運営者 Bitlet 姉妹サービス
2684件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 お尋ねの実施形態につきましては、育児や介護と仕事との両立を支援し、ワーク・ライフ・バランスの向上にも資する在宅勤務と、外勤先や出張先でも決裁などの業務ができ、効率的な行政運営を行う上で有効であるモバイル勤務を優先して導入したいと考えており、今後、専用システムのテスト運用も踏まえた上で、来年度当初からの導入を予定しております。   もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 1期目のマニフェスト同様、今回のマニフェストにおいても通学路の安全対策、防犯カメラの設置など、子供たちの安全を確保する取り組み、さらには熊本市独自の学力テストの実施や給付型奨学金の創設など、教育環境の整備や子育て支援の充実などについて多くの項目が掲げられており、大西市長の次代を担う子供たちへの熱い思いが伝わってくる内容となっています。   もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 439 ◯教育長(星子明夫) 福岡市における英語力の測定につきましては、市内の全ての中学校3年生を対象に英語チャレンジテストを実施しております。以上です。 もっと読む
2018-12-01 大阪市議会 平成30年第3回定例会(平成30年9〜12月)-目次 ………………………………(再開)………40       質問(永井啓介君)        1.万博誘致について………………………………………………………40        2.災害対策、災害対応について         (1) 台風21号への対応について…………………………………………41         (2) 体育館への空調整備について………………………………………43        3.学力テスト もっと読む
2018-09-26 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月26日−06号 ◆32番(中村昌治議員) ぜひテストをしていただきたいと思います。枠は5分くらいで十分だと思います、やれると思います。それで1カ月も同じものが流れていると飽きてしまいますので、月に2回更新くらいならいいかなというように思います。ぜひチャレンジしていただけたらというように思っております。  また、藤沢市では市内にスタジオがあるんですね、J:COMさんの。 もっと読む
2018-09-26 千葉市議会 2018.09.26 平成30年決算審査特別委員会環境経済分科会 本文 ◯委員(盛田眞弓君) 国の制度が変わっていく中で、千葉市での対応が求められることになると思いますが、農業でいけば、種子法の廃止だとか、それから、ちょっとどこの分野かわかりせん、学力テストの結果を提供するだとか、民泊の年間提供日数の上限までの引き上げの提案だとか、さまざま広がったことによって、よく目を凝らして見ていないと、地元に何か支障になることがないようにというふうなことは申し上げておきたいと思います もっと読む
2018-09-25 千葉市議会 2018.09.25 平成30年決算審査特別委員会総務分科会 本文 まず、音響についてでございますが、いろいろ御不便な点、申しわけなく感じているところでありますが、議場の改修については、平成24年に大改修を、音響については行ったところでございますが、音響調整については、職員が調整卓にて会議前には必ずテストを行うなど、音量確認には努めているところでありますが、議員及び説明員の声の質や議場の形状などにより音が反響するなど、聞き取りづらいという現象が生じているのは承知しております もっと読む
2018-09-20 千葉市議会 2018.09.20 平成30年決算審査特別委員会総務分科会 本文 次に、2、住民情報系システムの番号制度対応ですけれども、各行政機関間との情報連携を円滑にするため、国が構築、運用する情報提供ネットワークシステムとの運用テスト等を実施し、平成29年11月から本格運用を開始するとともに、マイナポータルとの情報連携を開始したところでございます。  続きまして、3、庁内ネットワークシステムの更新でございます。2,534万円についてです。   もっと読む
2018-09-07 熊本市議会 平成30年第 3回定例会−09月07日-04号 まず、大会のPR及び機運醸成に関しましては、これまでも、実際に試合観戦で競技そのものの魅力を知っていただくことが最も効果的であるとの考えから、国際テストマッチや国際親善試合を開催してきたところでございます。   もっと読む
2018-09-03 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月03日−03号 次に、少人数学級の推進と正規教員の増員についてですが、昨年度のこの同じ調査では、先生は、授業やテストで間違えたところや、理解していないところについて、分かるまで教えてくれますかという質問がされています。当てはまると答えたのが全国では50.5%でしたが、本市児童は43.3%と、全国の回答と7ポイントも差がある状況です。 もっと読む
