人選については,幹事長会議で協議することになっていましたが,いかがでしたでしょうか。 ◆皆川英二 議員  この会議終了後,すぐ幹事長会議を開き,決めますので,持ち帰りでお願いします。 ○阿部松雄 座長  お聞きのとおりです。  

新潟市議会 2019-05-08 令和 元年 5月 8日各会派連絡会議−05月08日-01号

ア,議会側付議案件は,(ア),議長の選挙,(イ),副議長の選挙,(ウ),常任委員の選任,(エ),議会運営委員の選任,(オ),新潟東港地域水道用水供給企業団議会議員の選挙,(カ),三条・燕・西蒲・南蒲広域養護老人ホーム施設組合議会議員の選挙,(キ),さくら福祉保健事務組合議会議員の選挙,(ク),新潟県中東福祉事務組合議会議員の選挙,(ケ),豊栄郷清掃施設処理組合議会議員の選挙,(コ),阿賀北広域組合議会議員

新潟市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日総務常任委員会−03月14日-01号

◎小野秀之 秋葉区地域総務課長  区役所,コミセン,保育園などの公共施設約80施設の業務用電力と防犯灯や公衆トイレの照明などの従量電灯150施設,合計230施設について順次越後天然ガスとの契約に切りかえていくことでCO2を削減し,越後天然ガスは太陽光などを使いながら低炭素の電力を供給していく,またそこで得た利益については,秋葉区に還元してくれる内容となっています。