336件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

堺市議会 2019-03-01 平成31年度予算審査特別委員会(総務財政分科会)−03月01日-01号

中世の時代におきましては、国際交流拠点としてにぎわっていた環濠都市堺、その歴史文化を知ってもらうとともに、にぎわいを創出し、交流人口、定住人口を増加させたいと考えております。  これまで環濠エリアの情報発信やイベントの開催、また建設局と堺区役所との連携によりまして、内川におけるポケットパークやスロープの整備など、回遊性の向上に向けた取り組みなどを進めてまいりました。  

堺市議会 2019-02-27 平成31年 2月27日建設委員会-02月27日-01号

◎池川 臨海整備課長  本市臨海部と、その位置づけということでございますが、本市の臨海部は、ヒト・モノ・情報が行き交う国際貿易都市として繁栄しまして、中世におきましては東洋のベニスと称されました。近代には、大浜や浜寺などが東洋一のリゾート地として多くの人々が訪れていました。

堺市議会 2019-02-25 平成31年 2月25日産業環境委員会−02月25日-01号

ところが、堺市内の雇用、先ほどの金属加工とか、かつてからある、淵源をさかのぼれば中世からの流れなのかもわかりませんけれども、そういう手作業の加工技術に源流があるような、機械とか金属加工、こういったものは臨海部にもなくはないですけども、臨海部とか、三宝とか、その方面ですね。

堺市議会 2019-02-25 平成31年度予算審査特別委員会(産業環境分科会)−02月25日-01号

具体的には、博物館の常設展示につきましては、堺の古代から現代までの歴史を時代ごとに紹介しておるところでございますが、これまでから来館者の方々に、堺の歴史について、よりわかりやすく、また理解を深めていただくことを目的に、古代から中世の展示につきましては、更新を行ってまいったところでございます。  

堺市議会 2019-02-18 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号

さらに、文化芸術を発信するという視点では、ホールの愛称であるフェニーチェ堺がイタリア語で不死鳥、フェニックスを示し、ロゴであるローマ字が、SACAYが中世ヨーロッパで印刷された日本地図に国以外で表記された日本代表する都市として世界から注目されていたことを思えば、将来、フェニーチェ堺が日本の公的ホールの中で有数のホールとなり、国内外から注目を集めるホールになるよう取り組んでいただくことを要望して、

堺市議会 2018-11-20 平成30年11月20日歴史文化魅力発信調査特別委員会(研修会)−11月20日-01号

先ほど白神課長の話にもありましたように、堺市内の陵墓以外の水掘を持っている古墳、堤といいますのは、現在、道路とか通路とか、そういうふうに利用されていることが多いんですが、これら、今見える堤といいますのは、中世以降、古墳の堀をため池に利用するために、堤を高くかさ上げをしております。

堺市議会 2018-09-11 平成30年 9月11日産業環境委員会−09月11日-01号

この夏の古墳時代の展示更新に引き続き、今年度中に中世の展示リニューアルを行います。さらに、今後も年次的、段階的に調査研究成果を反映した実物展示や体験展示の拡充などのリニューアルを実施していく考えでございます。  次に、堺市博物館昭和55年、1980年の開館から間もなく38年が経過します。

千葉市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2018-06-19

次に、記念講演の講師の選定についてですが、千葉常胤が活躍した日本中世史を専門として、この分野に高い識見を有し、東京大学史料編纂所教授を務められた後、現在は市内所在の放送大学教授を務められている、東京大学名誉教授の近藤成一氏を千葉氏サミット実行委員会において決定したものであります。  

福岡市議会 2018-06-18 平成30年第3回定例会(第4日)  本文 開催日:2018-06-18

福岡市には、国内で最も古い水田跡が確認される板付遺跡や日本最古の王墓と言われる吉武高木遺跡、元寇防塁、鴻臚館遺跡、中世の博多を今に伝える博多部の景観や由緒ある神社仏閣が数多くあります。また、国宝金印を常設展示している博物館や世界的に有名なアーティストによる作品を所蔵している市美術館などがあり、これらを観光資源としてさらに積極的に活用していく必要があると思います。  

堺市議会 2018-06-12 平成30年第 2回定例会-06月12日-06号

素人ゆえに、茶の湯の文化が限られた方のものではなく、中世の堺がそうであったように、広く市民に根づく、そんな文化となる、そのきっかけとなる条例であってほしいと、私は思っております。私も堺市民の一人として、この機会にお茶を学んでいきたいと思っております。  さて、その茶の湯条例ですが、他市に目を向ければ、○○で乾杯条例等々、類似の条例が多く見受けられます。

堺市議会 2018-06-11 平成30年第 2回定例会-06月11日-05号

実際堺市議会が全会一致で可決をした堺市自転車のまちづくり推進条例前文には、私たちのまち堺は、いにしえから仁徳天皇陵古墳を初めとする百舌鳥古墳群の築造のため、多くの金属加工技術を有した人々が集まり、その技術は、環濠自治都市として発展した中世において、高度な鉄砲鍛冶の技術へと受け継がれ、近代には、その鉄砲鍛冶の技術が、自転車産業にも継承された。

北九州市議会 2018-05-18 平成30年 5月18日 総務財政委員会-05月18日−01号

まず八幡市民会館とその周辺は歴史を伝える貴重な戦災復興エリアであり、中世からの時間軸でも捉えられるエリアであるということに関して、当局の認識をもう一度教えていただけませんか。 ○委員長(宮﨑吉輝君) 都市マネジメント政策担当課長。 ◎都市マネジメント政策担当課長 八幡駅前エリアの認識でございます。八幡駅前地区は再開発事業に良好な居住空間の形成がなされている地域でございます。