1802件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-12 仙台市議会 平成31年第1回定例会(第8日目) 本文 2019-03-12 第八款消防費ほかにおいては、消防団機能強化について、通信技術、情報システムの充実について、救急搬送、救急需要対策について、消防ヘリコプターについて、災害救助法の権限移譲について、AEDについて、防災アプリの導入について。   もっと読む
2019-03-04 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号 (ア)本市の登録状況(平成29年4月1日現在)      ・41隊、175人      ・登録車両台数39台(消防ヘリコプター1機、消防艇1艇含む)    (イ)出動体制      ・最大震度6弱(政令市等は5強)以上の地震発生時      ・災害発生都道府県知事等の応援要請による場合    (ウ)緊急消防援助隊訓練      毎年全国6ブロックでの合同訓練及び5年ごとの全国規模の合同訓練      もっと読む
2019-02-20 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号 さらに、昨年10月には公民が連携いたしまして、大仙公園での物販イベントでありますとか、熱気球体験、ヘリコプターによる遊覧飛行などを行い、多くの来訪者に好評いただいたところでございます。  引き続き、安全・快適な周遊環境の確保とともに、来訪者の満足度を高める取り組みを進めてまいります。以上でございます。 もっと読む
2018-12-17 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月17日-07号 ◎消防局長(原悟志) ドローンの活用についての御質問でございますが、ドローンの活用につきましては、ドローンの小型性及び迅速性等を生かし、ヘリコプターの接近や隊員の活動が困難な場合、また土砂災害等における二次災害のおそれのある場合の情報収集などに有効であると認識しているところでございます。 もっと読む
2018-12-13 浜松市議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-12月13日−22号 次に、債務負担行為に計上の消防ヘリコプター定期耐空証明検査費について、委員から、現在、消防ヘリコプターは操縦士を2人体制とする必要があることから運休しているが、定期耐空証明検査を行った後、運航を再開できるのかとただしたところ、当局から、定期耐空証明検査は来年6月末に完了する予定である。 もっと読む
2018-12-11 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 開催日: 2018-12-11 さらに、第3回定例会での一般質問でも取り上げられましたが、7月には更科町でも同じような金属スクラップ堆積場において、消火活動にヘリコプターも出動し、鎮火まで丸1日かかったという大きな火災がありました。  更科町の堆積場とは異なりますが、中西町の堆積場は、一般家屋が隣接していることもあり、住民は日常の騒音などの被害のほかにも、そのような火災が起きるかもしれないという不安の中で生活しています。 もっと読む
2018-12-05 浜松市議会 平成30年 12月 建設消防委員会-12月05日−01号 9:31 △1 付託議案審査 △(1)第120号議案平成30年度浜松市一般会計補正予算(第3号)          第3条(債務負担行為の補正)中           第1項中            消防ヘリコプター定期耐空証明検査費 ●結論  採決は、審査順序16で一括して行うこととなりました。 ●発言内容 ○戸田誠委員長 これより協議事項1、付託議案審査に入ります。 もっと読む
2018-11-15 川崎市議会 平成30年 11月大都市税財政制度調査特別委員会-11月15日-01号 1枚おめくりいただきまして、消防ヘリコプターに係る財政措置についてでございますが、本市消防ヘリコプターは、県内の広域応援活動に従事しており、県下市町村への持続的な応援体制を確保するため、航空隊の運営に係る経費に対して応分の負担をすることを要望するものでございます。   もっと読む
2018-10-05 浜松市議会 平成30年 10月 建設消防委員会-10月05日−01号 11:09 ● 浜松市消防ヘリコプター「はまかぜ」の運休について ●結論  消防次長(警防課長)から、浜松市消防ヘリコプター「はまかぜ」の運休について説明があり、これを聞きおきました。 ●発言内容 ○戸田誠委員長 付託議案審査の途中ですが、この際、消防次長(警防課長)から発言を求められておりますので、これを許可します。 もっと読む
