運営者 Bitlet 姉妹サービス
8965件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 神戸市議会 開催日:2019-03-20 平成31年市会運営委員会 本文 (委員長) 議案として提出されているので…… (平井理事) それは委員長の判断でされるというルールなのか。 (委員長) 議案として提出されているので,それを今回拒むということはしないということである。 (長瀬委員) これは質疑も何もできないのかということなのか。 (委員長) 質疑はできる。 (長瀬委員) 今からできるのか。 (委員長) 質疑通告をいただくことになっていたが。 もっと読む
2019-03-15 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号 お互いさまという我が国の伝統文化から、時代が移り変わり、ルールの整備を行わなければそのような寛容な社会文化を守ることができない時代になってきました。 もっと読む
2019-03-12 堺市議会 平成31年 3月12日議員総会−03月12日-01号 法律のルールの中でしか条例は制定できない。にもかかわらず、市長の団体がその上位法に位置する法律を無視して、こういう手続をとっているわけです。返還したらオーケー、返還したら済みます。これじゃあ、済みません。受け取った時点でアウトなんです。ここの市長の説明責任というのが、一切果たされていません。  もう一つですね、この修正された資料の100ページ、出ましたか。 もっと読む
2019-03-12 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会-03月12日-01号 このような役割を持つ場の設定について、どの程度の頻度で、どのように設定するか、13ページにまいりまして、職場のルールとして徹底してまいります。また、年間、月、週ごとの予定表など、職場ごとに、仕事を共有化するためのツールを設定し、個人の仕事をみんなの仕事として共有化し、職場一人一人にチームとしての意識づけを徹底してまいります。 もっと読む
2019-03-11 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会-03月11日-01号 ◎池之上 人権・男女共同参画室長 細かい年月を覚えておりませんけれども、部会長のほうからやはり開催をすべきだという部分で、今のヘイトスピーチに関する部会というものは、いわゆる公の施設を貸す貸さないの判断のときの不許可、許可の取り消しといったときに限って、部会の開催を要請するというつくりになっているので、今のルール上は開催をしなくてもいい状態ではあったんですけれども、部会長御自身のほうから少しこの開催 もっと読む
2019-03-11 川崎市議会 平成31年  3月環境委員会-03月11日-01号 市民は、まず排出する品目などを記載する所定の搬入計画書を事前に所管の生活環境事業所に御提出いただき、市の家庭ごみの分別ルールに従って分別した上で許可業者に引き渡していただきます。費用といたしましては、ごみ処理手数料と収集運搬費用がございますが、市民はまとめて許可業者に支払っていただき、そのうち、ごみ処理手数料につきましては許可業者を介して市に支払われます。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会−03月08日-01号 例えば議事録であれば、一般的な議事録は5年保存と決まっていますので、5年間まずは保存しましょうというようなルールでやっていくことになっていくかと思います。 ◆末永直 委員 起きてはならないんですけれども、今後こういった事故が起こった場合、資料をすぐに出せるような仕組みになるということで受けとめてよろしいんでしょうか。 もっと読む
2019-03-07 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号 これまでもイラストを用いて分別ルールを紹介するリーフレットや、収集した資源物が何にリサイクルされるかを写真で示したリーフレットを活用するなど、わかりやすい広報に取り組んでおりますが、ミックスペーパーから再生されるトイレットペーパーを個数に換算して示すことなども市民が実感できる有効な手段であると考えておりますので、こうした分別の効果につきまして、ごみ分別アプリや市ホームページ、かわさきチャレンジ・3R もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 多言語による交通ルールの説明本やルート案内の配布が必要です。対応を伺います。あわせて、案内サイン等の多言語化対応についても伺います。来年には羽田連絡道路が完成し供用開始の予定です。自転車道が設置をされておりますので、空港までの活用は可能なのかどうか、これも伺います。 もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 次に、商品券の発行主体でございますが、このたびの商品券発行事業につきましては、国が定めたルールに基づいた対応を国から求められており、効率的な作業を行うためにも、前回実施した実行委員会方式ではなく、本市の事業としての実施を考えております。