133件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第8日目) 本文 2019-03-12

また、「骨髄ドナー休暇の取得状況」について質疑があり、これに対しまして、「平成二十九年度が三名、平成二十八年度が四名、平成二十七年度が二名である。」という答弁がありました。  また、「骨髄ドナー休暇が無給である理由」について質疑があり、これに対しまして、「地方公務員法上、職員の休暇制度については、国及び他の地方公共団体の職員との間に権衡を失しないように考慮すべしとされている。

川崎市議会 2019-02-25 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号

昨年から指定難病医療費助成制度が県から川崎市へ移譲され、次年度は骨髄ドナー及びドナーが勤務する事業所への助成を拡充することが示されましたが、取り組み内容を伺います。また、今後、制度の周知を広く実施し、市民の意識啓発が重要と考えますが、見解を伺います。  次に、感染症対策について伺います。

川崎市議会 2019-02-12 平成31年 第1回定例会-02月12日-01号

確かな暮らしを支える取り組みとして、安心を支える医療制度等の運営につきましては、骨髄バンクドナー登録者数の増加を図るため、ドナーの方及びドナーの方が勤務する事業所に対して新たな支援を行ってまいります。また、生活保護受給者の健診データとレセプトデータの分析による健康面での支援強化と、生活保護の医療費適正化に向けた取り組みを進めてまいります。  

川崎市議会 2019-02-06 平成31年  2月健康福祉委員会-02月06日-01号

次に、4目諸予防費は15億3,519万6,000円で、主な内容は、右側、疾病対策事業費の中の指定難病対策事業費におきまして、骨髄ドナー及びドナーが勤務する事業所に対して、骨髄等を提供するために通院、入院した日数に応じて助成を行うものでございます。  138ページに参りまして、5目環境衛生費は3億7,641万7,000円で、主な内容は、右側、食品衛生事業費、動物愛護事業費でございます。  

北九州市議会 2018-12-06 平成30年12月 定例会(第4回)-12月06日−02号

うちで今すぐやってくださいとかじゃないんですが、そういったものもしっかり研究をしていただいて、そしてまた、例えばうちは今、保健福祉局で骨髄等ドナー普及促進事業も行っていますよね。こういったものとも同じような考え方ができるんではないかなと思いますので、ぜひこういった部分で、不妊治療、実際に、じゃあ今から所得制限を撤廃したらどれぐらい予算がかかるか、はっきり言ってこれはわかりません。

千葉市議会 2018-10-03 平成29年度決算審査特別委員会(第2日目) 本文 開催日: 2018-10-03

各施策につきましては、あんしんケアセンター及び認知症初期集中支援チームの増設や生涯現役応援センターの新設など、超高齢社会の到来を踏まえた取り組みがなされたほか、胃がん検診や骨髄移植ドナー支援といった健康づくり施策、母子健康包括支援センターの開設や児童相談所の人員増強に見られる子育て支援施策などは、会派の要望に沿うものでありました。  

千葉市議会 2018-09-20 平成30年決算審査特別委員会保健消防分科会 本文 開催日: 2018-09-20

次に、4の骨髄移植ドナー支援です。  これは平成29年度から実施しており、骨髄バンク事業において骨髄等の提供をしたドナーに対し助成金を交付することにより、ドナーの負担を軽減し、ドナー登録の増加を図ることを目的にしております。平成29年度の助成対象者は、8人でございました。  次に、5のエイズ対策推進です。  

川崎市議会 2018-09-12 平成30年 第3回定例会-09月12日-03号

骨髄移植ドナー支援についてです。平成29年6月議会において、我が党の議員がドナー負担について行政の支援制度の導入を提案したのに対し、健康福祉局長は、今後、他都市の制度の調査等を行うなど検討してまいりたいとの御答弁でした。その後の検討状況と今後の取り組みを伺います。  感染症の予防対策についてです。乳幼児へのワクチン接種によりポリオや百日ぜき、結核などなど多くの疾病から子どもの健康を守ってきました。

川崎市議会 2018-07-26 平成30年  7月健康福祉委員会-07月26日-01号

ドナーの方々は、それぞれの条件、いろいろなものがある中で、わらにもすがるような思いで、実際のところ、手術となる。であるのであれば、例えば、そういう中でA類疾病の里帰り出産の償還払い、同じように骨髄移植等を行っている病院で大体であれば受けたいというのが一般的だと考えるんです。そうすると、この償還払い制度を活用したい、そういうことを内部で検討しているんですか。

