7290件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神戸市議会 2019-06-26 開催日:2019-06-26 令和元年福祉環境委員会 本文

(4)資源集団回収活動の支援につきましては,市民・地域団体主体のリサイクル活動の促進を図るため,古紙などの資源集団回収を実施している約2,800団体に対する助成を引き続き行うとともに,資源集団回収への出しやすさの改善のため,常設保管庫の設置助成を継続して行ってまいります。  

新潟市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会本会議-06月13日-目次

………… 206     (1) 主要地方道新潟港横越線と国道7号新潟バイパスが交差する竹尾インター交差点の現状認      識と改善策について     (2) 主要地方道新潟新発田村上線と主要地方道新潟港横越線が交差する赤道十字路交差点の現      状認識と改善策について   ────────────────────────────────────────────    4 使用済み紙おむつのリサイクル

新潟市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日市民厚生常任委員会−03月14日-01号

◎高桑一代 北区区民生活課長  これまでに17回開催して,3R運動,リデュース,リユース,リサイクルも区民の間に浸透してきて,一定の成果はあったと考えています。また,市で行っている環境フェアなども市内の環境団体による自主運営に移行していて,今回のNPO法人に関しても各団体と協力体制もあるので,市が資金援助しなくても,やり方に応じて自主運営ができるのではないかということで昨年から調整していました。

新潟市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日文教経済常任委員会-03月13日-01号

産業廃棄物扱いになるので,リサイクルのお金がかかりますが,そういう制度を行っていますし,それに対して市も若干,支援しているので,利用してもらえればと思います。 ◆小泉仲之 委員  年2回だと廃プラスチックをとっておかなければならないので,拡大する必要があると思います。  次に,園芸対策について,元気な農業応援事業,強い農業づくり交付金事業等,いろいろなところで園芸との言葉が出てきます。

新潟市議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日文教経済常任委員会-03月08日-01号

次に,第21款財産収入,第2項財産売払収入,第2目物品売払収入,第1節物品売払収入は,古紙のリサイクルを進めるために各学校から出される古紙の売り払いに伴う収入です。  次に,第25款諸収入,第2項貸付金元利収入,第7目教育費貸付金元利収入,第1節教育総務費貸付金元利収入のうち,奨学金貸付金元金収入は,返還予定の奨学金の貸付元金収入です。

横浜市議会 2019-03-08 平成31年 温暖化対策・環境創造・資源循環委員会

加えて、台湾の台中市及び台北市への行政視察、綱島サスティナブル・スマートタウンや里山ガーデン、緑のリサイクルプラントへの市内視察など、委員会として数多くの現場を視察できたことは非常に有意義であったと思います。 このように、充実した委員会活動ができましたのも、大山、尾崎両副委員長を初め、委員の皆様方からの御支援、御協力があったからこそだと、改めて感謝申し上げる次第でございます。 

堺市議会 2019-03-08 平成31年度予算審査特別委員会-03月08日-03号

今、並松見てみますと、あのままほっとったら、公園は草ぼうぼう、駐車場は適当に無造作に、どういうような状況でとめとろうが、まあぐじゃぐじゃ、あるいは作業所は作業所で、もう壁も屋根も、もうさびでぼろぼろ、使ってるのは2つか3つ、使ってるところは、もうその辺にいっぱいいろんな、ごみとは言わへんけど、リサイクルの、ぱっと見たら、もうスラム街みたいなような感じに今なってきよる。

新潟市議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日環境建設常任委員会-03月08日-01号

平成30年度から公用車などでのバイオディーゼル燃料の使用を廃止しましたが,家庭からの廃食用油の回収は引き続き実施し,廃油のリサイクルを継続します。  次に,省資源・省エネルギーの推進です。基金を活用した公共施設の低炭素化の推進は,再生可能エネルギー等導入推進基金を活用し,公共施設のLED照明化工事費に充て,電気料金の削減効果の一部を次年度以降基金に積み立て,資金を循環させるものです。

川崎市議会 2019-03-07 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号

次に、分別率の向上によるリサイクルの効果についてでございますが、本市ではミックスペーパーをトイレットペーパーに再資源化しており、現在目指しております分別率50%、1万8,000トンとなった場合、約9,000万個分に相当し、平成29年度と比較いたしますと約2,900個分増加するものと推計されるところでございます。

千葉市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2019-03-06

また、入札書対照価格の算出根拠や他市での同規模、同性能の施設の導入事例などを明らかにして、落札金額の妥当性を精査するともに、落札者の提案により、ガス化溶融炉にて可燃ごみに加え、他清掃工場の焼却灰やリサイクルセンターの破砕不燃残渣を一括して再資源化することによって、最終処分量の大幅削減、ひいては最終処分場の延命化が図られることから、会派としても一定の納得をしたところであります。  