今後、さまざまな場面で商店街連合会や商工会議所などとも情報共有を図り、連携して進めてまいりたいと存じます。以上でございます。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 次に、自転車マナーアップ推進事業につきましては、神奈川県交通安全対策協議会から指定された自転車交通事故多発地域である川崎区、幸区、中原区、高津区、多摩区を中心に、制服を着用した自転車マナーアップ指導員が巡回し、自転車走行ルールに違反した自転車利用者に直接声かけを行うとともに、違反項目を具体的に示したマナーアップカードを交付するなど、走行ルールの周知とマナーの向上を図るものでございます。 もっと読む
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 これらの移管手続につきましては、国の手引等に統一したルールが示されているところであり、本市におきましてもルールにのっとり、移管先の児童相談所に出向くなど事前協議を綿密に行い、さらに、移管後も合同でカンファレンスや家庭訪問を行うなど適切に情報共有するとともに、移管を受けたケースを含め、全てのケースを定期的に点検し、組織的にリスク評価等を再確認しているところでございます。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 本市におきましても、外国人市民施策の課題を各関係部署が適切に把握し、生活者としての外国人に対する支援を行うとともに、外国人が地域社会で生活するために必要なさまざまなルールについて多言語で情報提供を行うなど、地域との共生に向けた対応策もあわせて実施してまいりたいと考えております。   もっと読む
2019-02-20 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号 したがいまして、自主防災組織等々、地域防災力向上に関しての取り組みや検討を行う際に当たりましては、地域住民と事業者の連携に関しまして、市の工事発注ルールについても御理解をいただきながら、連携・協力をいただけるよう、説明を行ってまいりたいと考えております。以上でございます。 ◆34番(池尻秀樹君) 議長。 ○議長(山口典子君) 34番池尻秀樹議員。 もっと読む
2019-02-19 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号 今後は特に小規模公園なんですけども、地域特性による課題解決を行いながら、新たな利活用や、また地域でのルールづくりによる公園利用の差別化などにも取り組んでまいりたいというふうに考えております。以上でございます。 ◆42番(星原卓次君) 議長。 ○副議長(芝田一君) 42番星原卓次議員。 ◆42番(星原卓次君) 地域のルールづくりによる公園利用の差別化を図るとのことでございます。   もっと読む
2019-02-18 堺市議会 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号 ◆2番(伊豆丸精二君) 法律がどうとかじゃなくて、ルールの中で我々は生きてるわけでしょう。我々議会議員も、市長も、ルールをつくるのが仕事なんですよ。法云々じゃない、いや、法がそういうふうに規定してるんです。だから、A、B、C、Dは代表者、代表者は確かに闘病中だったんでしょう。ところが、会計責任者は市長の妻、奥様です。 もっと読む
2019-02-13 川崎市議会 平成31年  2月文教委員会−02月13日-01号 ◎藤中 小杉小学校開校準備担当課長 こちらでは、3回行ったわけなんですけれども、第3回におきましては、具体的に小学校でのルールですとか、どのような通学路を通っていくのかとか、そういったあたりについての説明を行いまして、おおむね質問はございませんでした。 ◆岩隈千尋 委員 ゼロですか。 もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月まちづくり委員会-02月06日-01号 一方で約75%の方は防災面に何らかの不安を感じており、90%近くの方が、まちのルールづくりが必要であるとの意見がありました。  ページをおめくりいただき、2ページ目をごらんください。   もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月健康福祉委員会-02月06日-01号 そういう手続というのも、何かルール化というのはつくられているんですか。 もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月環境委員会-02月06日-01号 次に、5、災害時のごみの分別と排出場所についてでございますが、初めに、(1)普通ごみや資源物の分別ルールと収集についてでございますが、分別ルールといたしましては、原則、平時と同様の分別とし、収集は発災後3日目からの再開を原則といたします。なお、資源物や粗大ごみにつきましては、一時的に収集を停止する場合もあり、収集体制や被災状況に応じて順次再開をしてまいります。   もっと読む