2643件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 堺市議会 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号 │ │ 次に、学校教育についてですが、小学校3年生から6年生に38人学級が実施されたことにより│ │、本市がめざす総合的な学力、すなわちテストの点数だけでははかり知れない意欲や関心に基づく│ │、みずから学ぶ力を高めたと言えます。これは評価したいと思います。            │ │ なお、学校図書館の拡充、とりわけ学校図書館法に基づく司書配置が重要です。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会−03月08日-01号 ◎猪俣 教職員企画課長 平成29年度の少人数学級の研究報告書、各指定校数分だけ集まっていますが、主にまとめたものですと、例えばメリットとして、一人一人の学習進度の把握がしやすく、テストの丸つけ、添削がスムーズにできたといったことや、一人一人に目が行き届きやすく、児童に広く深くかかわることができたといったこと。 もっと読む
2019-03-07 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月07日−04号 自分が働く姿というのは全く想像できなかったそうなんですけども、その言葉に背中を押されて、熊本の事業団を訪ねたらしいんですけども、そこでパソコンを使ってテストの採点をする仕事を体験したらしいんですけども、比較的に自由にまだ動かすことができた右手の親指でマウスを操作したらしいんですけれども、これならできる、楽しいという笑顔を見せたらしいんです。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 現在、市内4カ所で展開している中学校の寺子屋では、テスト前の部活動停止期間に集中して学習支援を行う方法や、学校外の施設において夜7時ごろから学習支援を行う方法など、さまざまな試みがなされておりますことから、今後の本格的な展開に向けましては、引き続きさまざまな方法を試行しながら、中学生のニーズや生活状況に合った寺子屋の形を検討してまいりたいと存じます。以上でございます。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 大阪市では、学力テストの成果に連動した人事評価が一部の批判を招いていますが、落ちこぼれを生まない教育は美談として語られがちな反面、伸び代のある生徒の可能性の芽を摘む負の側面も直視されなければなりません。そこで、習熟度別クラスや学力テストの結果公表など、市費移管の完了に伴う公立の教育再建に向けた市長の決意を伺います。   もっと読む
2019-02-19 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号 それに対立するのは、やはりテストの点数だと、このように思います。  第一次安倍内閣が実施した全国学力・学習状況調査以来、テストの点数が学力の代名詞になってしまいました。このたびの大阪市の吉村市長の発言に見られるように、学力調査の結果を教職員や校長の責任としてボーナスの減額を言うのは、そのきわみであると申し上げても過言ではありません。   もっと読む
2019-02-04 浜松市議会 平成31年  2月 環境経済委員会-02月04日−01号 これまでの輸出の関係ですが、27年度からテストマーケティングという形で進めてまいりまして、今年度から本格実施ということで進めてきました。今年度の実績ですが、先ほど申し上げました2社に応募いただきまして、商談としては、全部で17件行いました。商談直後の売り上げ見込みとしては、1社あたり数千万円程度の見込みということで伺っています。 もっと読む
2018-12-14 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月14日-06号 本方針では、システムの単純化、開発や改修における仕様の精緻化、テストの徹底、システム所管部門間の連携の強化、開発運用体制の強化、ICT人材の育成による職員のノウハウの蓄積、共有などのさまざまな取り組みを掲げており、それらが具体的に実施されるようチェックポイントを明示することで、障害等の発生抑制に努めてまいりたいと考えております。以上でございます。 ○議長(松原成文) 石田議員。 もっと読む
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 お尋ねの実施形態につきましては、育児や介護と仕事との両立を支援し、ワーク・ライフ・バランスの向上にも資する在宅勤務と、外勤先や出張先でも決裁などの業務ができ、効率的な行政運営を行う上で有効であるモバイル勤務を優先して導入したいと考えており、今後、専用システムのテスト運用も踏まえた上で、来年度当初からの導入を予定しております。   もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 1期目のマニフェスト同様、今回のマニフェストにおいても通学路の安全対策、防犯カメラの設置など、子供たちの安全を確保する取り組み、さらには熊本市独自の学力テストの実施や給付型奨学金の創設など、教育環境の整備や子育て支援の充実などについて多くの項目が掲げられており、大西市長の次代を担う子供たちへの熱い思いが伝わってくる内容となっています。   もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 439 ◯教育長(星子明夫) 福岡市における英語力の測定につきましては、市内の全ての中学校3年生を対象に英語チャレンジテストを実施しております。以上です。 もっと読む