熊本市議会 2019-02-28 平成31年第 1回環境水道分科会−02月28日-01号

次に12番の旧リサイクル情報プラザ解体経費7,000万円でございます。熊本地震によりプラザ本館は危険性があり、早急な解体が必要でありますため、平成30年度に設計を実施し、平成31年度に解体を行うための経費を計上いたしております。  廃棄物計画課分は以上でございます。よろしくお願いいたします。 ◎上妻賢治 浄化対策課長  浄化対策課でございます。  着座にて説明の方させていただきます。  

仙台市議会 2019-02-27 平成31年度 予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2019-02-27

本市では、仙台市一般廃棄物処理基本計画を策定されまして、平成32年度にはひとり1日当たりの家庭ごみを450グラム以下、そしてリサイクル率35%以上など、ごみの減量、そしてリサイクルの推進に取り組んできているところでございますけれども、この処理基本計画をずっと眺めていても、カセットボンベとスプレー缶の表現をなかなか私は見つけることができなかったのですが、このカセットボンベ、スプレー缶の廃棄の関係については

札幌市議会 2019-02-27 平成31年第一部予算特別委員会−02月27日-03号

それから、もう一つは、篠路清掃工場が廃止されたということですが、枝・葉・草の分別収集も、私は以前に質疑させていただいて、リサイクルはそんなにうまくいっていませんねと、現地を確認して指摘させていただきました。それは札幌市も認めました。それから、生ごみのリサイクルの実証実験も、私は、単価を出して、そうやすやすとうまくいくものではないということで、結果的にやめていただくことができました。  

新潟市議会 2019-02-26 平成31年 2月定例会本会議−02月26日-04号

あわせて,循環社会推進課に改称することで,3Rと言われるリデュース,リユース,リサイクルをより一層推進し,循環型社会の形成を目指すという本市の基本方針を明確にしました。  次に,大学生,専門学校生との連携,活動への協力,支援についてです。  議員御指摘のとおり,食品ロス削減に向けては,市民を初め,事業者や団体などと一体となって取り組む必要があると考えています。

川崎市議会 2019-02-25 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号

リサイクル意識の高まりを背景に、再生利用の取り組みを促進するため適正に制度を運用すべく、規定の整備に向け制度の見直しを行いますが、趣旨、内容について伺います。要綱の主な内容についても伺います。昨年、パブリックコメントを実施しましたが、件数とその内容、それらに対する対応を伺います。  次に、ナノ医療イノベーションセンターについて伺います。

堺市議会 2019-02-25 平成31年 2月25日産業環境委員会−02月25日-01号

また、こちらはプラスチックのポイ捨ては絶対にやめましょう、使用したプラスチックはリサイクルへ、このような形でさまざま、こういうふうに啓発を今していただいております。  私も、高齢の男性の方から、その方は石津川の河口付近に住まわれている方なんですけども、その方が設計書を持ってきはったんですね。

札幌市議会 2019-02-21 平成31年(常任)総務委員会−02月21日-記録

1番目の本計画の背景及び目的についてご説明いたします  まず、本計画策定の背景ですが、東日本大震災への対応の教訓として、大量に発生した瓦れきの処理のおくれにより復旧、復興が著しくおくれたこと、瓦れきは、廃棄物処理するだけではなく、復興資材として活用すること、さらには、復興の資材として活用するためには、瓦れきの分別、リサイクルが必要で、そのためには、瓦れきの保管、分別、破砕などの中間処理、リサイクルなど

千葉市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-02-21

、3用地2清掃工場運用体制で、安定的かつ継続的なごみ処理体制を構築するため、さらなるごみの減量・再資源化の推進を図る必要があることから、千葉市一般廃棄物(ごみ)処理基本計画の全員参加型3Rによる未来へつなぐ低炭素・循環型社会の構築という基本理念のもと、一人一人がごみを出さないライフスタイル、ビジネススタイルの確立によるリデュース、リユースを目指し、食品ロスの削減など生ごみの発生抑制を推進するほか、リサイクル

熊本市議会 2019-02-20 平成31年第 1回定例会−02月20日-02号

石油由来のプラスチックは、化学的に安定した性質によりまして、非常に長い期間自然環境に残存すると言われておりますため、分解されやすい代替素材への切りかえを進めていくことや、プラスチック製品の使用を減らすこと、また不法投棄などをなくし、さらにリサイクルを推進するなど、製造、使用、廃棄、リサイクルのそれぞれの段階において取り組むことが重要であると考えております。