2018-10-05 千葉市議会 平成30年保健消防委員会 本文 開催日: 2018-10-05 49 ◯委員(福永 洋君) 今、局長から、かなり、私も、例えば、なぜかというと、採用試験で、それぞれの自治体消防が、いろいろなのでやって、いい取り組みだと思うんで、いい人材を持とうと思えば、全体としてやったほうが集まるし、それから、ヘリコプターだとか、そういうものも、それから、テロ対策のでっかい車だとか、かなり金額が張るわけですよね。 もっと読む
2018-10-05 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)−10月05日-12号 次に、消防局の所管分でありますが、委員から、昨年度整備した消防団活動用資機材等について、救急搬送時間等について、消防団事業における団員確保策等について、市民救命士養成事業について、消防職員定数について、消防施設整備状況について、応急手当講習の自己負担等について、消防ヘリコプターについて、防火衣及び防火帽の更新等について、消防団員の貸与装備品強化分の支出実績等について、消防施設整備事業における消防体制 もっと読む
2018-10-01 京都市議会 平成30年 10月 予算特別委員会第3分科会(第2回)-10月01日−02号 また,ヘリコプターを飛ばしたり全容の把握に努めておるところでございます。そういう中で,とにかく全容を把握して,年度内にできることはどれかというのも,その全容をつかんだうえで検討してまいりたいと考えております。 ○主査(北山ただお)   西村委員。 もっと読む
2018-09-28 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第2日)−09月28日-07号 ◆橋本勝 委員 消防ヘリコプターについて一問一答で伺ってまいります。平成29年の活動状況と、また、それぞれの内訳について、まず伺いたいと思います。 もっと読む
2018-09-28 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月28日−08号 しかし、いまだに自衛隊機あるいは米軍のヘリコプターなど、さまざまな騒音被害が続いています。こうした点を、市として積極的に取り組みを求めます。また、現在未着工の住宅防音工事、特に特定防音工事などに取り組むなど、市としての働きかけに期待します。   もっと読む
2018-09-27 千葉市議会 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2018-09-27 なお、航空隊については、ヘリコプターテレビ電送システムを活用し、地上部隊に映像配信するとともに、空中からの消火活動を22回実施しました。また、猛暑の中での長時間活動となったことから、熱中症対策として救援車を出動させ、消防隊員に対する飲料水及び食糧の補給活動も実施しております。  被害状況につきましては、スクラップ約4,000立方メートルと油圧ショベル等の作業用資機材が焼損しております。 もっと読む
2018-09-25 千葉市議会 平成30年決算審査特別委員会保健消防分科会 本文 開催日: 2018-09-25 それでは次に、ヘリコプターの今回予算、点検とか、部品交換とかあったんですけど、毎年たしかこれは運営費が1億円ぐらいかかっていたと思います。 もっと読む
2018-09-14 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会(全体会 第1日)-09月14日-01号 主な事業の内容でございますが、3、消防力の強化では、ヘリコプター活動拠点である航空隊庁舎を改築し、供用開始いたしました。また、老朽化が進んでいた麻生消防署王禅寺出張所の長寿命化工事等を行ったほか、消防・救急車両や指令システムの更新を行いました。   もっと読む
2018-09-14 川崎市議会 平成30年 決算審査特別委員会−09月14日-目次 目常備消防費、救急活動事業費、応急手当講習事業費について      ………………………………………………………………………………… 199     渡辺 学委員……………………………………………………………………… 200      12款1項1目常備消防費及び12款1項3目消防施設費について……… 200     橋本 勝委員……………………………………………………………………… 203      消防ヘリコプター もっと読む
2018-09-07 京都市議会 平成30年  9月 産業交通水道委員会(第10回)-09月07日−10号 本市の場合は500キロぐらいのものやったら積めるヘリコプターもあるわけですよ。名立たるひえいとあたごが本市の消防局にあるわけですけど,そういう連携についてはどのようにお考えですか。 ○委員長(田中明秀)   今井部長。 もっと読む
2018-09-03 川崎市議会 平成30年 第3回定例会-09月03日-01号 次に、32ページに参りまして、消防費でございますが、3の消防力の強化につきましては、ヘリコプター活動拠点としての機能強化を図るため、航空隊庁舎の改築を行いました。  次に、教育費でございますが、1の学校教育につきましては、県費負担教職員の市費移管により、学校教育の充実に向けて円滑な人事施策を実施しました。 もっと読む