2018-12-10 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年 12月 文教委員会-12月10日−03号 ◆神崎功委員 その受験に関して、実際の当日のテストとこの内申書の点数の割合はその高校によっていろいろ違うでしょうけれども、大ざっぱにどんなパターンなのか教えていただければと思います。 ◎学校教育部長 今、御質問にあったように、この割合は高校によって大分ばらつきがありまして、一概に申し上げるのが難しいのですけれども、当日の筆答の試験よりは少ないパーセンテージになっている学校が多い傾向がございます。 もっと読む
2018-12-05 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-12-05 さらに、これらの計画等につきまして、2019年度に予定されているテストイベントでの検証等を踏まえ、より実効性のあるものにしてまいりたいと考えております。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-05 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月05日-03号 本市におきましては、若者に向けた消費者教育を推進するため、毎年度、だまされやすさが診断できるカモ診断テストを市内の公立小中高等学校等へ配付するとともに、教職員の研究会において若者の消費者教育に係る出前講座を実施したところでございます。また、生徒に向けた消費生活安心ガイドの改訂版を作成し、教育機関等で周知してまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-12-05 北九州市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月05日−01号 本当に今時間が減らないというのは、やはり国の政策でもある全国一律の学力テストだとか体力向上、学力向上、こういった対応に追われている現実があると思うわけであります。やはり全体の業務量が、これがやはり多過ぎるんだと思っております。教育長は柳井議員の質問に対して、月80時間はゼロにしたいと答弁されておりますけれども、80時間といえば毎日4時間以上、時間外に在校しているということになるわけであります。 もっと読む
2018-12-01 大阪市議会 平成30年第3回定例会(平成30年9〜12月)-目次 ………………………………(再開)………40       質問(永井啓介君)        1.万博誘致について………………………………………………………40        2.災害対策、災害対応について         (1) 台風21号への対応について…………………………………………41         (2) 体育館への空調整備について………………………………………43        3.学力テスト もっと読む
2018-11-08 川崎市議会 平成30年 11月まちづくり委員会-11月08日-01号 やはり私としても、これまで皆さんもおっしゃったように、これからシステムが整ってくれば本来の工事でテストができるということですので、そこを早期にテストしていただいて、実際にこれだけの音だからやっぱり無理でしょうとか、これで市民生活の安心と安全が守れるんですかというところは、皆さんに実感していただく必要があるかなと思っております。 もっと読む
2018-10-19 北九州市議会 平成30年10月19日 教育文化委員会-10月19日−01号 ◆委員(藤元聡美君) まず、全国学力テストの目的について、改めて伺いたいと思うんですが、各学校のホームページを見ますと、学校ごとの成績などもわざわざ発表しているようです。 もっと読む
2018-10-17 浜松市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月17日−17号 また、学校での全国学力テストは、子供も教師も点数競争に追い込むものであり、中止すべきと考えますが、事業が継続されています。  平成29年度の市民アンケート調査結果で「子どもを生み育てやすい環境が整っていると思う」人の割合が低下していることを見ても、子育て・教育の分野での施策は不十分であったと言わざるを得ません。  安全・安心・快適の分野での市民の命を守る事業が進められたでしょうか。   もっと読む
2018-10-05 千葉市議会 平成30年保健消防委員会 本文 開催日: 2018-10-05 四つ目として、これらの計画等につきましては、2019年度に予定されておりますテストイベントの検証等を踏まえ、より実効性のあるものといたします。  さらに、この資料10ページの下の部分に記載されておりますのは、オリンピック・パラリンピック開催時の警備体制を示したものでございます。   もっと読む