2018-08-31 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-08月31日−02号 まず、平成30年度の全国学力テストの結果が7月31日に公表されました。今回の全国学力テストの結果をどのように分析し、どのように今後の対策を講じていくのか、見解を伺います。   もっと読む
2018-08-24 京都市議会 平成30年  8月 産業交通水道委員会(第9回)-08月24日−09号 そういうことを単にペーパーテストとか口頭試問というだけと違うて,それこそ表彰をされる対象の良いことをした人,善行した人に対しての評価をしっかりと皆さんはしていただいたうえで,新しい新人の言うならば育成教育につなげていったらええと思う。  もう一つは,モチベーションで自分が自ら局から言われてやる,先ほどありがとうという言葉もおっしゃってました。 もっと読む
2018-07-04 神戸市議会 開催日:2018-07-04 平成30年経済港湾委員会 本文 2)海外展開促進では,世界規模の食品見本市への出展のほか,海外での神戸産品のテストマーケティング,日本国内で開催される輸出エキスポへの出展など,輸出促進に向けた取り組みを進めてまいります。  52ページをごらんください。  2.神戸らしい農漁業の推進。   もっと読む
2018-06-27 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月27日−05号 北海道日高町では、全国学力テストの結果、全国平均を下回ってしまったということをきっかけといたしまして、日高町生きる力を育む早寝早起き朝ごはん運動の推進に関する条例を制定しております。このことは、まちを挙げて何とか解決したいとの意気込みを私は感じているんですけれども、このことが重要ではないかと思っております。 もっと読む
2018-06-26 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月26日−04号 そこで、簡易テストや実証実験の実施状況と課題について伺います。  3点目です。限られた資源を有効に活用しながら、市民に信頼される行政を展開するためには、エビデンスベースの政策形成を推進することが重要です。 もっと読む
2018-06-25 広島市議会 平成30年第 2回 6月定例会−06月25日-04号 また,中学校及び高等学校では,自転車通学する新入生を対象に警察官等による安全運転に関する講習や実技指導を行うとともに,毎年定期的に自転車通学者に対して自転車交通安全テストを実施するなどして,交通ルール等の定着を図っているところでございます。  最後に,自転車事故を起こした際の責任などについて,児童生徒にしっかり認識させることが重要と思うがどうかという御質問です。   もっと読む
2018-06-18 相模原市議会 平成30年  6月 市民文教委員会-06月18日−01号 また、認定NPO法人になるための認定基準の一つであるパブリックサポートテストを満たすことができる。 ◆石川将誠委員 パブリックサポートテストの内容について伺う。 もっと読む
2018-06-15 千葉市議会 2018.06.15 平成30年第2回定例会(第4日目) 本文 具体的には、職員のコンプライアンス意識の徹底を図るため、実務に即した対応をテスト形式で確認いたします行動チェックシートの実施、同委員会で作成した建設工事などに係る発注者の綱紀保持に関する手引きの周知や朝礼等を活用し、啓発を行っております。  そのほか、入室の際の注意文書の掲示による執務室への入室制限や業務委託への電子入札の導入などを実施し、再発防止に努めてきたところでございます。   もっと読む
2018-06-08 熊本市議会 平成30年第 2回定例会−06月08日-04号 昨年は小中学校の体力テストへ参加を始めたということで、体育コースの40人が小中学生200人の助言役となり、反復横跳びなど6種目で体力測定に参加されました。世代を超えた交流によって、小中学生に、お兄ちゃん、お姉ちゃんみたいになりたいとの気持ちを引き出すのが狙いです。  立ち幅跳びでは、腕を大きく振ってタイミングを合わせると遠くに飛べるよと助言。50メートル走では、児童に併走し、頑張れと応援。 もっと読む
2018-06-07 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月07日−02号 現在、中学校においては、必要な授業時数を確保するため、定期テスト後に授業を設定したり、6時間授業の日をふやしたりするなどの工夫を図りながら教育活動を行っております。今回の改訂では、授業時数の増加はございませんが、中学校においても、小学校と同様に、来年度から夏季休業期間を短縮することで、授業内容の確実な定着を図るなど、より充実した教育活動を実施できるよう、取り組みを進めてまいります。   もっと読む