1394件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-03-15 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号

建設業の振興とともに、経済波及効果が大きく、市民にも喜ばれる住宅リフォーム助成事業を創設する。雇用をめぐる環境が厳しい中、こうした取り組みにより雇用拡大を図ることです。  第5に、防災対策の第一のかなめである旧耐震基準の木造住宅の耐震化促進を図るため助成対象件数をふやすことです。  

横浜市議会 2019-03-08 平成31年 国際・経済・港湾委員会

ですから、そういうところをしっかり再整備して、リニューアル、リフォームをしながら使っていくことも一方でやっていますから、両輪でしっかり頑張っていくということだと思います。 ◆大貫委員 この間、一番大きい船が入ってきた。神奈川新聞で写真を見たのです。先ほど量ではないと言ったけれども、見たら半分しか入ってない。

川崎市議会 2019-03-08 平成31年  3月まちづくり委員会-03月08日-01号

なお、建築物2については、平成28年ごろに増築を含むリフォーム工事が行われましたが、このとき確認申請は行われませんでした。  次に、現場の状況を御説明いたします。地図の中央に建築物1と2がございますが、その東側と南側にはそれぞれ2項道路がございます。  写真AとBは、建築物2でございます。

川崎市議会 2019-03-06 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号

また、リフォーム工事やその設計を行う工務店、建築士等からも助成金の案内ができるよう、関係団体等への周知を図ってまいります。以上でございます。 ◆斎藤伸志 委員 中には、指摘されるまで意識をされていない方、撤去を考えつつも全額負担にちゅうちょしている方なども多くいらっしゃると思いますので、悲劇を繰り返さないために、来年度においてもきめ細やかな周知に努めていただくよう要望します。

川崎市議会 2019-03-04 平成31年 予算審査特別委員会−03月04日-目次

関連施策について〔健康福祉局長−264、市長−265〕    中央療育センターについて〔健康福祉局長−266、267、269〕   石川建二委員…………………………………………………………………………… 269    宮崎台駅周辺の駐輪場対策について(要望)    地域交通の再整備とコミュニティ交通支援について〔まちづくり局長−269、270、    健康福祉局長−270〕    中小企業支援と住宅リフォーム

川崎市議会 2019-02-26 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号

我が党は、市内リフォーム需要を市内事業者に結びつける住宅リフォーム助成制度の創設を求めてきました。市は、目的を明確にした住宅工事等の助成制度を既に実施していると、助成制度の実施を拒んできました。しかし、いずれも市内事業者への発注を条件にしておらず、経済対策に結びついていません。

川崎市議会 2018-12-06 平成30年 第4回定例会-12月06日-04号

我が党が提案している住宅リフォーム助成制度は、市内のリフォーム需要を市内建設業に結びつけるもので、2017年度も全国573自治体で取り組まれ、地域経済への波及効果や地元建設業の活性化、技術を継承する場としてもその効果は実証済みです。住宅リフォーム助成制度の実施を検討すべきです。市長に伺います。  公契約条例では作業報酬下限額を定め、労働者に支払われる賃金がこの額を下回ってはならないとされています。

静岡市議会 2018-10-02 平成30年 都市建設委員会 本文 2018-10-02

ただ、空き家バンクの現況の特性としては、不動産市場に流通する中古住宅物件のうち、売れにくいものが空き家バンクへ登録されてしまうという、しまうということはないんですけれども、していただいてありがたいんですけれども、されるようですので、静岡市空き家情報バンクに登録された物件を購入し、リフォームした場合の補助金なんかは、御案内のとおり5件となっているところでございます。  

川崎市議会 2018-09-28 平成30年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第2日)−09月28日-07号

また、リフォームを含む大規模な修繕などにつきましては、かわさき資産マネジメントカルテに基づく長寿命化や資産の有効活用の視点で検討するとともに、昨年度策定された南武支線沿線まちづくり方針を踏まえ、今後、関係部局と調整してまいりたいと存じます。以上でございます。

相模原市議会 2018-09-27 平成30年  9月定例会議-09月27日−07号

また、賃貸、売却につきましては、リフォーム費用がかかる、設備や建具が古いなどが課題として挙げられているところでございます。さらに、中古住宅につきましては、品質に不安がある、選ぶための情報が少ないといったイメージが明らかになっているところでございます。これらの事柄につきましても、本市の課題でもあるというように捉えているところでございます。  

北九州市議会 2018-09-18 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月18日−04号

建築都市局では平成30年度から、空き家の活用や放置予防などに積極的に取り組んでいくため、空き家活用推進室を新設し、総合的な相談やリフォーム助成、北九州市空き家バンクによる空き家の有効活用などを進めており、空き家をふやさない取り組みが展開されています。  一方、昨今の大規模災害などもあり、空き家問題の中でも喫緊の課題は、壊れかけたまま放置された危険な空き家をどう撤去するのかにあると感じています。

熊本市議会 2018-09-13 平成30年第 3回予算決算委員会−09月13日-02号

転居に当たって、原状復帰、部屋のリフォームの費用が捻出できず転居ができないでおられます。何らかの支援ができないでしょうか。  以上、都市建設局長にお尋ねいたします。         〔田中隆臣都市建設局長 登壇〕 ◎田中隆臣 都市建設局長  まず市営住宅の住みかえや転居に関するお尋ねについてお答えいたします。  

相模原市議会 2018-09-03 平成30年  9月定例会議-09月03日−03号

私たち日本共産党市議団は、繰り返し住宅リフォーム助成制度の復活や商店版リニューアル助成制度の創設を初めとした地域循環型経済への転換を求めています。地元経済を支える中小、零細企業に対して、融資に加え、地域内で需要を起こし、そして地元企業が受注し、地域内でお金が循環する仕組みをつくるなど、直接的な支援を行う必要があると考えますが、見解を伺います。  

川崎市議会 2018-08-29 平成30年  8月まちづくり委員会-08月29日-01号

住宅に関する市民の満足度及びリフォーム実施戸数の住宅ストック戸数に対する割合の指標につきましては、関連施策の推進が不可欠であることから、住宅基本計画や空家等対策計画等に位置づけた取り組みを着実に推進してまいります。  次に、176ページをごらんください。上段の1、施策の概要でございますが、施策名は「安全で安心して快適に暮らせる計画的なまちづくりの推進」でございます。  

札幌市議会 2018-08-03 平成30年(常任)建設委員会−08月03日-記録

さらに、大規模改修時だけではなく、都市局で進めている札幌市住宅エコリフォーム補助制度というものもあります。これは、既存住宅をリフォームして高断熱・高気密化を図り、暖房エネルギーを削減するという大変重要な取り組みでありますから、こういった補助制度もしっかりと使いながら進めていくことを求めて、このテーマについては終わります。  次に、若年層世帯の入居関係についてです。