147件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

さいたま市議会 2018-12-10 さいたま市議会 会議録 平成30年 12月 文教委員会-12月10日−03号

◆神崎功委員 その受験に関して、実際の当日のテストとこの内申書の点数の割合はその高校によっていろいろ違うでしょうけれども、大ざっぱにどんなパターンなのか教えていただければと思います。 ◎学校教育部長 今、御質問にあったように、この割合は高校によって大分ばらつきがありまして、一概に申し上げるのが難しいのですけれども、当日の筆答の試験よりは少ないパーセンテージになっている学校が多い傾向がございます。

さいたま市議会 2018-09-18 さいたま市議会 会議録 平成30年  9月 文教委員会-09月18日−02号

これまでのようにペーパーテストも含めて1回の試験で校長先生になる試験という形ではなく、ここは毎年面談をしながら登用すべき人を決めていくというやり方にシフトしたわけです。人数と合格点とどういう関係かということでございますけれども、もちろん管理職で定年退職をされる方の人数の推移というのは、こちらとしても必要な人数ということで当然計画的には考えてございます。

さいたま市議会 2018-09-14 さいたま市議会 会議録 平成30年  9月 総合政策委員会-09月14日−01号

(仮称)東日本連携支援センターでは、シティープロモーションについて各自治体から地域の名産、物産や地域交流などを通じまして、市民向けのPRを、また、ビジネス交流につきましては、販路開拓やテストマーケティングの場としての活用を考えてございます。  

さいたま市議会 2018-09-14 さいたま市議会 会議録 平成30年  9月 市民生活委員会-09月14日−01号

こちらのほうで問題集等を作成させていただきまして、授業活動、それとチャレンジスクールなどで実施するなど各学校の学習状況に合わせた形で、テスト形式でやっていたりということもございます。自由な形で展開していただいております。各学校のやりやすい方法を見つけていただいて実施しているのが現状でございます。

さいたま市議会 2018-09-12 さいたま市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月12日−05号

ほかにも6月定例会の文教委員会で、国際バカロレアの教育課程を受けるのに教科書代が幾らかかるかは示せないが、テスト料等が10万円ほど見込まれるという答弁もありました。こうした費用を払えない親も出てくるのではないかと懸念しています。  そこで、こうした高額の費用を払えない家庭の子供が入学した場合、どのような対応を考えるのでしょうか。

さいたま市議会 2018-09-11 さいたま市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月11日−04号

さいたま市は、全国学力テストの結果では、学力は全教科で平均を超え、自尊意識を尋ねる項目で肯定的な回答が県平均を大きく上回っていますが、地域とのかかわりに関する項目では、小学生でほぼ同数値だったものが、中学生では大きく下回った結果となっています。地域の行事に参加し、地域の方と触れ合う機会を持つことが、伝統文化に誇りを持てるような意識の醸成につながっていくことと思います。

さいたま市議会 2018-09-10 さいたま市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−03号

彼は、さいたま市には清水勇人さんという市長がきずなで結ばれた日本一のまちを目指し、教育だって才色兼備の細田眞由美さんという教育長が頑張り、学力テストでも全科目で全国平均を上回っており、子育てに何の心配もありません。それに、大字だって野口という議員が一生懸命やっているからもうすぐとれますよと懸命に食い下がりました。果たしてこの恋の行方はいかに。

さいたま市議会 2018-06-13 さいたま市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−05号

文部科学省が行った2013年度の全国学力テストの結果を分析してみると、世帯収入の多寡で正答率に約20%の開きが生じていました。世帯収入の低い家庭の子供ほど学力テストの正答率が低いことがわかります。これは家庭の経済格差が、子供の学力、教育格差を生んでいることになります。  

さいたま市議会 2018-02-20 さいたま市議会 会議録 平成30年  2月 文教委員会-02月20日−02号

先ほど申し上げましたように、そういった条件を満たした方は、いわゆる小学校の採用試験の一次の筆答試験、ペーパーテストを免除されます。そのかわりに英語による面接、これは集団での面接ということで、そこでディスカッション、コミュニケーションをするような面接の試験を実施いたします。これは一次試験です。

さいたま市議会 2018-02-14 さいたま市議会 会議録 平成30年  2月 定例会-02月14日−04号

一方、この4つの強みはどうなのかなと考えますと、教育は全国学力テストの結果などを見ましても成果が出ておりますし、環境についても特区事業、また市民満足度の高い廃棄物施策など、目に見える取り組みがあると感じています。  一方、健康については、健康マイレージが非常にいい取り組みだとは思いますが、それ以外に強みと言えるのは、具体的にどんな取り組みなのか。

