運営者 Bitlet 姉妹サービス
9798件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-15 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号 組み替えの基本方針は、第1に、子育て世代の賃金、経済状況が悪化する中で、共働きをしなければ生活できない世帯が急増しており、保育園の利用申請率が就学前児童の約4割に上っているなど、かつてなく保育園ニーズが高まっていることから、認可保育所の緊急増設を行う、私立幼稚園の入園料について補助制度を創設する。 もっと読む
2019-03-14 堺市議会 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号 │ │ 次に健康福祉施策についてでありますが、人生100年時代を見据え、高齢世代の活躍が自治体│ │政策に必要な視点であり、とりわけ、元気で自立した生活ができる健康寿命の延伸が大変重要であ│ │ることは論をまちません。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会−03月08日-01号 そして、私どもの会派は繰り返し述べておりますけれども、出資法人については、やはり次の世代につなげていかなければ、本市の役割というのを補完するためにも、きちんと次の世代につなげていく出資法人のあり方というのを皆さん方も昨年の夏につくられたことだと思います。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月健康福祉委員会-03月08日-01号 後期高齢者医療の財政は、医療費の総額に対して、本人の窓口負担を除いた金額を保険で賄う医療費として、この部分の約5割に相当する額を国と県と市が公費で負担し、約4割に相当する額を74歳以下の方から、現役世代からの支援金として各医療保険を通じ御負担いただいております。さらに、残り約1割に相当する額を被保険者の方が納付する保険料で賄う形で財政運営を行っております。 もっと読む
2019-03-07 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号 伝わる防災ということに関しては、地域に目を向けると、町内会に加入されている方々は地域での防災訓練等には参加するなど比較的防災意識が高いわけですけれども、若い世代は、市のビッグデータ等の結果を見ても、地域イベントに参加したり、防災訓練の参加率も低いことがうかがえます。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 さらに市民の地域デビューを支援するさまざまな取り組みを掲げていますが、そもそも町内会・自治会に加入しない若い世代を地域デビューさせるきっかけの一つに、子どもを通じた活動への参加が上げられると考えます。 もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 このためには、高齢者等の所有する既存の戸建て住宅の空き家等を子育て世帯向けに活用するなど、住宅ストックの世代間循環を促進することが有効と考えております。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 ◎鈴木賢二 市民文化局長 市制100周年に向けた取り組みについての御質問でございますが、映像アーカイブ事業は、幅広い世代の方たちが川崎の歴史と昔のまちの様子や人々の生活に触れるとともに、私たちのまち川崎の将来のあり方について一緒に考える機会を提供するものでございます。 もっと読む
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 次に、宮前市民館・図書館に関する基本計画についてでございますが、市民館及び図書館は、さまざまな世代の生涯学習や多様な読書活動に対応した資料の収集や提供、また、市民による幅広い文化活動への支援など、市民の主体的な活動を支える地域の社会教育施設でございます。これまでの市民意見把握の取り組みにおきましても、多様性や多世代をキーワードとする新たな施設や空間に期待する御意見を伺っているところでございます。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 また、市外転出者の子育て世代のアンケート結果からも、子育て世帯の川崎市での永続的な居住は重要課題であります。そこで伺いますが、新制度における応募状況と倍率比較、今後の募集計画、入居者への検証方法と期間について伺います。  次に、多摩川緑地内野球場の利便性向上について伺います。 もっと読む
2019-02-20 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号 主な取り組みとしましては、次世代の社会を担う子どもたちの育ちを社会全体で支援するという理念のもと、子ども医療費助成制度を実施してまいりましたが、本年4月からは政令市で初めて所得にかかわらず、対象年齢を中学校卒業までから、高校生世代までに拡充をいたします。   もっと読む
2019-02-19 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号 あわせまして、著名アーティストが出演しますポップスにつきましては、若者から高齢者まで幅広い世代の方に楽しんでいただける企画というふうに考えておりまして、これにつきましては5月下旬以降、順次、ラインナップを公表してまいりたいというふうに考えております。以上でございます。 ◆19番(西川良平君) 議長。 ○議長(山口典子君) 19番西川良平議員。 もっと読む
2019-02-18 堺市議会 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号 次に、市債の発行につきまして、市債が果たす主な役割、目的としましては、まず世代間の負担の公平性を図ることがございます。道路や公園といったインフラ等について、市債を発行しなければ、整備時の市民のみが整備費用を負担することとなり、将来世代との間で不公平が生じることとなります。 もっと読む
2019-02-12 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月12日-01号 150万人を突破した現在においても増加が続いており、特に若い世代に選ばれる都市として成長を続けています。こうした中でも、本市を取り巻く社会経済環境の変化にしっかりと対応しながら、持続可能な市政運営を行っていくため、私たちのまちが持つ、多くのすぐれたポテンシャルを最大限に活用しながら、中長期的な視点を持って課題に取り組んでまいります。 もっと読む
2019-02-08 川崎市議会 平成31年  2月文教委員会−02月08日-01号 いずれにしても、私どもの考え方は、全世代に対する社会保障というものを充実していこうという考え方であって、子ども・子育てがもちろん大事でありますけれども、やはり高校生も含めて、特に教育費の負担軽減という部分については全体として取り組んでいかなければいけないという部分でありまして、また、こども未来局に関する部分でも、この私学助成に限らず、ぜひそういう子ども・子育て全体に対する保障という部分にしっかりと対応 もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月総務委員会-02月06日-01号 下の文章でございますけれども、公共建築物は原則として60年以上保有し続ける資産であることを認識し、長期的な視点を持って将来世代の負担に十分配慮しながら、人口減少への転換等を見据えた対応を図っていくことが必要であります。   もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月文教委員会-02月06日-01号 次の行、自治推進事業費は、協働・連携ポータルサイトつなぐっとKAWASAKIの運営、人材マッチング事業の実施、コミュニティ施策の方向性を示すこれからのコミュニティ施策の基本的考え方に基づく取り組みなど、多様な世代・立場の市民による市政への参加促進や、自分たちのまちを自分たちでつくるための持続的な活動に向けた取り組みを進めるものでございます。   もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月健康福祉委員会-02月06日-01号 2、跡地活用施設の基本目標といたしましては、本市の地域包括ケアシステム構築に向けた取り組みの方向性を踏まえ、全世代、全対象型ケアシステムの構築と、在宅、地域での生活を支援する総合的なサービス提供体制の整備に向けて、高齢者や障害者のケアを提供する施設や事業所の全市的な機関支援拠点としてまいりたいと考えております。   もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月環境委員会-02月06日-01号 そんな中でどういう広報がいいのかといったところでは、例えば川崎市は転入者が非常に多いとか、若者世代というんですか、そういった方、要はターゲットを絞りながらの広報とかも視野に入れながら広報に工夫をして、分別率アップを目指していきたいと考えております。 ◆木庭理香子 委員 その分別率を上げるためには、やはり理解をしていただく必要もあると思うんですね。 もっと読む
2019-02-04 川崎市議会 平成31年  2月まちづくり委員会-02月04日-01号 が訪れ、交流し、多様なコミュニティ形成に寄与する空間づくり、多世代の多様なライフスタイルに対応したまちづくりなどが期待されております。   もっと読む