3074件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2019-03-14 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号

4期目の政策大綱で市長は、関門トンネル開通60年、関門橋45年の現状を踏まえ、災害時の代替機能の確保、観光、経済、物流の活性化等の観点から、下関北九州道路の整備促進について国への要望活動を続けるとしています。これまでの調査検討を踏まえ、2県2市でいよいよ国に計画段階評価の実施を求めようとしています。

横浜市議会 2019-03-13 平成31年 政策・総務・財政委員会

ここはお母さんが連れていって、一緒に体験型で煙のトンネルをくぐるとか、家庭で備蓄する水はこれだけ必要ですとか、非常持ち出しの10キロのリュックを担いでくださいなどやるので、子供を守りながらどう避難訓練したらいいか、実際にわかりやすいのです。

北九州市議会 2019-03-08 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号

門司区奥田の奥田トンネル下り出口付近であります。  これらの施設について、その機能に問題がないよう、県は適宜、全域で点検を行っております。また、住民などから土砂の堆積や構造物のひび割れに対する問い合わせがあった場合は、迅速に現地調査を行い、必要な対応をとっております。  今後も、治山施設や砂防施設につきましては県にも適切な対策を要望し、連携を図りながら、その機能保全に努めてまいります。  

川崎市議会 2019-03-07 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号

緊急物資輸送ルートとして海上輸送物資を東扇島の基幹的広域防災拠点から被災地に輸送するとのことですが、わざわざ市内中心からは遠くて、橋やトンネルを必要とする東扇島から物資を輸送することが現実的なのでしょうか。橋やトンネルは災害時に通行できなくなる可能性も高いのです。東扇島よりももっと市内に近い岸壁、物資の輸送に適している箇所は幾らでもあるのではないでしょうか。

北九州市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号

建築都市局によると、関門断面の関門橋と関門国道トンネルの設計上の1日当たり通行可能な車両台数は合計約8万4,000台で、2017年度の1日平均通行台数は、関門橋と関門国道トンネルを合わせて約6万5,000台となっており、十分余裕がある状況であります。新たなルートができれば通行車両が分散し、既存の関門トンネル、関門橋の通行量が減少し、採算上、通行料金にも影響が出ることが懸念されます。

北九州市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月04日−01号

2 調査の経過及び結果(1)道路施設における長寿命化修繕計画の取り組みについて  ○ 平成29年7月3日 建設建築委員会    道路施設における長寿命化修繕計画の取り組み(橋りょう、トンネル)につ   いて、当局から説明を受けた。   (説明要旨)     橋りょう、トンネルでは、国の動向を踏まえつつ、長寿命化修繕計画に基    づき、予防保全型の維持管理に取り組んでいる。     

川崎市議会 2019-03-04 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号

◎髙橋哲也 港湾局長 東扇島の交通環境についての御質問でございますが、東扇島地区は、国内有数の冷凍冷蔵倉庫群を初め、近年のコンテナ貨物取扱量の順調な増加など、総合物流拠点としての機能強化が図られていることから、川崎港海底トンネルや首都高湾岸線からアクセスする大型車などが東扇島中央交差点付近に集中している状況でございます。

仙台市議会 2019-02-27 平成31年度 予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2019-02-27

予想イメージ見ると、イラスト見ると、桜のトンネルができるというの。千本じゃない、萬本さくらだと。これ見たいと思いますよね。局長、そういうのに長けているね。これ、見てみたいと思いませんか、どうですか。 167: ◯文化観光局長  見てみたいと思います。 168: ◯岡部恒司委員  私も見てみたいもの。早くできないかなと思っているのですけども、なかなかそうもいかないので、どうなんでしょうか。

川崎市議会 2019-02-25 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号

また、防災の観点からも、本橋梁は基幹的広域防災拠点である東扇島東公園と内陸部を結ぶ新たなルートであり、川崎港海底トンネルと異なる構造形式であることから、緊急物資輸送ルートのリダンダンシーの確保が図られるなど、重要な路線でございます。さらに、今回、耐震設計の見直し等がなされたことにより橋梁の耐震性がさらに向上され、災害への対応レベルが高まるものでございます。

堺市議会 2019-02-18 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号

私は2本目の道路をつくるか、臨海2区に臨海7-3区から橋をかけ、あるいはトンネルを掘って周回道路にすべきであるというようなことを以前にも申し上げたことがございます。大阪府の開発であること、費用対効果、堺市単独事業では無理であるとのことでございました。しかし、よく考えると現実的にはやはり実現は無理だというふうに判断をいたします。臨海1号線が使えなかったら、帰りたくても帰れないのです。