さいたま市議会 2017-12-12 さいたま市議会 会議録 平成29年 12月 市民生活委員会-12月12日−03号

交通安全教室につきましては、高齢者特有の判断能力、運動機能の低下を認識していただきまして、簡単な実技テストを実施している状況でございます。また、DVD、寸劇等を用いまして、視覚的にも理解しやすいような講話を行っている状況となってございます。 ◆熊谷裕人委員 ありがとうございます。  

さいたま市議会 2017-12-12 さいたま市議会 会議録 平成29年 12月 文教委員会-12月12日−04号

①のほうの体力アップキャンペーンで、縄跳びが一番評価しやすい指標だったというお話ですけれども、例えばスポーツテストですとか、そういった結果も指標としては有効なのかなと思いますけれども、あえて縄跳びとしたところはなぜかという点を、もう一度、詳しくお聞かせいただければと思います。 ◎指導1課長 子供のための体力サポートプランというものがございます。

さいたま市議会 2017-09-13 さいたま市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月13日−05号

今副教育長が、教員の皆さんの指導力向上とおっしゃっていただきましたけれども、もう既に実際に取り組んでいらっしゃる先生たちには大変指導力があって、そしてそうした先生たちの一人一人の努力というのが、先日発表になった全国学力テストの平均正答率が全国平均を軒並み上回っているという好成績にもつながっていると私は思っているんです。  

さいたま市議会 2017-09-11 さいたま市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月11日−03号

まず、今、市長の御答弁にもありましたが、全国学力テストの結果でございます。全国平均を大きく上回っておりまして、ただ文部科学省が順位をつけるのを嫌がるので、あえてつけませんが、こちらも一緒にあわせてごらんください。  正直に言いますと、全国学力テストの結果なんですが、小中学校合わせれば、政令指定都市20市中、ほぼ1位。大変優秀な結果です。

さいたま市議会 2017-06-16 さいたま市議会 会議録 平成29年  6月 総合政策委員会-06月16日−02号

これにつきましては、昨年度も何もしてなかったことではございませんで、イベント名、例えばあとは職名など、先ほど言ったものにつきましては、それぞれオペレーターへの研修、それから直接面談をして確認をする効果測定、テストですね。あとはシミュレーション、そういうものを通して、私どもとしては徐々に向上はしていると考えております。

さいたま市議会 2017-03-01 さいたま市議会 会議録 平成29年  3月 予算委員会-03月01日−08号

というのも、少なくとも採用試験というのは、テストの点数だけでやっているものではないのですよ。面接がありますよね。つまり定量的なところだけはかっているのではなくて、定性的なところでも人を見ているわけです。その人の個性として、どこに住んでいるかというのも一つの個性ではないですか。そういうところでもって本来であれば、いいとか悪いとか言ってはいけないのか。

さいたま市議会 2017-02-23 さいたま市議会 会議録 平成29年  2月 企業会計予算決算特別委員会-02月23日−01号

その辺がわかった段階ですぐ職員が行って、パックテストとかしますので、それがどういうものなのかというのがある程度わかります。その辺で追跡するとか、そういうことはやっておりますので、そういう把握の仕方になります。      〔何事か言う人あり〕 ○萩原章弘委員長 ほかに御質問ございますか。  

さいたま市議会 2017-02-20 さいたま市議会 会議録 平成29年  2月 文教委員会-02月20日−02号

あわせて、知的発達におくれはないのだけれども、冒頭申し上げたように読み書きが難しいディスレクシア、それから発達障害、または肢体不自由や視覚障害など、学習する上で困難のある児童生徒に対して授業や定期テストなどでの合理的配慮として、タブレット端末等の利用をさいたま市の教育委員会として認め、日々の学習を支援していくというお考えはあるのかについて、お伺いします。

さいたま市議会 2017-02-17 さいたま市議会 会議録 平成29年  2月 市民生活委員会-02月17日−01号

それから、もう一つですが、マイナンバーによる国と自治体、それから自治体間の情報連携につきましては、予定では本年7月から情報連携が開始されることになっておりますが、これは今のところ予定どおりということになっておりまして、本市でも各自治体同士のデータ連携テスト等を行っており、現在のところ大きな問題等は生じておりません。