710件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-09-30 令和元年第3回定例会(第4日目) 本文 2019-09-30

合併により市域の約七割が山間地域となったことで、市民の足の確保の対策として、地域バスいわゆるコミュニティバスの運行を行うことになりました。この地域バスは、地域住民が主体となり、交通事業者、行政の三者で地域交通検討会を設置し、地域の実情に応じた運行計画の検討や、利用状況に応じた改善運行につなげる活動をしております。平成三十年九月現在、十二地域でこのコミュニティバスは運行されています。

福岡市議会 2019-09-18 令和元年第4回定例会(第4日)  本文 開催日:2019-09-18

713 ◯14番(淀川幸二郎) 過疎化が進む山間地域などの農村地域では、地域の活性化が必要であります。そのための拠点として、地域で直売所を設置したいとの声もあります。直売所が開設されることによって、今まで使われていなかった耕作放棄地が耕作されるようになる可能性は十分に考えられます。

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  交通政策調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

6)公共交通機関の利用促進活動について   ・山間地域路線バス利用促進イベントの実施、市外からの転入者に対する公    共交通機関利用促進用リーフレットやバス路線図、時刻表の配布、小学生向け    のバス教室の実施など、モビリティ・マネジメントを推進している。

広島市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回 6月定例会−06月20日-04号

安佐北区人口減少が顕著で,これまでも人口減少防止の対策,なかんずく山間地域の活性化が必要であることを訴えてまいりました。広島市もさまざまな対策を打ち出してこられましたが,効果があったもの,失敗したものとさまざまな結果となっています。  昨年の6月議会で,中山間地・島嶼部の活性化について質問しました。

広島市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回 6月定例会−06月19日-03号

その一方で,公立は,例えばこども療育センターへの派遣等を通じて,障害児保育等の専門知識やノウハウを身につけた保育士がいることを生かして,各区において,特に専門的な支援が必要な乳幼児の受け入れを行ったり,私立の進出が見込めない山間地域における乳幼児の受け入れを行うなど,地域のセーフティーネットとして担うべき役割を絞った上で存続し,それぞれの長所を生かした役割分担をしていくことが必要ではないでしょうか

広島市議会 2019-03-05 平成31年度予算特別委員会−03月05日-07号

山間地域の活性化について質問をさせていただきます。最初に,2015年の議会で一般質問をさせていただきました,湯ノ山明神旧湯治場について確認をさせていただきたいと思います。湯来地区には環境大臣指定の国民保養温泉地である湯来・湯の山温泉があります。中でも湯の山温泉は古くから湯ノ山明神の霊験の湯として知られ,ことしで広島城入城400年を迎える浅野のお殿様も利用されていた湯治場であります。

仙台市議会 2019-03-01 平成31年度 予算等審査特別委員会(第7日目) 本文 2019-03-01

97: ◯公共交通推進課長  みんなでつくろう地域交通スタート支援事業において、交通に関するコンサルタント会社などの専門家を派遣する費用といたしまして750万円、新年度より本格的に着手する地域都市交通プランの検討の一つとして、総合的な観点から持続可能な路線バス地域交通のあり方について検討する費用といたしまして750万円、主に山間地域など路線バスの運行本数が少なく利用者も少ない地域などにおいて、路線

広島市議会 2019-02-21 平成31年第 1回 2月定例会−02月21日-03号

さらに,圏域内の人の循環を支えるため,乗り継ぎの負荷ができるだけ少ないスムーズな公共交通体系はどうあるべきかといったことや,公共交通だけではサービスが十分に行き届かない山間地域等における移動手段の確保などの新しい課題についても議論していきたいと考えております。こうした考え方のもと協議会での議論を深め,来年度末を目指して都市の将来像を見据えた総合交通戦略を構築していきたいと考えております。  

広島市議会 2019-02-20 平成31年第 1回 2月定例会−02月20日-02号

これに対して,経済観光局長からは,平成27年度に改定した広島市森林づくりプラン21に基づき,林業の再生に向けて,山間地域の住民みずからが林業に携わる自伐林家を育成するとともに,あわせて,伐採後,森林内に放置されていた未利用材を再生可能な木質バイオマス資源として燃料に活用する仕組みづくりを検討するとの御答弁をいただきました。

静岡市議会 2019-02-06 平成31年2月定例会(第6日目) 本文

私は少子高齢化が進む山間地域における諸問題の1つとして、地域住民による共同作業や勤労奉仕、あるいは祭り、今で言う各種イベントでありますが、こういった諸活動が持続可能でなくなってきたということを憂いているのであります。何をしようにも先立つものは人と金。資金調達の手段としてこのクラウドファンディングが急速に普及していくことを、山間地域住民は今、期待しているのであります。  

静岡市議会 2019-02-05 平成31年2月定例会(第5日目) 本文

さて、近年人口減少、少子高齢化が進む本市においては、特に山間地域でその傾向が著しく、地域の担い手不足や地域コミュニティの存続が深刻な問題となっています。  オクシズには豊かな自然や地域独自の文化資源があり、これを後世に引き継いでいかなければならないと考えます。今後、中部横断自動車道や井川へ通じるトンネルの開通など、交通基盤の整備により、新たな集客を見込める環境になりつつあります。  

新潟市議会 2018-12-20 平成30年12月20日農業活性化調査特別委員会-12月20日-01号

6番目が農山漁村の活性化に向けた取り組みの支援の予算地域政策に該当する部分になるかと思いますが,ここで整理していて,具体的には先ほども少し触れた日本型直接支払を実施するための多面的機能支払,あるいは山間地域等直接支払交付金,それから環境保全型農業直接支払交付金等を引き続き実施することとしています。

広島市議会 2018-12-18 平成30年12月18日大都市税財政・地方創生対策特別委員会−12月18日-01号

対応の方向性については、事業所数の維持に向け、中山間地中小企業振興補助に加え、2018年度から新たに中山間地における人材確保支援事業や山間地域ビジネス進出支援事業を実施しています。  また、関係機関と連携して広島県事業引継ぎ支援センターの活用や、生産性向上特別措置法施行に伴う中小企業設備投資を促進し、企業の事業継続・継承につなげます。  

熊本市議会 2018-12-13 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号

10の決意では、熊本地震被災者の生活再建を最優先に成し遂げること、区役所災害対策強化等の地域主義を具体化していくこと、将来を見据えた利便性の高い交通体系を実現すること、農水産業関連施設の早期復旧・復興による山間地域の振興を図ること、中心市街地のグランドデザインなどの推進により熊本経済を発展させること、超高齢化社会の課題を克服した健康で暮らしやすい生活都市熊本を実現すること、これらの決意を実現

広島市議会 2018-12-06 平成30年第 6回12月定例会−12月06日-02号

9月議会で我が会派の海徳議員が提言した平成26年8月の豪雨災害や本年7月の豪雨災害からの復興・復旧はもとより,東部地区連続立体交差事業,国道2号西広島バイパスといった主要インフラの整備,平和大通りのにぎわいづくりと観光ネットワークの整備,担い手の確保など,山間地域島嶼部の振興,2020年のオリンピック・パラリンピックを見据えた平和行政の推進,地域包括ケアシステム高齢者いきいき活動ポイント事業など