広島市議会 2018-06-25 平成30年第 2回 6月定例会−06月25日-04号

一般質問の初日の21日,骨髄ドナー助成制度について,我が会派の定野議員に続き,公明党の碓氷議員が同じ趣旨の質問をしております。しかし,助成制度の開始時期について,定野議員は再質問で開始時期を確認したにもかかわらず開始時期の答弁はせず,その後の質問者には開始時期を答弁するという相違がありました。細かくは申し上げませんが,定野議員には開始時期は今答えられないと事前に担当課長から話があったようです。  

広島市議会 2018-06-18 平成30年第 2回 6月定例会−06月18日-目次

……………………………………………………………85   碓氷芳雄議員 ………………………………………………………………………………85    1 広島市の平和行政における基本姿勢について    2 折り鶴の再生・循環プロジェクトと修学旅行生の誘致について    3 広島の街づくりと都市農業について    4 食品衛生法改正に伴う食品衛生管理手法HACCP(ハサップ)の義務化について    5 骨髄ドナー

浜松市議会 2018-03-23 平成30年  2月 定例会(第1回)-03月23日−06号

について  第56 選第2号 浜松市土地利用審査会委員選任について  第57 諮第1号 人権擁護委員候補者推薦について  第58 発議案第1号 国民健康保険料と国民健康保険税の賦課・徴収の取り扱いの整合を求める意見書について  第59 発議案第2号 新専門医制度開始に係る意見書について  第60 発議案第3号 地域公共交通維持のための財政支援の拡充を求める意見書について  第61 発議案第4号 骨髄ドナー

浜松市議会 2018-03-22 平成30年  3月 議会運営委員会-03月22日−01号

選第2号 浜松市土地利用審査会委員選任について     諮第1号 人権擁護委員候補者推薦について △(4)議会提出事件について     発議案第1号 国民健康保険料と国民健康保険税の賦課・徴収の取り扱いの整合を求める意見書について     発議案第2号 新専門医制度開始に係る意見書について     発議案第3号 地域公共交通維持のための財政支援の拡充を求める意見書について     発議案第4号 骨髄ドナー

浜松市議会 2018-03-07 平成30年  3月 議会運営委員会-03月07日−01号

について  3 意見書等の調整について  (1)「陳情書・要望書の取り扱いについて」の改正等を求める陳情(竹村洋治さん提出)  (2)国民健康保険料と国民健康保険税の取り扱い統一の見直しを求める意見書(自由民主党浜松提出)  (3)新専門医制度開始に係る意見書(自由民主党浜松提出)  (4)地域公共交通維持のための財政支援の拡充を求める意見書(創造浜松提出)  (5)骨髄移植等に関する提供希望者(ドナー

福岡市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第4日)  本文 開催日:2018-03-05

また、骨髄ドナーの助成制度については、移植を必要とする患者に骨髄の造血幹細胞を提供する骨髄ドナーの経済的な負担を軽減する助成金を支給する自治体がふえてきておりますが、新年度の助成制度実施について伺います。  次に、生活交通対策については、御承知のとおり、高齢運転者による交通事故が社会問題化しております。

川崎市議会 2017-12-19 平成29年 第4回定例会-12月19日-08号

骨髄移植ドナー支援について伺います。本年第2回定例会で骨髄ドナー支援についての経済的、時間的負担感低減のために支援制度の創設を求めておきました。いただいた答弁では、他都市の制度の調査等を行うなど検討してまいりたいというような御答弁だったと思います。他都市制度の調査状況と、国、県の動向を伺います。また、他都市の制度を本市で適用した場合の想定実施件数についても伺います。

堺市議会 2017-12-13 平成29年12月13日総務財政委員会−12月13日-01号

きょうは中区役所ですかね、あしたMinaさかいで、あさって以降は美原、南、北の区役所で骨髄バンクのドナー登録会が開催されると聞いております。こちらですね。この件については、我が会派の西議員から大綱質疑で職員が参加しやすいような取り組みを求めておりましたが、まず現状はどうなっているのか御説明ください。