254件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

堺市議会 2020-06-04 令和 2年第 2回定例会−06月04日-05号

しかし、障害福祉サービスのうち短期入所サービスにつきましては、他のサービス目的とは異なり、介護者の疾病やレスパイトにより短期間入所をさせることが目的でございます。そのため訪問し、食事や入浴などの介助を行う場合は、基本報酬算定を可能といたしましたが、電話のみの支援では、通常提供されるサービスと同等のサービスが確保されないため、基本報酬算定を認めてございません。以上でございます。

北九州市議会 2020-03-16 03月16日-02号

産婦健診の結果で支援が必要なら、宿泊型とか通所型とか訪問型とかという形で、母親レスパイトや、育児の仕方とかを教えてくださるかと思うんですけれども、具体的にはどういう、病院でとか、あるいは診療所とか助産院で行われるとかというのは、もうはっきりしているんですか。わかったら教えてください。 ○副議長岡本義之君) 子ども家庭局長

神戸市議会 2020-03-10 開催日:2020-03-10 令和2年予算特別委員会第2分科会〔2年度予算〕(保健福祉局) 本文

先ほど御報告しました懇話会におきましても,家族支援に関しましては,家族精神疾患を正しく理解し,必要な情報を得られるように相談機関対応すること,家族が悩みを分かち合える,レスパイトできる居場所や情報提供場づくり等施策支援が必要との提言もいただいたところでございます。  

堺市議会 2020-03-09 令和 2年度予算審査特別委員会第2分科会(健康福祉所管事項)−03月09日-01号

◎阿加井 地域包括ケア推進課長  お節介やさかいプロジェクトは、在宅介護を継続する上での介護者の精神的・身体的負担軽減を図るため、身近にいる介護者への声かけや見守りなどの手助けをするさかいお節介士を養成し、レスパイト重要性について普及を図るとともに、地域での支え合いの取り組みを推進することを目的として、平成27年度に開始した事業でございます。

大阪市議会 2020-03-06 03月06日-03号

まず、従来から大阪急性期・総合医療センターのほうで実施しておりました医療機能のほうでございますが、新生児診療相互援助システムNMCS並びに産婦人科診療相互援助システムOGCSへの参加、それから、助産施設指定による助産券利用、時間外における小児救急患者受入れ重症心身障害児等、高度な医療的ケアを必要とする重症児レスパイト入院在宅重症心身障害児の急変時の緊急対応児童虐待被害児の一時保護受入れ

相模原市議会 2020-02-25 02月25日-03号

また、里親家庭への支援につきましては、里親制度に関する普及啓発や委託後の里親子供への支援などを包括的に実施する新たな体制の構築により、里親に対する研修里親家庭への定期的な訪問などによる相談体制充実里親負担軽減のため、施設などで一時的に子供を預かるレスパイトの実施など、里親として安心して活動していただくための環境を整備してまいります。 

相模原市議会 2019-12-19 12月19日-06号

また、施設小規模化、高機能化に向けての検討につきましては、できる限り良好な家庭的環境を備えた小規模な施設を目指すとともに、地域に開かれた一時保護機能や、里親の一時的な休息支援するレスパイト機能などの役割を担っていただけるよう検討を進めてまいります。 以上でございます。 ○石川将誠議長 臼井議員。 ◆36番(臼井貴彦議員) 最後は要望になります。

相模原市議会 2019-12-17 12月17日-04号

また、患者さんや家族への支援として、介護する家族レスパイトに対する支援、ピアサポーターなどの人材を養成していくことも重要と考えますが、市の見解を伺います。 次に、近年では、医療等の進歩により、難病の治療を受けながら就職や就労の継続を希望する患者さんがふえていると承知しています。こうした方々の安定的な就職及び職場への定着に向けての企業等への働きかけなど、市の取り組みについて伺います。 

相模原市議会 2019-11-27 11月27日-02号

そこで、多胎児を抱える親たちに向けた子育て教室充実や親同士交流の場の創出など、孤立をなくす取り組みとともに、移動、外出支援、親がレスパイトできる支援、ヘルパーなどの育児介助育児相談支援などが必要であると考えます。見解を伺います。 次に、教育行政についてお伺いいたします。 鈴木教育長におかれましては、10月に御就任されて、もうじき2カ月となります。

広島市議会 2019-09-13 令和 元年第 3回 9月定例会−09月13日-01号

一方,地域包括ケアを推進する中で,在宅ケアを初め,地域連携が重要視され,小児救急医療障害児レスパイトを初め,舟入病院機能も期待され,リハビリ病院専門外来が着目され,高次脳機能障害外来は,開設当初380人であったものが,この30年度では2.2倍の829人となっています。地域の中で専門外来を初め,レスパイト事業訪問事業は今後,地域連携でさまざまな医療福祉機関との連携が拡大していきます。

岡山市議会 2019-06-17 06月17日-03号

里親ファミリーホームに対しては,こども総合相談所児童福祉司児童心理司,医師による児童へのかかわり方の助言や一時保護所児童を預かることで里親が一時的に休養をとれるレスパイトなどの支援を行っております。また,各施設里親支援専門相談員児童家庭支援センターによる養育相談のほか,里親会里親同士で気軽に相談し合える交流会を開催するなどの支援が行われています。 

相模原市議会 2019-03-12 03月12日-05号

本市では、医療的ケアが必要な重症心身障害児など障害児在宅で安心して暮らせるよう、療育支援を行う障害児通所支援、御家族レスパイトを行う訪問看護支援事業など、さまざまな制度支援しています。障害児を看護する御家族は、病院を退院し、医療的ケアを行いながらの子育てに大きな不安を抱え、子供の成長に伴う相談など、孤独の中で奮闘されています。御家族への丁寧な支援が必要です。

さいたま市議会 2019-03-08 03月08日-05号

外来診療のほか、ショートステイ長期入所受け入れなどを行っており、また施設側体制を整えながら受け入れを進めている段階ではあるが、長期入所待機者が20名ほどおり、児童相談所での手続等を行っている状況であること、ショートステイでも現状受け入れ限度に近い数の利用があることなど説明を受け、医療的ケアが必要な障害児を抱える保護者レスパイトのニーズの高さがうかがえました。

岡山市議会 2018-12-11 12月11日-05号

家族がリフレッシュできる時間をつくることができるものとしてレスパイト事業というものがあります。レスパイトとは,在宅障害者高齢者などを介護している家族支援者介護を一時的に代替してリフレッシュしてもらうこと,またそのようなサービスのことを言います。このサービス利用することによって,夫婦や仲のよい母親同士の小旅行などが可能となります。