538件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2021-03-08 03月08日-05号

既に子ども食堂では、地域高齢者子供と一緒に食事をしたり、学習や遊び、読み聞かせなど多世代交流拠点として活動されているところもあると聞いています。ボランティアスタッフとして高齢者に来ていただくだけではなく、より多くの独り暮らし高齢者も集ってもらえるよう、子ども食堂シニア食堂を併設する事業展開ができないか、見解をお伺いいたします。 次に、お買い物バスの拡充についてお尋ねいたします。 

千葉市議会 2021-03-03 令和3年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2021-03-03

どの施設を廃止するのか、残すのかを地域全体で協議したり、高齢者子供といった特定の年齢層対象とした施設ではなく、地区施設を多世代交流拠点にする方向性検討するなどして、市の資産を効率的かつ効果的に活用することを求めます。  新庁舎整備についてです。  新庁舎については、令和3年度の事業費は80億円で、総事業費277億円の3割弱です。

仙台市議会 2021-03-01 令和3年度 予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2021-03-01

ある地域では独り暮らし高齢者も受け入れて地域世代交流の場にもなっています。  市長の施策の柱の一つは人のつながりが育む豊かな地域づくりです。子供たち子育て世代高齢者など幅広い年代の方々つながり、支え合いながら心豊かに暮らせる地域づくりを実践しているのがこの食を通して子供たちを見守る子ども食堂だと言えます。

川崎市議会 2021-03-01 令和 3年 第1回定例会-03月01日-02号

世代交流地域交流推進による新たな市民創発機会につながるきっかけとして期待されますが、高齢人口率増嵩を考えると、日常的に施設を利用する高齢者で占有されてしまい、他の高齢者がなかなか利用できないことも想定されます。新たな利用者にも喜ばれ、より地域方々に幅広く使われるような取組が求められますが、対応を伺います。

川崎市議会 2021-02-10 令和 3年  2月文教委員会-02月10日-01号

その下に、各施設役割必要性複合化理由などについて表形式でお示ししてございますが、大師・田島こども文化センター複合化理由といたしまして、これまで、こども文化センターは、老人いこい家等との連携により多世代交流取組を進めてきましたが、核家族化地域つながりも希薄化する中、地域の中で様々な世代が集う場を提供し、子ども地域の人々に見守られ、誰もが互いに助け合い、支え合う仕組みづくりを進めることが

川崎市議会 2021-02-08 令和 3年  2月総務委員会−02月08日-01号

右側のページ、中ほどの丸印みやまえご近助さん事業費は、子育て世代のご近助コンシェルジュ活動を通じて、町内会自治会をはじめとする地域活動子育て世代相互理解を促進し、多世代交流の場の創出や、多様な主体連携促進に取り組むものでございます。  192ページに参りまして、多摩区でございます。

川崎市議会 2020-12-16 令和 2年 第6回定例会-12月16日-08号

これまでいただいた様々な御意見等を踏まえ、本年2月に策定した総合自治会館跡地等活用に係る土地利用方針において、高齢者の方も含めた多世代交流などに資する機能導入等考え方を示したものでございます。また、同方針の実現に向けて作成した審査基準において、多世代交流に資する提案内容も評価の一部としており、各事業者からも様々な御提案をいただき、部会において審査したところでございます。以上でございます。

新潟市議会 2020-12-14 令和 2年12月14日総務常任委員会-12月14日-01号

保育施設の性質上、セキュリティーには十分配慮しながら、地域住民が利用するコミュニティセンター同一敷地内に整備される特性を生かして、施設完成後は多世代交流事業などを展開していきたいと考えています。  次に、事業スケジュール、昨年度の債務負担行為設定以降、事業者の選定や基本協定事業契約書締結等を経て、現在はコミュニティ施設保育施設の設計を行っています。

福岡市議会 2020-12-14 令和2年第6回定例会(第3日)  本文 開催日:2020-12-14

全国小中高校生対象とした、文科省による青少年及び高齢者の異世代交流に対する意識調査によれば、近所の大人から注意されたり、叱られた経験が「あまりない」、あるいは「ない」と回答するものがいずれの学齢も7割を超えています。同様に全国2,000人の成人を対象とした調査でも、地域子どもを叱った経験のない者は全体の約6割強を占めています。

浜松市議会 2020-12-14 12月14日-22号

今後、多世代交流地域活性化につながるような提案を選定していきたいとの答弁がありました。 次に、債務負担行為に計上の消防ヘリコプター操縦士養成事業について、委員から、この事業民間機関に依頼した場合、どの程度の費用がかかるのかとただしたところ、総務省消防庁の調べによると、民間事業用ヘリコプターの資格を取得するまでには1人2500万円程度必要となる。

川崎市議会 2020-11-12 令和 2年 11月環境委員会-11月12日-01号

1点、今、本間委員からもありましたけれども、溝口に関してなんですけれども、せっかくこういった突出したモデル地区をやっていくということでございますので、学校関係環境教育も進めていくということですけれども、もうちょっとベーシカルなところで、実は先進的な取組もすごく評価していますけれども、その一方で、例えば子ども通学路安全対策防犯カメラの設置をいろいろやっていくとか、御高齢者とか子どもたちの多世代交流

川崎市議会 2020-10-05 令和 2年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−10月05日-12号

また、ボランティアベースでの事業推進ということは、多世代交流、地域ぐるみでの子育てといった本事業の趣旨からしましても理想的な形態ではありますが、現状の予算執行等を勘案しますと、いま少し行政側の人工を高めてボランティア組織体制を強化する等の方策も必要になってくるようにも思われますが、見解を伺います。

相模原市議会 2020-09-25 09月25日-05号

◆22番(野元好美議員) 社会福祉法に基づく新たな重層的支援体制整備事業は、アウトリーチを含めた包括的、継続的な相談支援体制づくり既存制度のはざまにあるニーズへの対応や孤立の防止、多世代交流、多様な活躍の場の創出を目指しており、まさに私が求めているものです。市の検討状況を伺います。 ○石川将誠議長 健康福祉局長

川崎市議会 2020-09-11 令和 2年 第5回定例会−09月11日-04号

そこで、これまで検討された今後の展開について、特に多世代交流についての考え方を伺います。次に、これからのコミュニティ施策基本的考え方では、地域レベルのまちのひろばとして、いこいの家や老人福祉センター等既存公共施設地域化活用等が示され、多様な主体による協働連携により推進するとしています。IRAPとの整合性について伺います。  次に、犯罪被害者救済等支援について伺います。

川崎市議会 2020-08-27 令和 2年  8月文教委員会-08月27日-01号

3つ目黒丸ですが、こども文化センターについては、子育て支援及び青少年健全育成地域拠点として貢献度が高く、多世代交流も含めた地域拠点として機能強化などの取組推進してまいります。4つ目黒丸ですが、わくわくプラザについては、全ての小学生の放課後の居場所と多様な体験を通じた心身の成長に大きく貢献しており、子育て家庭ニーズを踏まえた事業の充実に向けた検討を進めてまいります。