川崎市議会 2019-02-06 平成31年  2月環境委員会-02月06日-01号

次に、2目港湾維持費は、係留施設や川崎港海底トンネル等の港湾施設の維持管理に要する経費で、予算額は6億4,398万4,000円でございます。  次に、1枚おめくりいただきまして、194、195ページをお開き願います。3目港湾振興会館費は、川崎マリエンの管理運営等に要する経費で、予算額は2億3,726万8,000円でございます。  

川崎市議会 2019-02-04 平成31年  2月まちづくり委員会-02月04日-01号

これについて、犬蔵2丁目から鷺沼に至る途中、東名高速道路の下には既にトンネルができていますが、そこの約400メートルの供用、それからもう一つは、北部市場から横浜に抜ける横浜生田線の水沢工区70メートルの供用、その2つをずっとお願いしてきたんですけれども、特にこの間の議会の質問では、梶ヶ谷菅生線については、鷺沼駅前再整備の方向性が示されれば、それにきちっと対応していくという答弁をいただいているんですが

川崎市議会 2019-01-31 平成31年  1月まちづくり委員会-01月31日-01号

平成24年12月に発生いたしました中央自動車道笹子トンネルの天井板落下事故がきっかけとなり、道路法が平成25年6月に改正されました。主な改正内容につきましては、道路法施行規則にございますとおり、道路の構造または交通に大きな支障を及ぼすおそれがあるものの点検は、近接目視により、5年に1回の頻度で行うことを基本とすることなど、点検が法定化されたものでございます。

川崎市議会 2019-01-24 平成31年  1月まちづくり委員会-01月24日-01号

なお、これら概略ルート・駅位置の設定に当たっての基本的な考え方として、下段にありますように、周辺の地形や土地利用、交差構造物等への影響を考慮し、地下トンネル構造を基本とし、また、川崎市側の駅位置については、幹線道路に近く、駅へのアクセスがしやすいこと、周辺の土地利用や人口集積、可能な限り道路などの公有地を活用することなどを考慮し、設定したものでございます。  

川崎市議会 2018-12-19 平成30年 第4回定例会-12月19日-09号

◎建設緑政局長(奥澤豊) 都市計画道路尻手黒川線4期工区の完成年次についての御質問でございますが、本工区につきましては、柿生緑地の区域を通り、新たに道路を築造するトンネル区間と現道拡幅区間の延長約680メートルを計画幅員16メートルで整備するものでございます。

熊本市議会 2018-12-19 平成30年第 4回総務委員会-12月19日-01号

これは、万日山トンネル側から、現在建設中の都市計画道路熊本西環状線への接続道路となる一般県道池上インター線の池上インター橋橋梁下部のP7橋脚からP9橋脚の躯体3基を築造するものでございます。  請負金額は、8億2,620万円、契約の相手方は、鴻池・田代建設工事共同企業体で、企業体の代表者、株式会社鴻池組九州支店、構成員、田代興業株式会社との2者による建設工事共同企業体でございます。

熊本市議会 2018-12-19 平成30年第 4回都市整備委員会−12月19日-01号

それと325号の、鉄道高架によってトンネルを埋めるための廃止と認定ですよね。別に悪いと言っているのではないんです。物の考え方をちょっと切りかえる時期なのかなと。議場でもああいう話をさせていただいて、今から先はもうかる自治体を考えないといけないと思っているんです。ただこのトンネルを埋めてしまうというのは、もう埋めようとされるから今さらどうにもならないのですけれども、これから先の考え方です。

熊本市議会 2018-12-18 平成30年第 4回定例会−12月18日-05号

やっと暗いトンネルを抜け出そうな気運が漂った感じがいたしました。ぜひ前向きな御検討をよろしくお願いいたします。  さて、それでは最後の都市計画の項目に移ります。  まずは集落内開発制度の件についてお尋ねしてまいります。  都市計画にまつわる問題については、幾度も質問を重ねてまいりましたので、これまでの経緯や内容については御承知の方が多いと思います。いま一度整理させていただきます。  

福岡市議会 2018-12-13 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13

44 ◯住宅都市局長(石橋正信) 平成27年度にトンネル案、高架案、迂回案の3つのルートについて総合的な比較検討を行い、トンネル案を基本に検討を進めることとし、平成28年度以降は都市計画決定に向けて、橋梁やトンネルなどの概略設計や将来交通量推計などの実施とあわせ、環境影響評価について方法書手続、現地調査を行い、その結果を記載した準備書の作成を進めてきたところであります