466件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  防災・減災推進調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

多様な情報伝達手段の導入が進んでいるものの、近年、土砂災害・浸水被害を伴う大雨災害ミサイル発射に挙げられるように、想定される危機の多様化や、災害情報の量がふえていることで、市民への理解促進や、実際の避難行動等につながるような情報伝達の方法が課題となっています。

仙台市議会 2019-04-17 防災・減災推進調査特別委員会 本文 2019-04-17

あともう一つが、1ページ目に戻りまして、一番下の2行ですが、多様な情報伝達手段の導入が進んでいるもののということで、ミサイル発射、土砂災害・浸水被害を伴う大雨災害ということで挙げられているんですが、やはり、土砂災害、浸水被害というのが、特に今期、私たちが議論している最中に広がったということもあって、大雨に対する防災計画等の充実というのも図られてきているところだということもあるので、これは順番が逆ではないかなというふうに

広島市議会 2019-03-13 平成31年第 1回 2月定例会-03月13日-05号

公益財団法人広島市文化財職員社会教育主事講│ │     │習の事務手続きを代行していることについて            │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 147 │「比治山公園平和の丘』基本計画」の変更を求めることについて  │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 159 │北朝鮮ミサイル

北九州市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号

○ 平成29年11月9日 環境水道委員会    九州北部豪雨における本市の被害及び復旧状況等について及び弾道ミサイル   を想定した避難訓練の実施について、当局の説明を受けた。┌───────────────────────────────────┐│《委員の主な意見》                          ││ ・大規模災害時における熱源確保について研究されたい。        

福岡市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第5日)  本文 開催日:2019-02-27

次に、ミサイル対応訓練についてです。  一昨年12月1日、全国の政令市に先駆けて、本市でミサイル対応訓練が実施されました。具体的には、市内全域の携帯電話ミサイル発射情報の緊急速報メールを配信するという市民を対象とした訓練であり、多くの市民防災意識の向上につながったと評価しています。  

千葉市議会 2019-02-26 平成31年予算審査特別委員会総務分科会 本文 開催日: 2019-02-26

(「近いね」と呼ぶ者あり)  大体、オリンピック・パラリンピックやろうっていうのに、北朝鮮からのミサイルが飛んでくるんじゃないかとか、いかにも中国尖閣諸島に攻め込んでくるんじゃないかとか、そういうようなことがまことしやかに流れる環境を変えることなしにオリンピックの成功はないというふうに思っているんです。まあ、これは私の見解としてちょっと言わせていただいたと。  

新潟市議会 2019-02-26 平成31年 2月定例会本会議−02月26日-04号

また,地上配備型迎撃システムを整備することで,北朝鮮からグアムに向かう弾道ミサイルを迎撃しようとしていますが,安保法に基づく集団的自衛権の行使のための兵器です。このように,まさに拡大を続けている防衛費の突出ぶりに対する市長の御見解を伺います。  (5),地方へのしわ寄せがますます厳しくなるとの認識はどうかということで質問します。  

新潟市議会 2019-02-20 平成31年 2月20日市民厚生常任委員会-02月20日-01号

特に大地震津波ミサイル発射など国が瞬時に配信するJアラートは,この一元化システムを用いて,職員の手を介さずに自動で配信しています。お知らせですが,ちょうど本日午前11時にJアラートの試験消防庁が行います。その伝達試験として本市の防災メールの登録者などへ配信しますので,委員の皆様で登録している方は後ほど確認いただければと思います。

相模原市議会 2018-12-20 平成30年 12月定例会議-12月20日−07号

そして、沖縄の海兵隊は、移動速度が遅く、ミサイル攻撃に対する防御力が弱いことから、陸上部隊として、中国の中距離弾道ミサイルの射程内になる沖縄に所在することは戦略的妥当性を欠くことを指摘し、したがって、対中国への抑止力として、海兵隊の沖縄駐留は不可欠とする考え方は、説得力がないとも分析しています。  

福岡市議会 2018-12-19 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19

また、安倍首相は増税の半分を国民に還元するとして幼児教育の無償化をすると言っていますが、他方、先日閣議決定された防衛大綱では護衛艦いずもを空母にする、弾道ミサイル迎撃のイージス・アショア2基導入、ステルス戦闘機F35などの導入を決め、2019年から2023年の防衛費は27兆4,700億円となっています。

相模原市議会 2018-12-18 平成30年 12月定例会議-12月18日−05号

ミサイル部隊、最高司令部が来た、大変なことだと思うんです。御答弁は、新たな制限等は示されていないから、周辺の土地利用への新たな制限は課されていないから、計画の直接的な影響はないものと考えると言いますが、本当にないんですかね、どうですか。 ○沼倉孝太議長 市長。 ◎加山俊夫市長 今回の司令部機能といいましょうか、これは日本にある2つの基地を統括する司令部だと、こういう国の発表でございます。

広島市議会 2018-12-13 平成30年第 6回12月定例会-12月13日-05号

公益財団法人広島市文化財職員社会教育主事講│ │     │習の事務手続きを代行していることについて            │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 147 │「比治山公園平和の丘』基本計画」の変更を求めることについて  │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 159 │北朝鮮ミサイル

相模原市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会議-目次

市民協働推進基本計画について      8 子供たちの安心できる居場所について      9 子供たちの健やかな成長へ向けた取り組みについて      10 市のまちづくりの考え方と伊勢相模原店閉店の影響等について      11 相模総合補給廠への米陸軍第38防空砲兵旅団司令部の駐留について     山下伸一郎議員…………………………………………………………………155      1 相模総合補給廠へのミサイル

相模原市議会 2018-11-29 平成30年 12月定例会議-11月29日−03号

ミサイル部隊司令部駐留は、これまでの補給廠の機能に新たな要素が加わったものではないのでしょうか。補給廠の機能強化や恒久化につながってしまう懸念は払拭できません。見解を伺います。  ミサイル部隊司令部があるところに民間が投資する魅力を感じるのでしょうか。まちづくりへの影響は看過しがたいものがあると考えます。まちづくりへの影響や周辺地域の生活環境への影響について、再度認識を伺います。  

千葉市議会 2018-10-02 平成30年第3回定例会(第9日目) 本文 開催日: 2018-10-02

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動についてお尋ねをいたします。  私は、北朝鮮が核及びミサイル開発を進めることがあってはならないと思います。政府は、拉致問題とともに、朝鮮半島の非核化と朝鮮戦争の最終的終結、東アジア平和と安定、発展に尽くすべきであると考えます。

千葉市議会 2018-10-02 平成30年第3回定例会(第9日目) 議事日程・名簿 開催日: 2018-10-02

について           │       (2)水素社会実現に向けた施策について      │       2 子どもルームの充実について          │       3 地域包括ケアシステムの構築に向けた課題につ  ├ 布 施 貴 良 君         いて                     │       4 平成30年度の平和啓発事業実施状況について   │       5 弾道ミサイル